男の着こなし.com

Tシャツと肌着(アンダーウェア)の違い!似て非なるもの

肌着で外出・・・

先日、軽い同窓会のようなものがありまして、久しぶりの旧友との再会を喜んでいたのですが、一人凄い男がいました。

バーベキュー 肌着

真夏で屋外のバーベキューだったので、Tシャツ姿の同級生がほとんどだったのですが、そいつは明らかに肌着って感じのシャツで現れたのです。

ラフな格好なのはいいのですが、ラフ過ぎて驚きました。

WS000000 (イメージ)

そいつがファッションに無頓着なのは昔からなのですが、いよいよどうでもよくなってきたようです、気は良い奴ですけどね。

【スポンサーリンク】

Tシャツと肌着の違い

私は肌着で人前に出たことがなかったので、違いについて意識したことがなかったのですが、肌着姿で鏡の前に立ってみると、明らかなTシャツとの違いが色々見つかりました。

WS000000

Tシャツと肌着の大きな違いは機能性です。

肌着(下着、アンダーウェア)の目的は、快適な着心地と目立たなさが重要なことが見てとれました。

肌着は着心地を考えて通気性や伸縮性のある生地で、しかも薄手につくられているのが特徴です、もしTシャツが肌着のような薄さだと、いかにも安物という印象になります。

形状にも違いがありました、長袖の肌着は八分袖とでもいいましょうか、袖の長さが少し短めに設定されています、これはおそらくワイシャツからはみ出さない工夫です。

肌着 短い

さらに伸縮性のある素材で、シルエットが細めにつくられているのも特徴です、ダボダボだと上に着るワイシャツの着心地にまで影響を与えてしまいますが、きちんとした肌着であれば問題ありません。

野球選手のアンダーウェアほどではありませんが、Tシャツに比べるとピタっとしていて動きを妨げないようになっています。

早稲田の佑ちゃん 引用元:http://ameblo.jp/252400/theme2-10021157268.html

そもそも肌着は見た目のことは考えられていません、黒子に徹しているのが特徴でした、だからこそ肌着で現れた同級生がみすぼらしく見えてしまいましたが・・・。

肌着の役割は、上着(アウター)に影響を与えないことなので、極端なことを言えば肌着の上にTシャツを着ることも出来ると思います。

肌着一枚でもマッチョの人なら、ピタッと張り付いて自慢の身体をアピールできるかも知れません、ただし記事が薄く乳首が透けてしまうので要注意です。

WS000000

参考女性が嫌いな夏の男性ファッション

肌着と比べてTシャツは生地も厚めで透けることは少ないです、また肌着ほどピタッとはしていないので、Tシャスだけでも肌着姿よりはそれなりに見えるようになっています。

肌着は身体のラインを何も補正してくれませんので、やはり人前に出ることはやっぱり避けるべきでしょう、Tシャツですら中年太りだと全く似合いませんしね。

【スポンサーリンク】

だらしない身体にTシャツは・・・

やっぱり中年のおじさんをカッコよくさせるには、Tシャツではなくスーツやジャケパンスタイルが一番です、だらしない身体を補正する効果が非常に高い洋服です。

参考目の錯覚を利用した究極の男性ファッション

ただし真夏だとスーツやジャケパンスタイルは難しいです・・・Tシャツよりポロシャツのほうが清潔感は出ますが、Tシャツと同じように身体のラインが出てしまいます。

基本的に薄着の格好というのは、身体のラインが崩れていない若者向けです、中年男性であれば体型維持の努力が必要になります。

あえて薄着でコーディネートするのであれば、皺が合っても不自然ではない皺加工のシャツや麻のシャツを、若干大きめにして着ることがおすすめです。

皺加工は通常のシャツよりもお腹の出っ張りの境目を強調しません。ただし大きすぎてもダボッとするので加減は難しいです、必ず試着をして選んでください。

WS000000 引用元:http://jimsstore.exblog.jp/22080473/

中年体型の方は、夏は諦めも肝心です(苦笑)、無理して着こんで汗だくだと清潔感などなくなるので、やはりほどほどにしましょう。

Tシャツ姿は引き締まった体型の方しか似合わないと思ってください、もちろん肌着も人前ではNGです。

【関連記事】
シャツのサイズが合わない人へ

男性用補正下着が存在したいた!

グンゼの肌着があらゆる要素で別格


down

コメントする




CAPTCHA