男の着こなし.com

人は見た目じゃない!は自分勝手、周りへの配慮が足りてません

身だしなみを整える意味

「身だしなみを整える」という行為は、自分のためだけではありません。

鏡

家族や友人、そして周りの人のために「身だしなみを整える」必要があります。

あまりにも汚い格好だと、お店に入っても失礼に当たります、他のお客さんにも迷惑がかかります。

「着るものなんて何でもいいんだよ、人は見た目じゃないんだよ」

という人は自己中心的です、周りへの配慮が少し足りていません。

【スポンサーリンク】

高級な洋服は偉い?

別に高級ブランドの洋服をすすめているわけではありません、ユニクロやしまむらでも、安くておしゃれな洋服が売られています。

戦後の貧しかった時代は服にお金をかけることは贅沢だったと思いますが、現代では安価で良質でオシャレな洋服がたくさん売られています。

ただし、同じような価格でオシャレではない洋服もたくさん売られています。

またそのような洋服を深く考えもせず購入する方もたくさん存在します、だからお店も置いているのだと思います。

スマートな体型の中年男性がブカブカのツータックのズボンを履いていたりします、ろくに試着もせずに何となく選んでしまいます。

本当にもったいないことです、似合う洋服が売られているのにも関わらず、似合わない洋服を選んでしまいます。

「人は見た目じゃない、中身だ!」

という考え方の人がいます、ファッションに無頓着なパターンや自由過ぎる格好をしているパターンもあります。

本当に中身が素晴らしい人は周りの人への配慮が行き届いています、周りに迷惑になるような格好はしないものです。

中身が素晴らしい人は、きちんと試着をして体型に合わせた洋服を選びます、適当に洋服を選ぶということは自分の魅力を下げるだけではなく、洋服を作ってくれた人に対しても失礼です。

わざわざあなたの体型のことまで考えて様々なサイズの洋服を用意しているのに、試着もせずにブカブカの洋服を選ぶ人の中身が素晴らしいとは思えません。

「腹に入れば何でもいっしょだ、早く出来るものを出せ」と言われて嬉しい料理人はいないと思います。

これは金持ちとか貧乏の問題ではありません、洋服の価格の問題ではなく、きちんと洋服と向き合えるかどうかだと思います。

大切な人の葬儀に適当な洋服でいくことはないと思います、たとえ付き合いの葬儀でも同じではないでしょうか。

ボロボロのズボン

着るものに困らない現代で、洋服と向き合うことを避けている人の中身が立派だとは私は思えません。

もちろん偉そうに高級ブランドの洋服を見せびらかすことでもありません、普通の洋服をきちんと着こなすことが基本ではないでしょうか。

ブランド服を着るのが悪いことではありませんが、普通の洋服をきちんと着こなすことが出来ていない男性が圧倒的に多いので、無難で普通な洋服をきちんと着こなすだけで魅力的な男性になることが出来ます。

無難の質の向上

そしてその無難で普通な洋服の質を上げていってほしいと思います。

同じ紳士服店で同じようなスーツを購入したとしても、オシャレな男性とそうではない男性がいます。

オシャレな男性との違いは、きちんとスーツに向き合ったかどうかです。

スーツ姿の男性

スーツのサイズをきちんと合わせて、肌の色やスーツの柄とバランスを考えたシャツやネクタイ、靴などを揃え、背筋が伸びていて清潔感があるとスーツは輝きを増してくれます。

これを普段着でも出来るようになってほしいと思います、普段着の中でサイズ合わせがしやすいのがジャケパンスタイルということです。

そして自分の体型と洋服のバランスが理解出来るようになれば、ジャケパンスタイルに限らず、ジーパンやトレーナーなどのカジュアルな洋服でもバランスを見極められるようになります。

伸縮性のないジーパンのサイズ合わせの重要性に気づくことが出来ます。

そして、そのジーパンのシルエットに合わせたシャツがわかるようになります、下がシュッと収まっているのに上がダボっとしていれば、バランスが悪いと気が付けるようになります。

ジーパンの若者

これらは洋服の価格は全く関係ありません、洋服ときちんと向き合った経験値がものを言う世界です、あくまでも意識の問題です。

【スポンサーリンク】

外見から内面へ

私は身だしなみを整えだしてから人生が好転していきました、そして様々な気づきがあります、今まで気づいていなかった周りの人の魅力に気づくことも出来ます。

身だしなみを整えると人生が変わります

あなたを見る周りの人の目が変わります、仕事もプライベートも好転します。

好転しないわけがありません、今まで洋服や着こなしを意識していなかった人ほど変わります、「人は見た目じゃない」と言っていた人ほどより好転します。

人生に張り合いがない人やつまらないなと感じている人は、内面を変える前に洋服を意識して変えてみてください。

人は楽しいことがあれば笑いますが、笑っていると人は楽しくなります。

「身だしなみを整える」ことで内面も整います、これは間違いないことです。

内面を整えるための精神的な修行や努力をしても、周りの人に伝わるには時間がかかりますが、外面を整えると即効性があります、自分の内面が変わる前に周りの人からの評価が上がってくれます。

身だしなみを整えるだけで手っ取り早く魅力(外見と内面)を上げることが出来ます。

これが私が最も伝えたかったことでもあります。

他にも魅力を上げるための方法はたくさんありますが、外見と内面を一遍に変えてしまえるのが「身だしなみを整える」ということです、要するに簡単なんですよ。

「人は見た目じゃない!」と言っていた人ほど、大きな気づきが得られると思います。

次は:成功への道筋、周りへの配慮が自分の評価を上げ自信がみなぎる
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA