男の着こなし.com

洋服を馴染ませて着心地をよくする3つの方法

着心地のいい洋服とは

みなさんがお持ちの洋服の中に、抜群に着心地のいい洋服がありませんか?

高級な洋服でなくても何故か着心地がよくて、お気に入りのものがあるのではないでしょうか。

お気に入りのシャツをたたむ男性

着心地のいい洋服というのは、あなたの身体に馴染んだ洋服のことです。

洋服のサイズがピタリとあっていたり、柔らかい生地だったり、良質な仕立てだと新品の洋服でも着心地がいいものですが、そのような条件に当てはまっていなくても着心地がいい洋服があります。

他にも様々な条件があるのですが、多くは洋服の生地の硬さが程よくとれて、あなたの身体に馴染んだから着心地が良くなります

洋服が馴染むとは?

馴染むという意味は革靴のほうがイメージしやすいかと思います。

革は足の形に合わせて伸びてくれますし、中敷きや中底も徐々に足裏の形に合わせて沈み込みます。

WS000000

よく曲がる甲の箇所には皺が入って柔らかくなります、そのように使い続けることで足の形に馴染んで履き心地がよくなるわけです。

実は洋服でも同じようなことが起きています。

洋服の生地は革ほどは伸びませんが、大抵の生地は僅かですが伸びてくれます、そしてよく擦れたり曲がったりする箇所の生地も柔らかくなります。

長く愛用しているだけで多くの洋服は身体に馴染んでくるものです、お気に入りの洋服を大切に扱えば着心地というのはよくなってくれます。

もちろん購入前のサイズ合わせが一番大事です、サイズが合っていないと無駄な生地が多いので余計な皺が増えてしまいます。

あくまでもサイズ合わせをきちんとしていることが条件ですが、積極的に洋服を馴染ませる3つの方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

ひたすら着る

まずは「ひたすら着る」です。

スーツを羽織る男性

これは単純なことのようですが、とても大事な要素です。

洋服にあなたの骨格のクセを教える必要があります、あなたの関節の位置を教える必要があります。

洋服の生地を柔らかくするだけであれば、極端な方法だと洋服をぐちゃぐちゃに揉んでしまえばいいわけです、ジーパンなどのデニム地などでは実際にそのようにする方もいます。

私はこの方法をおすすめしません。

それほど関節の動きの影響を受けない硬くあるべき生地の箇所まで柔らかくなってしまうと、洋服はヨレヨレな印象になってしまいます。

WS000000

間違っても張りのあるジャケットに乱暴なことはしないでください、鞄に強引に詰め込むようなことをすると洋服の寿命が縮まります。

そのような荒技に頼ることなく、自宅などで着用する時間を長くすれば、自然と洋服は身体に馴染んできます。

洗濯方法を工夫

続いては洋服の洗濯方法で着心地を良くする方法を紹介します、ジャケットやスーツなど自宅で洗濯出来ないものは別と考えてください。

主にシャツなどに向いている方法なんですが、洗濯をする時に裏返しにして洗います。

直接肌に触れるシャツの裏側が擦れることによって、シャツの生地の当たりが柔らかくなります。

特に生地が折り重なっている縫い目の硬さが取れてくるので、裏返して洗濯をしていくうちに着心地がよくなっていきます。

肌が敏感な方はあえて肌着を裏返しに着ることで、この縫い目と肌が触れないようにすることもあります、縫い目はそれぐらい着心地を左右する要素でもあります。

シャツの縫い目

参考縫い目が少ないグンゼの肌着が最高

さらに裏返すと洗濯機によるシャツの表側の擦れが防げるので、より長く綺麗な状態をキープすることにもつながります。

洗濯ネットによって生地の擦れを防ぐようなことです、大切な洋服であれば裏返した上でネットに入れてください。

また汗や皮脂汚れもシャツの裏側から染みこんでいるので、汚れも落ちやすいというメリットもあります。

スチームを利用?

長く着ることで洋服が身体に馴染んでくれるということは、実はじっくりと身体に合わせてアイロンをしているようなことです。

あなたの体温、汗、蒸気によって洋服の生地が蒸らされて、低温でじっくりとアイロンをかけている状態になります。

この低温アイロン状態を積極的につくりだすことで、より早く馴染ませることが出来ます。

それこそスチームアイロンの蒸気を洋服に当ててから着るという方法もあるのですが、簡単なのはお風呂上りに着ることです。

WS000000

体温が上がって身体から自然と蒸気が出ている状態なので馴染みが早くなります、流石に汗だくになる夏場はおすすめしませんが。

簡単なのはパジャマやシャツの上からスーツの上着やジャケットをしばらく着ていればOKです。

ただし襟のあるパジャマやシャツを下に着てください、ジャケットの襟が直接肌に触れると汗や皮脂汚れがついてしまいます、洗濯にしにくい洋服はなるべく肌と直接触れさせないようにしてください。

【スポンサーリンク】

まとめ

新しい洋服を積極的に外出着として使用するのもいいのですが、乱雑に扱ってしまうと身体に馴染んできたころに擦り切れて寿命を迎えるということにもなります。

WS000001

今回紹介した方法というのは、外出着にする前に室内で着込んで硬さを取って着心地をよくする方法です、同時に洋服を傷めさせないことも大切です。

身体に馴染んでいる洋服というのは、あなたの魅力をより引き出してくれます。

またそのように大切に扱った洋服は愛着がわくので、外出時も大切に扱えるようになります。

これが一番のメリットかも知れません。

洋服に愛着がわけば乱雑に扱わなくなります、きちんとハンガーにもかけるようになり、そしてブラシをかけてメンテナンスをしてあげるようになります。

結果的に綺麗に長く愛用することになり、ますます身体に馴染んでくれます。

そして身体に馴染んだ洋服というのは着心地が良いだけではなく、あなたを魅力的にしてくれるものです。

普段テレビに出ない医者や学者がゲストで出演すると、いかにも新品の洋服を着ていることが多いのですが、全然身体に馴染んでいないので全く似合っていないことが多いです。

生地に硬さが残っていると様々なところが浮き上がってしまいます、見た目を良く見せる為に新しい洋服のほうがいいとは限りません。

女性の洋服であればシーズンごとに流行を追う必要もありますが、男性の場合はそうでもないので大切に扱うことで長く愛用出来ます。

あなたの身体に合わせて少しずつ馴染んでくれた洋服が、ボロボロになって着られなくなるのは悲しいことだと思います。

あなたにとって最高に着心地のいい洋服を大切に扱ってあげてください。

大切にすればするほど、恩返しとしてあなたを魅力的に着飾ってくれます。

神秘的なことを言いたいのではなく、実際に生地の硬さや繊維のバラツキが落ち着いてくるということです。

【関連記事】
革靴の皺に愛着を!あなた仕様です

最高の腕時計に出会うには・・・

曲がったベルトを嫌わないで!


down

コメントする




CAPTCHA