男の着こなし.com

段返り三つボタンの留め方に注意!仕付け糸も忘れずに!

段返り三つボタンジャケットの場合

ここまでは基本的なジャケットの着こなし方、メンテナンス方法について紹介してきましたが、

参考ジャケットの基本的な決め事

今回は紹介しきれていなかった補足情報を追加しておきます。

「ジャケットの下のボタンは留めるな」と紹介していたのですが、三つボタンのジャケットの場合は、「上二つのボタンを留める場合」と「真ん中のボタンだけ留める」場合があります。

その理由は段返りと呼ばれる三つボタンのジャケットの存在です。

一番上のボタンとボタンホールがある箇所に、ラペルの折り返しがかかっている仕様です。

無理やりボタンを留めることも出来なくないのですが、そうするとラペルが不自然に持ち上がってしまいます。段返り三つボタンジャケットの場合はボタンは真ん中だけ、と覚えておいてください。

三つボタン 引用元:http://www.rakuten.ne.jp/gold/y-aoyama/gakkou/1_master.html

稀に段返りではない通常の三つボタンのジャケットでも真ん中のボタンだけ留めている方がいるのですが、それはあまり見た目のバランスがよくありません。ここを注意しておいてください。

見た目に違和感がなければいいのですが、段返りではない三つボタンで真ん中だけだと浮いて見えてしまうので、やはり上二つのボタンを留めたほうが自然です。

【スポンサーリンク】

仕付け糸

もう一つジャケットの購入時の補足情報があります。それはジャケット、スーツの上着の「しつけ糸」の取り忘れです。

先日、同窓会がありまして、張り切ってスーツを新調してきた同級生がいたのですが、彼のスーツのサイドベンツの「しつけ糸」が取り忘れていました

彼をこっそり呼んで教えてあげたのですが、糸を切る刃物がなく、彼はライターの火であぶって切るという大がかりなことをしたため、結局周りに人だかりができてバレてしまいました・・・。

ジャケットやスーツを購入した時は、後ろのベントと呼ばれる切れ込みのしつけ糸をチェックしてください。

ベントの仕付け糸

わかりやすく白いしつけ糸だと目立つので取り忘れないと思うのですが、ブランドによっては目立たせないようにジャケットと同じ色の糸で、しかも裏地にだけ縫い付けている場合があります。

その場合は目立たちはしませんが、やはり取り除いた方が余計な引きつりや皺を避けることができます。

サイドベンツのジャケットの場合は、左右に二か所あるので気を付けてください。

スーツだとお店側が仕付け糸を取ってくれることもあるのですが、特にジャケットはそのままのケースがあるものです。

そして裏ポケットやタグについている予備のボタンや生地も、無くさないように別のところにまとめて保管しておいてください。

【スポンサーリンク】

まとめ ジャケットの重要性

ジャケットの基本的な着こなし方、メンテナンス方法については以上になります。購入時のポイントはⅢ章の中級編で紹介していきます。

参考ジャケット購入時のポイント

ジャケットの着こなし方のポイントをまとめると、ボタンの留め方とポケットの中身を気をつけることです。ポケットの蓋のねじれも注意してください。

ジャケットのメンテナンス方法は、着用後にボタンを留めずにハンガーにかけて、洋服ブラシでホコリを落とすことです。ジャケットの型崩れを防止し、生地の寿命も延びます。

もちろん定期的にクリーニングに出すこともいいのですが、日常のメンテナンスを怠るとジャケットの寿命を縮めてしまうので注意してください。

どんなに高級なスーツやジャケットを着ていても、着こなし方がだらしないとカッコよくなりません。簡単なことですが意外と意識していない方がいるものです。

新しく洋服を購入する前に、しっかりと身につけておいてほしいと思います。

次はズボンの着こなし方、メンテナンス方法について説明させていただきます。

次は:Ⅱ-2 自分の持っているズボン(パンツ)の特徴を理解しよう!
mae iti ni san iro tugi iro
3ページ中、3ページ目を表示


コメント

  • ハンガーにかける時にボタンは締めないほうがいいんですか!長年ボタンを締めていました・・・

    by 中堅サラリーマン €2016年4月4日 16:11

down

コメントする




CAPTCHA