男の着こなし.com

簡単なズボンのお手入れ方法、専用ハンガーが理想!

ズボンのお手入れ

ここではズボンのお手入れについて紹介させて頂きます。

一般的なズボンのお手入れと言えば洗濯をすることです。

ジーパンだと色落ちを気にして洗濯を控える方もいます、逆にあえて色落ちをさせるために新品を洗いまくるという方もいます。

ジーパンやチノパンには皺や擦れがあっても構わないと思いますが、折り目のついたウールや綿のズボンだと、日々のお手入れ次第で差が出てしまいます。

 

日々のズボンのお手入れで重要なことは、ジャケットと同様にブラシをかけてあげることです。

洋服ブラシ

ズボンについたホコリを落として(たまにはポケットの中も)、きちんとハンガーに吊るしてあげましょう。

生地の繊維に沿ってブラシをかけて上げることで、ホコリを掻き出しながら生地を整えることが出来ます、日々のブラシがけは汚れを分散させることにもなるので、染みや色褪せを防ぐ効果もあります

汗をかいたり汚れが目立つ場合は洗濯をしてください、ズボンの素材によっても違うので必ずタグを確認して洗濯をしましょう、基本的には洗濯ネットに入れて他の衣類と擦れないようにしてください。

その後はアイロンをかける必要があります。

スーツだとクリーニングを利用するという方も多いのではないでしょうか、もちろんクリーニングでもOKです。

またズボンの素材にもよるのですが、ウールだとハンガーにかける(吊るす)だけで、ある程度の皺を戻すことが出来ます。

【スポンサーリンク】

ズボン専用のハンガー

さらに言えばズボン専用のハンガーを使用することが理想です、より簡単に皺を伸ばすことが出来ます。

このようなズボン専用のハンガーだと、ズボンを折り曲げることなく裾から吊るすことが出来るので、自らの重さで皺が伸びてくれます。

スーツに付属されているハンガーだと、ズボンを折り曲げてしまうので重さが半減するわけです。

ハンガーにかけたズボン

上着と兼用のハンガーでも、このようなタイプだとジャケットとセットでも折り曲げずに吊るすことが出来ます。

ズボンをクリップで留めるハンガー

ただしクローゼットの下のスペースを侵食するので、購入前には十分に検討してください。

ズボン専用のハンガーを利用すると、ジャケットとは別にクローゼットの幅も取ることになります、どのハンガーがベストなのかを慎重に判断して選んでください。

どうしてもズボンは上着よりも皺が残りやすいので、気を抜くとだらしなさが際立ってしまいます。

かといって毎日アイロンがけも大変です、だからこそハンガーだけで皺を軽減させることが出来るズボン専用ハンガーは重宝します、スペースに余裕があれば検討してください。

【スポンサーリンク】

アイロンの蒸気

別のところでも詳しく紹介しているのですが、ズボンをハンガーに吊るした状態でアイロンの蒸気を当てるとより皺が伸びてくれます。

そして軽い匂いであればアイロンの蒸気だけで落ちてくれます、もちろんジャケットにも通用するテクニックです、お手軽なお手入れ方法なので覚えておいてください。

中には蒸気を出すことに特化しているアイロンもあります、しかも普通のアイロンとしても使えるそうなので非常に便利そうですね。蒸気の出ない古いアイロンを使っている方は、このようなタイプのアイロンの購入を検討してみるのもいいと思います。

(追記:左利きの人には向かないという情報がありました)

外部⇒衣類スチーマー最安値情報

ちなみに蒸気に当てた洋服は、すぐにクローゼットに入れずにしばらく乾燥させてください。

クローゼットの中に湿気がこもるとカビの原因にもなります、ジャケットやズボンに蒸気をあてなくても着用後は人間の汗を吸って湿気を含んでいるので、しばらく乾燥させてからクローゼットにしまう習慣をつけましょう。

まとめ

ズボンの初級編は以上になります、ズボンの形の違い、簡単なお手入れ方法について理解して頂けたでしょうか。

ズボンの購入については中級編で解説しています。

参考ズボン購入時のチェックポイント

ズボンの購入前にジャケットを手に入れる必要があるので、このファッション基礎講座の順番通りに学んでいただくことをおすすめします。

次はジャケパンスタイルに合わせるシャツの簡単なお手入れ方法について紹介します。

次は:Ⅱ-3 シャツの着こなしはシルエットの違いを理解する必要があります
mae iti ni san iro tugi iro
3ページ中、3ページ目を表示

【関連記事】
クローゼットの掃除を見落とすな!

スーツが似合わない男性の特徴

クローゼットの収納は八割キープが鉄則


down

コメントする




CAPTCHA