男の着こなし.com

本田圭佑のファッションがダサい理由はスタイリストが悪い!?

本田圭佑のファッションのこだわり

ちょっと偉そうなことを言わせてもらいますが、サッカー選手の本田圭佑さんのファッションって微妙だと思いませんか?というか正直ダサいんですよ、腕時計を両手にするのを差し引いても似合っていません。

普通ファッションセンスがない人は、もっと無難な可もなく不可もなしの洋服を選ぶ傾向があるのですが、何でわざわざこんな格好をするのか気になったので、本田圭佑さんのファッションについて調べてみました。

【スポンサーリンク】

本田圭佑のスタイリストが悪い!

本田圭佑さんの髪型については色々なところで取り上げられていました。

日本の美容師さんをわざわざロシアやイタリアによんでまでカットしてもらっています。

そのカットのためにかかる費用が何と年間2000万近くになるのだそうです、カット代のほかに美容師さんの飛行機代(ビジネスクラス)、さらに一流のホテルにも宿泊させてあげるのだそうです、相当なこだわりがありますよね。

高級ホテル

そして洋服、ファッションについてもスタイリストにお願いしているそうです。

本田圭佑さんのファッションについてのインタビュー記事があったので、一部を紹介します。

「でも、本当にファッションが好きな方から見れば僕のこだわりとかスタイルなんて大したことはなくて、普段もジーパンにTシャツだし、けっこうラフですよ。ただ、パブリックに出るときだけは力の入った服装をします、自分の中のスイッチを切り替える意味もあるんです。自分のためにやっていることだから、周りにダサイと言われてもやめられないですよね」

「僕の哲学では、サッカー選手はサッカーがうまいだけでは魅力に欠ける。僕も昔そうだったんですけど、とくに子どもたちは、一流のサッカー選手たちが普段どんな生活をしているのかも知りたいんです。
だからプロである以上、私生活でのカッコよさも求めるべきだと思いますし、常に自分は見られている存在、という意識を持つようにしています。」

これをファッションに対する記事を読む限り、本田圭佑さんはブレていません、自分を着飾る理由が明確であり、子供たちのためにスターを演じようとしていることがわかります。

o0494037312345251457 (1)

引用元:http://ameblo.jp/soesoe-sysy0609/entry-11434229072.html

本田圭佑さんは様々なところでサッカースクールを開催しています、子供に夢と希望を与えようとしています。

きっと本田圭佑さんが子供の頃に憧れたサッカー選手がカッコよかったのだと思います、三浦知良さんや中田英寿さんはサッカーのプレーだけではなく、ファッションでも注目を集めていました。

本田圭佑さんの場合は、自分にファッションセンスがないのを自覚した上でスタイリストにお願いしているわけです。

と言ってもスタイリストだってファッションのプロですから、きっとおかしいのはわかっている思います、もっと本田圭佑さんをスマートに仕上げることは簡単だと思います。

推測ですが、二つのパターンが考えられます。

一つは、スタイリストが提案したバッチリ似合うファッションを、本田圭佑さんが否定したパターンです、スマートにカッコよく洋服を着こなすよりも、子供たちに向けて、よりわかりやすいスタイルを求めて、派手なファッションにエスカレートしていったパターンです。

もう一つは、腕自慢のバカなスタイリストの暴走です、ファッションデザイナー気取りで、最先端や流行を追い求め、本田圭佑さんに似合う要素よりも奇抜さを押し付けてしまっているパターンです。

どちらも考えられますし、どちらとも合わさっていったようにも感じられます、あくまでも私の推測ですが。

本田圭佑さんのように、たくましく鍛え上げられたプロフェッショナルな体型であれば、Tシャツジーパン姿が凄く似合います。

WS000006 引用元:http://xn--zcka6a2a7f4bxjd6345ptvd.jp/shifuku_sports-4499

左の格好は論外ですが、ラフな格好は決まりますよね、多くの若者がラフな格好が似合う理由も体型がそれほど崩れていないからです、お腹が出ている中年体型にラフな格好は似合いません。

