男の着こなし.com

無印良品とABCマートのシューキーパーの違いを比較してみた

無印良品とABCマートを徹底比較

前回の記事で様々なタイプのシューキーパーを紹介したのですが、結論として出来れば2000円オーバーのシューキーパーをおすすめしました。

(まだ読んでいない方はコチラ→シューキーパーのおすすめどれ?

今回はその具体例、2000円オーバーの代表的なシューキーパーとして、無印良品とABCマートのシューキーパーを紹介します。

どちらも良心的なお値段のわりには、高機能と言うことで評判のシューキーパーです。

私は無印良品とABCマートの両方のシューキーパーを持っているので、二つの違いを比較してみました。

【スポンサーリンク】

値段の違い

無印良品のシューキーパーは2500円です。店内のハンガーなどが売っているコーナーの近くに、ビニール袋に入って吊るされて展示されていました。

一方でABCマートのシューキーパーは2138円です。レジ周辺や紳士靴コーナーで売られています。こちらは箱に入っていました。

値段だけならABCマートの方が362円お得です。

ただし最近のABCマートの店頭にはあまり陳列されていないようです。店員さんに聞いても「最近入ってこないんですよ~」と言われてしまいました。

店舗や地域によって違うのかも知れませんが、昔は紳士靴のコーナーとレジ横にシューキーパーが展示されていたので、近くのABCマートをチェックしてみてください。

通販だと送料がかかるのですが、5000円を超えると送料無料になるようです。

【ABCマート】シューキーパー

素材の違い

無印良品とABCマートのシューキーパーの素材、木材はどちらもレッドシダーです。

木目の色味に違いがあるので、おそらく産地は違うものと思われますが、時間の経過で色味や風合いは変わるものなので何ともいえません。

レッドシダーは木製の高級ハンガーなどにも使われる素材で、ほのかに香りもあり、防虫効果もあると言われています。

香りは徐々に落ちてくるのですが、紙ヤスリで軽く表面を削れば香りは復活します。無印良品のシューキーパーには紙ヤスリまで付属していました。

ちなみに紙ヤスリは120番手です。ABCマートのシューキーパーには付属していないので、ご自分で用意する必要があります。

紙ヤスリは100円ショップでもホームセンターでも手に入るので用意しておいてください。

木製ということもあり、節があることも珍しくありません。稀に樹液がにじみ出ていることもあるので、軽くヤスリで表面をならしておくと安心です。

サイズの違い

無印良品のシューキーパーはサイズが一つだけです。25㎝から28㎝まで対応しているので、大抵の方は問題がないと思います。

一方でABCマートのシューキーパーはサイズが三つあり、Sが24-25.5、Mが26-27、Lが27.5-30となっています。

革靴のサイズが小さい人や大きい人は、ABCマートのシューキーパーのほうが向いていると思います。

フィット性の違い

続いて機能、フィット性について紹介します。まずは無印良品のシューキーパーの形をご覧ください。

そしてABCマートのシューキーパーの形はこちらです。

どちらも押し付けられるとバネの力でつま先側が広がり、革靴の内側にフィットするような構造になっています。流石に安価なシューキーパーだとこのような機能はありません。

主な違いは踵側の形状です。見た目の通り、やはり踵のフィット感は無印良品が上です。踵に隙間が少なく埋まります。

使い勝手の違い

続いてシューキーパーの使い勝手の違いについて紹介します。

どちらも使いにくいということはないのですが、無印良品のシューキーパーは踵のフィット感が高いだけに少々取り外しにくいです。逆に言えばそれだけフィットしているということでもあります。

一方のABCマートのシューキーパーには、踵側に紐がついているので、引っ張ると簡単に取り出すことが出来ます。

単純なことですが、ABCマートに慣れると無印の取り外しは少々手間だと感じます。しかも紐があるので掛けておくことが出来るのも便利です。

なるべくなら乾燥させたいものなので、使用していない時のことを考えるとABCマートに軍配があがります。

さらに無印のシューキーパーは左右の差がわかりにくいという特徴があります。

ABCマートだと左右で形の差があるので、特に意識しなくてもわかるのですが、無印良品のシューキーパーだと、見極めるのにちょっとしたコツがいります。

それはこの角度で見ることです。

(左無印、右ABC)

この角度で見れば無印でも左右に差があるのがわかります、これを知らずに上から見ると違いが非常にわかり難いので、左右逆に入れてしまう可能性があります。

革靴の型崩れを防止する為のシューキーパーで、型崩れしてしまうと元も子もないので、既に所有している方は気を付けてください。左右を意識したことがない方は今すぐ確認してください。

ABCマートの裏側には英語で、左右の表記(LR)があるのですが、無印にはどこにも見当たりません。

無印良品のシューキーパーは、ここを改良してパッとみて左右が分かるようなデザイン、もしくはマークやプリントがあると使い勝手が上がると思います。自分でチェックを付けてもいいですね。

【スポンサーリンク】

まとめ 一生モノの選択

どちらのシューキーパーも素晴らしいと思います。この価格帯の他のシューキーパーだと、ここまでの品質は期待できません。どちらもコストパフォーマンスが優秀だと思います。

シューキーパーとしての機能で考えれば、フィット感の良い無印が上だと感じます。靴に入れているときも踵側が大きいので存在感があり、見た目もカッコいいです。

一方のABCマートは使いやすさが上です。本当に取りだしがしやすいです。そして紐がついているのも本当に便利なんです。さらにサイズ展開があるので、靴のサイズによっては選択する価値があると思います。

どちらを選んでも間違いはないのですが、シューキーパーは揃っている方が下駄箱がカッコいいので、どちらかに統一したほうがいいとは思います。

あともう一つだけポイントを紹介しますと、出来ればお店で現物を見て決めてください。

同じレッドシダーでも色味は違うものです。酷いものだと左右でも別の木からつくられたのか、色味にかなり差がある場合があります。

さらに木の節が大きい物もあります。機能的には問題ないのでしょうが、選べるのであれば、やはり綺麗なシューキーパーを選んでほしいと思います。

近くに店舗がない場合は仕方がありませんが、ネット通販の場合は自由記入欄などに、

以前、別のところで購入したシューキーパーの色が酷く、返品したことがあります。
なるべく綺麗なモノが希望です。よろしくお願いします。

などと一文を添えれば、綺麗なシューキーパーを選んでくれる可能性が高まると思います(お店だってクレームは避けたいですからね)。

さらにこちらを見ていただければわかるのですが、必ずしも無印良品やABCマートのシューキーパーだけが優良なわけではありません。

【amazon】シューキーパー

【楽天】 シューキーパー

ネットではかなり安いシューキーパーも見つかると思います。無印やABCマートと似たような形のモノもたくさんあるので、迷っている方の参考にしてください。

良質なシューキーパーというのは、ハンガーと同様に一生モノになります。

多少の価格差で挫折しないでください。

あなたの本当のお気に入りを見つけて欲しいと思います。

前へ:シューキーパーのおすすめはどれ?色々なタイプを比較
mae iti ni iro tugi iro
2ページ中、2ページ目を表示

【関連記事】
100均の靴磨きグッズを試してみた

見落としがちな革靴の匂い対策!

最高にエレガントな靴紐の結び方


コメント

  • 自分の無印の見たら、案の定逆に入れてた・・・
    これから気をつけます、サンキューです!

    by 33 €2015年7月16日 09:02

  • 左右があったことに驚きです、知りませんでした。
    ここはやっぱり有印にしてほしいですねw

    by 有印良品 €2015年7月16日 18:26

  • はじめまして、こんにちは

    まさしく無印のシューキーパーの左右の見分け方を調べていたので、非常に参考になりました、ありがとうございました

    by ビーヘ €2015年9月21日 21:35

  • おお、今日無印いってきますw

    by 匿名 €2016年1月16日 09:57

  • 僕の住んでいる地域にあるABCマートにもシューキーパーが売られていませんでした!

    by うどん県民 €2016年3月15日 20:54

  • 私も無印のシューキーパーを逆に入れていました・・・。気づけて良かったです、感謝します。

    by MRPD €2016年5月25日 17:22

down

コメントする