男の着こなし.com

洗濯物の干し方を工夫!裏返すと早く乾き、さらにメリットが!

洗濯物の干し方

洗濯物の乾くスピードは、様々な要因が影響します。単純に気温や湿度だけであればイメージしやすいと思いますが、実は洗濯物の干し方によっても大きな違いがあります。

間違った洗濯物の干し方をしてしまうと、当然乾くスピードは遅くなってしまいます。

しかも厚手の生地の洋服で、湿度の高い梅雨時などの悪条件が重なると、最悪の場合は菌が繁殖して洋服が臭くなってしまいます。

雨上がりの葉っぱ

洋服の生臭い匂いを消すのは至難の業です。熱湯で消毒してから漂白剤で付け置き洗いなど、大変な手間がかかりますし、洋服の生地にも負担をかけることになります。

だからこそ、日頃から正しい洗濯物の干し方を意識してほしいと思います。そこで今回は洗濯物を早く乾かす干し方を紹介します。

【スポンサーリンク】

洗濯の理想は晴れた日

と言いましても、洗濯物の干し方のテクニックの前に、あくまでも洗濯の理想は湿度の低い晴れた日を選ぶことがとても重要です。

例えば、毛布のような厚手のものを洗濯する場合、前日から天気予報をチェックすることが必要になってきます。洗濯物の干し方のテクニック以前の問題ですね。

冬場で暖房器具を使用していれば、部屋の中が乾燥しているので湿度も低く乾きやすいのですが、梅雨時は本当に色々気をつけなければいけません。

梅雨時に晴れた日を待っていても、いつになるかわかりませんし、急に天候が変わることもあります。

不安定な空模様

乾きにくい厚手の洋服の場合は、コインランドリーで乾燥機を使用するのが間違いないのですが、日常的に洗濯が必要な洋服は、早く乾かす干し方で対処する必要があります。

よくテレビで洗濯物を干す前に「パンパン」と手で叩いたり、「バッ」と洋服を振るシーンを見たことがあると思いますが、あれにもきちんと意味があります。

洗濯機の脱水によって、一方向に偏ってしまった衣類の繊維を起こす意味があります。

パイル地

パンパンはバスタオルだと違いがわかりやすいと思います。繊維が寝たまま乾いてしまうと肌触りがごわついてしまいます。そして乾くスピードも遅くなります

実は下着やシャツでも干す前に軽く振るだけで乾くスピードが違ってきます。出来れば持ち手を変えて逆方向にも振ってください。これらは乾くスピードが速くなるだけではなく、皺を防ぐ効果もあるので一石二鳥にも三鳥にもなります。

風の通り道がポイント

洗濯物を早く乾かすポイントは、ズバリ「風」です。

早く乾かすことだけを考えれば屋外が理想です。と言っても梅雨時は室内に干すしかありません。

室内に干すとしても「風」が重要なポイントになります。洗濯物を干すときに隣同士の距離が近いと、湿った空気がいつまでもまとわり付いて乾くのが遅くなります。

そこで洗濯物の距離を離すことで空気の通り道が出来ます。この距離を意識するだけで乾くスピードが全然違います。また同じ理由で洋服のボタンやチャックを外して干すのも効果的です(もちろん風のある屋外は別)。

シャツを干すところ

さらに室内の物干し竿が移動式であれば、換気扇の近くなど空気の流れがありそうなところに干すのもポイントです。壁際や窓が近いと空気の流れが悪いだけではなく、湿った空気が結露してしまいます。

換気扇の近くのような僅かな「風」だとしても、洗濯物の周りの空気を入れ替えることがポイントなので、部屋の中でも洗濯物を干す位置を意識してください。

換気扇の近くが難しければ、部屋の中心部でもOKです。なるべく壁に近くない方が空気の流れがあると言われています。

干し方にも一工夫

そして洗濯物の干し方、配列によっても乾くスピードを早くすることができます。

これは、ある洗剤メーカーが紹介している干し方です。

101-2 引用元:https://lidea.today/articles/175?clicktrack=kono_01_articles%2F102 

この形を「アーチ干し」といいます。

科学的にも考えらえた干し方のようです。洗濯物の周りの空気は水分が多く、温度が下がるため、周辺の空気との温度差が出来ます。

それによって煙突効果という上昇気流のようなものが生まれ、空気の流れが自然に出来上がるのだそうです。

この上昇気流を積極的に使用するのが「アーチ干し」ということです。

この干し方であれば、風のない室内でも僅かですが空気の流れを与えることが出来ます。

さらに外側の衣類から早く乾くので、乾きにくそうな厚手の洋服を外側にするのもポイントです。また時々向きを変えるのも効果的です。

【スポンサーリンク】

衣類を裏返すメリット

そして少し手間がかかるのですが、洋服を裏返して干すことも非常に効果的です。

Tシャツのような薄手の洋服でも、生地の縫目は二重になっており、最も乾きにくいポイントです。

ほとんどの衣類の縫目は裏側にあります。さらにポケットが付いている衣類も裏返すことで早く乾きます。

裏返したズボン

さらに言えば乾かしている途中にも表にしたり裏返しにすると、より早く乾いてくれます。かなり面倒なことですが、中々乾きにくい厚手の生地の洋服は、積極的に表、裏と変えてください。

また洗濯をする前に裏返して洗ってしまえば、そのまま干すことが出来るので、洋服を脱ぐときに裏側にする習慣を身に付けるのも有効です。

これにはさらに「おまけ」があります。

洗濯機の回転による衣類同士の生地の表面の擦れを防ぐ効果があります。っこれは洋服の見た目を綺麗にキープすることにつながります。さらに屋外に干す場合も紫外線による繊維の日焼けが衣類の裏側になります

さらに細かいことを言えば、肌に触れる裏側の繊維が擦れて柔らかくなるので、硬い生地の洋服の場合は、着心地がよくなる場合があります。

参考洋服の着心地を良くする方法

ジーパン

洗濯物を裏返すことはメリットが凄く多いので覚えておいてください。ただし乾いた後に洋服をたたむ時は面倒ですが。

また針金ハンガーのような細いもので干すと、ハンガーの跡が衣類に残るケースがあります。その皺が洋服の表側につくので目立ちやすくなります。

裏返して干すときは細いハンガーよりは厚手のハンガーを選んでください。

参考ハンガー使い分けのポイント

ハンガーにも速乾を謳っている商品があるので、セーターなどの厚手の洋服が好きな方は、一つあると便利だと思います。

ここまでは洗濯物の「干し方」で早く乾かす方法を紹介してきましたが、次は積極的に洗濯物を乾かす方法を紹介します。

次は:梅雨時はパワープレイも必要、積極的に乾かす方法
mae iro iti iro ni tugihe
2ページ中、1ページ目を表示


down

コメントする