本田圭佑さんは、ファッションで余計なことをしなくても十分にカッコいいということです。

【スポンサーリンク】

カズのファッション

カズこと三浦知良さんの本を読んだことがあるのですが、ファッションへのこだわりが半端なかったです、サッカーへの情熱と同等だと感じました。

カズさんが身に付けているファッションの多くがオーダーメードなんだそうです、それが自分に最も似合うということを理解しています。

WS000007 引用元:http://2chsoccerballgame.seesaa.net/article/390325563.html

きっと本田圭佑さんのスタイリストだって理解していると思います、一流のサッカー選手ですから体型維持は完璧だと思いますし、太くなりやすい太もも周りさえ気を付ければ、カズさんのようにオーダーメードで完璧に洋服のサイズを合わせられます。

しかしスタイリストという仕事は数ある洋服の中から選ぶことが仕事です、体型にピタリと合わせるカズさんのオーダーメードとは比べようがありません。

ですがオーダーメードでも自分で注文するわけで、サイズ合わせは完璧だとしても、生地や柄やスタイルは注文主のセンスが必要になってきます。

本田圭佑さんのスタイリストには、ここで頑張ってもらいたいです、サイズの合わないモード服を着させるのではなく、流行を意識した本田圭佑さんに似合う柄や色を選ぶお手伝いをしてあげてるのがベストではないでしょうか。

モード服が似合うのはモデル体型の方だけです、プロのスポーツ選手の戦う筋肉とは別の体型とは違います。

中田英寿さんのファッションは、カズさんと違ってオーダーメードではなく、自分で選んでいたのだと思います。

結果、大きいサイズのブランド服をラフに着るというスタイルになっていました。

img_9 引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/shiyakuaze9696/15817867.html

このファッションをカッコイイと持ち上げているマスコミも多かったですが、正直全く似合っていません。

現役を引退してからの中田英寿さんのファッションは、かなり落ち着いてスマートになりました、筋力もほどよく落ちて洋服のサイズも合うようになったのだと思います。

流行の最先端、モード服をカッコよく着こなすというのは、やはり体型が重要になってきます、モデル体型を元にデザインされた洋服が似合うのは、本当にごく一部の体型の方だけです。

本田圭佑さんにモデルのような洋服を着させるには、カズさんのオーダーメードのように、個人の体型に洋服を合わせるのが一番だと思います。

きちんとサイズを合わせたファッションは、奇抜なデザインに頼らなくても子供たちからカッコいいと思ってもらえます、子供だってバカではありません、スーツ姿の大人を観て似合っている人とそうではない人の違いは、言葉にできなくても何となくわかります。

髪型に2000万かける本田圭佑さんであれば、洋服のオーダーメードは余裕でしょうから、本田圭佑さんの素晴らしい体型に洋服を合わせるのが一番手っ取りと思います。

 

それを提案しないスタイリストが悪いです!

 

あのクリスティアーノロナウドの私服はTシャツジーパン姿が多いのですが、とてもカッコいいです、鍛え上げられた肉体がよく映えるファッションです。

一方でバロンドールの授賞式には、これまた最高にカッコいいオーダーメードのタキシード姿を披露しています。

ZURICH, SWITZERLAND - JANUARY 12: Cristiano Ronaldo of Portugal and Real Madrid receives the 2014 FIFA Ballon d'Or award for the player of the year during the FIFA Ballon d'Or Gala 2014 at the Kongresshaus on January 12, 2015 in Zurich, Switzerland. (Phot 引用元:http://web.gekisaka.jp/news/detail/?155477-155477-fl

モデル体型の為につくられたブランドのスーツではなく、ここぞという時に、きちんとしたオーダーメードのスーツがあれば最高にカッコいいと思います。

f2ba75c0 引用元:http://suit.blog.jp/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E5%9C%AD%E4%BD%91

こんなスリーピースを着させちゃダメですよ、ベストが短すぎてシャツが見え、ベルトも奇抜すぎです、ジャケットの袖も長いですし・・・。

サイズの合っていないブランドスーツを着るより、Tシャツ姿のほうがずっとカッコいいと思います。

ファッションセンスが悪いのは本田圭佑さんではなく、修正出来ないスタイリストに問題があると感じました。

追記

最近の本田圭佑さんのファションは、落ち着きが出て凄くカッコよくなってきました。

元が良いので王道ファッションが凄く似合います、そのうち髪の色も落ち着けば、よりカッコいい大人の男性になるのではないでしょうか。


down

コメントする