男の着こなし.com

爪を切ってはいけないタイミング、迷信ではなく科学的に!

爪を切ってはいけないタイミング?

夜に爪を切ると「親の死に目にあえない」という迷信があります。

これはあくまでも迷信なのですが、テレビで紹介されていた説によると、昔はろうそくの灯りで薄暗かったので、手元が見えなくてけがでもしたら危ないよ、ということのようです。

ロウソクの灯り

昔は爪を切るときに現代のような便利な爪切りではなく、小刀のようなもので爪を切っていたようで、実際に夜に爪を切ってケガをした人がいたのだと思います。

暗いからという理由だけであれば、明るい現代はどんなタイミングでも爪を切ってもいいと思われますが、実は現代でも爪を切ってはいけないと言われているタイミングがあります。

【スポンサーリンク】

爪を切るべきタイミング!

現在、爪を切るのに最適だと言われているタイミングはお風呂上り」です。

温泉に入っている女性

お風呂で爪が柔らかくふやけているので切りやすくなっています、さらに爪が欠けにくいとも言われています、これが「お風呂上り」が爪を切るタイミングのベストと言われる理由です。

基本的には良質な爪切りで間違った切り方でなければ、それほど爪は欠けません。良質な爪切りは「パチン」という音ではなく「サクッ」とした感触で切れます。

特に爪が欠けやすい方は、爪が柔らかくなるお風呂上りを意識してください、爪が欠けない方はそれほど気にしなくてもいいと思います。

実は爪を切るべきタイミングよりも大切なのは、爪を切ってはいけないタイミングを意識することです、これはすべての人に当てはまります。

爪を切ってはいけないタイミング

昔のように暗さや爪切りの質の問題ではなく、科学的に爪切りを避けた方がいいと言われているタイミングがあります。

それは「お風呂の直前」です。

お風呂の脱衣所

その理由は爪切りで肌(皮膚)が傷つく可能性があるからです。

血が流れるようなわかりやすいキズでなくても、爪切りをする時に僅かでも刃が皮膚に触れると、目に見えないほどの細かなキズがついてしまうことがあります。

その僅かなキズ口から「ばい菌」が侵入する可能性があります。

お風呂場は湿気が多く、自宅の中で最もカビが蔓延しているところでもあります、お風呂場の床や脱衣所などはばい菌にとって好都合の環境です。

爪を切った直後のキズ口に、それらが触れてしまう可能性があります。

実際に爪切りあとのキズ口からばい菌が侵入し、爪を剥がして治療しなければならなくなったケースもあります、最悪のケースでは脳にまでばい菌が回ってしまったこともあるぐらいです。

これは僅かな可能性ではありますが、お風呂前の爪切りにはリスクがあるということです、お風呂やシャワーの前には爪は切らないように気を付けてください。

また目に見えないような僅かな皮膚のキズは、数十分で自然に塞がってくれるので、少し時間を空ければ問題ないとは思います。

実は以前の私もお風呂の前に爪を切っていました、ヤスリをかけた後に綺麗に流したいものですが、やはりリスクは避けるべきだと思います。

特に銭湯や旅館の大浴場だと不特定多数の方がいるわけです、中には水虫の方もいるかも知れません、やはりお風呂前に爪を切るべきではないと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ

男性は爪切りを適当に済ませている方が非常に多いです、女性の爪に色気を感じないからと無頓着な男性が非常に多いです、よく見ると汚れが挟まっている方もたくさんいます。

不潔な爪は女性に嫌われます、「素敵だな」と思う男性でも手を見て幻滅することも珍しくありません。

爪に無頓着な男性が多いからこそ、改めて爪の手入れの重要性を意識してほしいと思います。

  • 良質な爪切り
  • 正しい爪の切り方
  • 爪を切るタイミング

これらを意識してください、どれも難しいことではありません。

ピアニストのような細くてきれいな指が良いのではありません、無骨な男らしい指に憧れる女性も多いです。

ですが流石に不潔な状態ではお手上げです、日頃から清潔感のある爪を心がけてください。

「毎週何曜日に爪を切る」などのタイミングを決めるのも効果的です、爪が伸びてから切るのではなく、伸びる前に整えて欲しいと思います。

前へ:爪を綺麗に切るポイントを紹介、男性こそ爪の手入れを大切
mae iti ni iro tugi iro
2ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA