男の着こなし.com

革靴の皺に愛着を!あなたの足に合わせてくれたのです!

新しい革靴の卸し方?

新品の革靴を履く前に、あらかじめボールペンなどで革靴の甲を押さえつけてのクセをつける方法があります。

ノートとボールペン

この方法であれば、革靴の甲の理想的な位置に皺をつけることが出来るのだそうです、しかも皺の位置が左右均等になるそうです。

革靴に見た目の美しい皺を入れる、そういう考えもありだと思います。

ただ、私個人の意見ですが「もったいないなぁ~」とも思ってしまいます。

【スポンサーリンク】

革靴の皺はオーダーメイド

中古の革靴を購入して履いたことがないのですが、例えサイズが同じだとしても他人の足の形に馴染んだ革靴が、別の人にピッタリと合う可能性は低いのではないでしょうか(履き続ければいずれ馴染むとは思いますが)。

足の肉付き、骨格、重心の位置がピタリと合うなんて双子の兄弟でも厳しいような気がします。

革靴にわざと皺を入れることにも、同じような違和感があります。

その皺があなたの足の動きとピタリ合うのでしょうか?結局、その皺プラス、あなたの足に合わせた皺が重なるだけのような気がします。

あらかじめつけた皺のクセのまま、その後も皺の位置をキープ出来るのもおかしな話です、よほど革靴のサイズに余裕を持たせているのでしょうか?

足のサイズや肉付き、関節の位置は人それぞれです。

それに大抵の人は左右の足でも差があるものです、革靴を購入する場合は大きい方の足に合わせることになりますから、小さい方の革靴はブカブカで片方だけ皺が出やすいのは仕方がないと思います(注文靴であれば別)。

ですが、その革靴の皺もあなたの個性だと思います。

革靴があなたの足に合わせるために、皺を刻みながら足の形に沿うように合わせてくれた結果でもあります。

それにきちんとサイズが合わせた方の革靴には、皺は少ないものです。

この写真は革靴を壁によりかけただけですが、皺の入り方が左右で全然違うことがわかると思います、私の足は左のほうが大きいので、左足を中心にサイズを合わせています。

革靴の皺

もし、この革靴にボールペンで皺の癖を付けていれば、小さい足の右側の革靴には、綺麗に皺が入ったかも知れません、しかしサイズの合っている左足には不必要な皺が入ることになったと思います。

効き足のほうが踏ん張る機会が多いので、足の筋肉の付き方に差がでるのは普通のことです、スポーツをしていればよりその傾向があると思います。

運動靴の多くは紐靴ですよね、激しく動く為には左右の差もバカに出来ません、少しでもフィット感を上げるためには紐靴の必要があるのだと思います。

参考エレガントな靴紐の結び方

ちなみに両足とも革靴の皺が深い場合は、そもそものサイズ合わせが間違っていた可能性があります、その場合は中敷きの厚みを増すことで皺が浅くなる場合もあります。

サイズ合わせを慎重に

いくら紐靴だとしても革靴はスニーカーほどは調節出来ません。

なので革靴の購入時には、きちんと試し履きをして、しっかりとサイズを合わせることがとても重要です。

夕方や夜だと足がむくんでいるので、その時間でピタリだとしても、朝はブカブカになる場合もあります、むくみ具合は人それぞれなので何ともいえませんが、革が伸びることを考えると朝方のほうが望ましいと思います。

革靴の購入は時間帯によってもサイズが違うということを覚えて置いてください。

足がむくんでいない午前中でピッタリの革靴であれば、その後にむくんできつくなるのは、それほど問題ありません。

足がむくむといっても骨が飛び出るわけではないので、履き慣れていくうちに革が徐々に伸びてきます、また靴底も沈んでより足の形に馴染んできます

革靴の購入時に余裕を持たせ過ぎると、革が馴染んだころにはブカブカになってしまいます、むくんだ足に合わせるのも同様です。

なので、いきなり新しい革靴を履いて会社など行くことはおすすめしません、どうしても長時間履くことになるので、馴染むまでに痛みが出やすい傾向があります。

新しい革靴を足に馴染ませるには少しずつ履くことです、近所のコンビニに行くときなどがおすすめです、痛みが出たら脱げる環境が望ましいです。

あえて家の中で履いていたっていいわけです、ただし椅子に座っていると体重がかからないので靴底が沈みません、家の中で軽く歩いたり、立って新聞でも読んでみてください。

また革靴の購入時のサイズは、紐がピタリと閉まらないぐらいで合わせるのがいいとされています。

革靴の紐の合わせ方 (この写真はわざと右足の下に詰め物をして浮かせています)

右の革靴のように紐がきちんと閉まらなくても、履き続けて靴底が沈んでくれば、左のように綺麗に収まるようになる、ということです。

基礎講座の革靴の購入編でも触れたのですが、革靴のサイズを合わせるのは本当に難しいです、馴染むのにもそれなりに時間がかかります。

私が紐靴をすすめているのは、革靴の中では多少は融通が利くからです。

ベルトのモンクストラップでは大雑把な調整しか出来ませんし、真ん中の穴で留めないと、見た目のバランスも悪くなってしまいます。

茶色のモンクストラップ

 

ましてや全く調整の効かないスリッポンやローファーなどは、サイズ合わせはより難しいと思います。

余裕を持たせ過ぎた革靴は皺が深くなるだけではなく、歩いていても疲れてしまいます、またスリッパのように引きずるような歩き方の人もいるので、サイズ合わせは気を付けてください。

皺は個性

革靴の皺というのは、あなたの足の形に合わせて刻まれるものなので、わざわざボールペンで余計な皺を入れる必要はないのではないでしょうか。

確かに皺のバランスの取れた美しい革靴もいいですが、あなたの足の形に合わせてくれた皺のほうが愛着がわくと思います。

深く刻まれた皺は、あなたが革靴と共に歩んできた歴史でもあります。

いい感じの革靴の皺

カッコいい革靴というのは、新品のピカピカの革靴のことではありません。

持ち主の汗が染みこみ、革が伸びては縮んで、皺が深く刻みこまれ、革が柔らかくなって馴染み、足裏の形に合わせて靴底が沈み、持ち主との一体感が生まれた革靴が、カッコいいのだと思います。

飾って置くだけの革靴であれば、一度も足を入れずに皺のない状態で飾っておくのがいいと思います、それがカッコいいと思うのであれば何も言いません、靴屋さんのディスプレイを真似て飾っておいてください。

馴染むの究極形

元プロ野球選手の新庄剛さんは、初給料で買った安いグローブ(確か7000円ぐらい)を、現役時代はずっと使っていたそうです。

何度も修理に出していたそうです、メジャーに行っても日本に復帰しても、そのグローブを使って超一流の守備をしていました。

新庄剛のグローブ引用元:http://kichihair.exblog.jp/15807496

新庄剛さんいわく、このグローブは力を抜いても脱げ落ちないのだそうです。

新庄さんの一流の守備の極意を探る番組で本人が言っていたのですが、打球に素早く反応するには身体の力を極限まで抜くことがポイントなんだそうです、少しでも身体に余計な力が入っていると、一歩目の反応が遅れるのだそうです。

その時に新しいグローブだと手に力を入れて握っていないといけないのだそうです、馴染んだグローブだと手に意識を向ける必要がないので、極限まで脱力出来ると言っていました。

頭にグローブを乗せる新庄、稲葉、ひちょり引用元:http://livedoor.blogimg.jp/fightersmatome/imgs/6/5/651840e8.jpg

新庄さんの手の形に馴染んだグローブは、どんなに高級な革で作っても代わりにはなりません。

メジャー時代に新庄さんのグローブをはめようとする外人がいたそうで、文句をいって大ゲンカをしたことがあったそうです、大きな指が入って形が変わったらどうするんだ!ということです。

あなたの汗を吸って足に馴染んだ革靴も変え難いものだと思いませんか?革靴の皺はあなたの足に合わせて変化してくれます。

新城さんのグローブのように、あなたの革靴を愛してあげてください、見た目の皺の美しさを意識しすぎるあまりに、大切なものを見逃さないでください。

【スポンサーリンク】

まとめ

サイズが合っていない洋服の皺というのは不格好なものですが、きちんとサイズを合わせた洋服に出る皺は美しいものです。

何度もオーバーホールをしながら使い続けている腕時計の細かなキズも素敵なものです、新品にはない輝きが宿っています。

革靴の皺も同じだと思います。

きちんと手入れの行き届いた革靴の皺は美しいものです、愛情をかけられた革靴にはオーラがあります。

外国の靴磨き

ショーウインドーに飾ってある美しい革靴に愛着は湧きません、あなたの愛(汗や体温、靴磨き)が染みこまれて、初めて革靴に愛着がわくのではないでしょうか。

革靴の皺は革靴があなたへ寄り添おうとしてくれた結果です、とても愛おしいことではないでしょうか。

無理やり自分の理想とする形に押し込んでしまうのではなく、お互いに尊重し合って魅力を高めて欲しいと思います。

革靴の皺に愛着を。

【関連記事】
革靴の購入時のポイントと注意点!

洋服を馴染ませて着心地をよくする方法

靴磨きは100均で十分?検討しました


down

コメントする