男の着こなし.com

発酵食品を効率的に摂取する方法!食べ頃はいつ?

菌活?発酵食品が最注目!

ここ数年テレビや雑誌の健康関連の情報の多くが、腸内環境に集中していることをご存知でしょうか。

この流れを簡単に説明しますと、腸内環境が整っていないと何を食べても栄養の吸収は悪くなってしまい、さらに便秘が続くと腸内に悪玉菌が増えて悪さをするので、腸内環境を整えましょうということです。

お腹を抑える男性

なので発酵食品を積極的に食べて、腸内環境を整えて快便にすることが大事ですよ~と訴えているわけです。

そこで今回は効率的に発酵食品を摂取する方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

腸内環境は菌で決まる?

現在最も注目されているのが、乳酸菌をはじめとする腸内にいる「」です。

乳酸菌というとヨーグルトがイメージしやすいですが、実は日本人になじみのある食品にもたくさんの「菌」が含まれています。

代表的な食べ物は漬物です、漬物には乳酸菌の他に麹菌なども含まれています、ちなみに味噌や醤油も発酵食品です、みりんやお酢もそうです。

漬物

納豆にも「納豆菌」がありますし、きのこにも「菌」がたっぷりと含まれています。

これらの食品を改めて見直しましょう、と注目を集めています。

カッコよく洋服を着こなすには、やはりスマートで健康的な体型が理想ですから、効率的に菌が豊富な発酵食品を摂取して、腸内環境を整えてスマートに洋服を着られるようになってください。

【スポンサーリンク】

発酵食品を効率的に摂取する方法

そもそも発酵という状態は言ってみれば、腐敗、カビなわけです、それらを利用して食品が熟成されるわけですが、それも度が過ぎると腐ってしまいます。

度が過ぎた発酵で腐らせないために冷蔵庫などで低温に管理する必要があるのですが、冷蔵庫の中で冷やされた菌は活動が穏やかになっています。

冷蔵庫の中

これは当然ですよね、腐敗させないために冷蔵庫に入れているので、菌の活動も当然弱くなっています。

そこで冷やされて活動が落ちている菌をそのまま食べるよりも、しばらく常温に戻して菌の活動を活発にしてから発酵食品を食べた方が、より効率的にたくさんの菌を取り込むことになります。

さらに販売されている発酵食品の場合は、賞味期限ギリギリが最も菌が多い状態だと言われています。

ズバリ、そこが発酵食品の食べ頃になるわけです。

美味しさという意味ではありません、ヨーグルトなどがわかりやすいのですが、賞味期限が近づくと酸味が増して酸っぱく感じられます、あれはまさに乳酸菌が増えているということです。

健康のために「菌活」をするのであれば、賞味期限ギリギリで常温に戻してから食べるのが、発酵食品の菌を最も効率よく摂取する方法になります。

スーパーでは納豆や漬物や乳製品は賞味期限近くになると二割引きや半額シールが張られます、その日のうちに食べるのであれば、それらの割引品が最高の選択になってくれます。

半額シールののむヨーグルト

しかも自宅に持ち帰る間に常温になるので、割引されている発酵食品は最高の状態にも関わらず、お安く菌を摂取することができます。

私もよく半額シールが張られた飲むヨーグルトなどを購入しています、銘柄にはこだわりません、様々なメーカーのモノを選んだ方が、より乳酸菌の種類も増えるからです。

少し前まではヨーグルトなどの乳製品の乳酸菌は生きて腸まで届かないと言われていたのですが、最近はどのメーカーの乳酸菌も腸まで届くことを売りにしているので、どれを選んでも問題ないと思います。

ただし菌を摂取するのに注意したいポイントがあります、これは乳酸菌と同様、最近注目されている酵素の取り入れ方にも言えることなのですが、間違った方法で摂取してしまうと台無しになる恐れがあります。

次は乳酸菌や酵素を取り入れる時の注意点を紹介します。

次は:酵素がたっぷりの発酵食品を取り入れる時の注意点!
mae iro iti iro ni tugihe
2ページ中、1ページ目を表示


down

コメントする