男の着こなし.com

ジャケットの簡単なメンテナンス方法、保管時も大切!

ジャケットのお手入れ方法

ここではジャケットのメンテナンスについて説明します。

スーツの上着やジャケットのメンテナンスの基本は、厚みのあるハンガーにかけるということです。

スーツはプラスチックの厚みのあるハンガーが付属していますが、ジャケットの場合は付いてこない場合もあります。

そこで適当な薄いハンガーを使用してしまうと型崩れの原因になってしまいます。針金ハンガーでは肩のラインが崩れてしまうわけです。

クリーニングを出した後もそのままだと危ないです。通気性をよくする為にクリーニングのビニールはすぐに外して、必ず厚みのあるハンガーにかけなおしてください。

せっかくクリーニングに出しても、そのまま衣替えで保管してしまうとカビや虫の影響を受けてしまうことがあります。

また厚みのあるハンガーと言っても高額なものでなくて構いません。とりあえずプラスチック製の数百円のハンガーでOKです。100円ショップやホームセンターでも手に入れることが出来ます。

色々なハンガー (一番右のハンガーで300円ぐらい)

左から二番目のハンガーでは厚みが足りません。スーツやコート用の厚みのあるハンガーにかけるように意識してください。

参考ハンガーのおすすめは目的次第!?

そしてハンガーにジャケットをかける時にはボタンを留めないでください。これも大切なことです。

ジャケットのボタンの留め方

ボタンを留めると中央に余計な皺がよってしまいます。ボタンを留めない方が綺麗に収まります。

ジャケットのハンガーのかけ方

なるべくボタンが付いていない側(左)を上になるように意識してください。

ボタンを留めたまま長期間クローゼットに保管されると、ジャケットに癖や皺がついてしまいます。当然ポケットの中にも何も入れないようにしてください。

【スポンサーリンク】

ジャケット使用後はブラシ

ジャケットのメンテナンスでもう一つ重要なのは、着用後に洋服ブラシをかけてください。

洋服ブラシはジャケットについたホコリやフケを落とすだけではなく、洋服の繊維を整える効果もあります。

繊維が整えられると毛玉や毛羽立ちが抑えられ、洋服の寿命を延ばすことが出来ます。

参考洋服の毛玉を取る前にするべきこと

洋服ブラシにも色々ありまして、このような本格的なタイプのブラシが理想とされています。

ただし、このような洋服ブラシは安くないので、初心者は難しく考えずに100円ショップにあるような簡易的なモノでも構いません。

100均の洋服ブラシ

デリケートな高級生地のジャケットの場合はすすめませんが、量販店で売られているスーツやジャケットの場合は生地に耐久性があるので、とりあえず安物のブラシでも問題はありません。

ジャケットのメンテナンスをする習慣が身についてから、良質な洋服ブラシを手に入れるのもいいと思います。ポケットの中の繊維やホコリを落とすのには、やはり毛足の長いブラシのほうが向いています。

洋服ブラシは無印良品やホームセンターなどで手頃な価格で売られていますので、一つ手に入れてください。もちろんジャケットに限らずスーツやコートにも使用出来ます。

無印良品の洋服ブラシ (無印良品で1500円ぐらいでした)

ジャケットのメンテナンスと言っても、毎回アイロンがけが必要なわけではありません。着用後にササッとブラシをかけて、きちんとしたハンガーに吊るすだけで、見た目も寿命も大きく変わります。。

また脱いだばかりのジャケットは湿気を多く含んでいるので、少し乾燥させてからクローゼットに収納するように意識してください。

そしてクローゼットに中でギュウギュウに詰め込むことも厳禁です。これも皺や型崩れの原因になります。

またクローゼットは風通しを良くして、時々換気させる必要もあります。クローゼットの中は余裕をもたせてあげましょう。

参考クローゼットの掃除の重要性

【スポンサーリンク】

お手入れが楽しみに!

お気に入りのジャケットを手に入れるとメンテナンスも楽しくなるものです。初心者はその楽しみを覚えてから高級ハンガーを揃えたり、高級な洋服ブラシを手に入れる流れが良いかと思います。

洋服ブラシの世界も深いもので、人気のあるブラシは直ぐに売り切れてしまいます。

江戸屋 洋服ブラシ 

この値段のブラシが何度も売り切れになります。再販売されるとランキングの上位に入り込むぐらい人気があるほどです。それぐらい洋服を大切にする人にとっては重要なアイテムだということです。

またクローゼットの中が同じハンガーで揃うと嬉しいものです。ハンガーが壊れるということは滅多にありませんので、思い切って購入すれば一生モノになります!

予算に余裕がある方は高級なハンガーも検討してみてください。木製のハンガーは湿気を吸い取ってくれる効果もあるのですが、何といっても所有欲が満たされるのでおすすめです(笑)。

次はその他の注意点について紹介します。

次は:段返り三つボタンの留め方は気をつけて、仕付け糸も忘れずに!
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA