男の着こなし.com

男性が匂いのケアをしなければならない本当の理由

女性が好きな男性の匂い

一般的に「女性が好きな男性の匂い」というとのは、「好きな男性の匂い」のことです。

嫌いな男性から好みの匂いが漂ってきたとしても、それを良い匂いだとは認識しません。

ここを勘違いしないでください、「女性が好きな男性の匂い」に特定の正解(香水)があるわけではありません。

オシャレな香水の瓶

逆に考えるとわかりやすいと思います。

好みの女性から漂ってくる汗の匂いはイヤな感じにはなりません、大好きな女性と抱き合っている時に感じる体臭に嫌悪感はありません。

一方で好きでもない異性や嫌いな人の匂いは気になるものです。

全く同じ匂いでも受け取る側の印象によって認識は変わります、匂いによる認識の違いは過去の記憶によって決まります。

昔は加齢臭が問題になることがありませんでした、多くの家庭に祖父母が同居しており、加齢臭を日常の匂いとして認識していました。

それが核家族化に伴い小さな頃に加齢臭を感じる機会が減ってきました、また反抗期や思春期に父親から加齢臭が発生してくると、それを不快な匂いと認識するようになります。

これはタバコの匂いでも同様です、単純に喫煙者が減少しているので、悪臭と認識する人が増えています。

【スポンサーリンク】

匂いによる情動

脳の中で嗅覚を司る部位は、記憶を司る部位である海馬に近いところにあります、嗅覚は他の視覚や味覚や聴覚よりも、記憶と連動しやすいという特徴があります。

懐かしい匂いを感じた途端に、過去の記憶、情動まで呼び起こされます。

学生時代に野球部のマネージャーだった女性は、憧れの先輩のユニフォームの汗臭い匂いが大好きな匂いと認識しているかも知れません。

可愛い野球部のマネージャー

父親が大好きなファザコンの女性は、父親と同じような加齢臭を発している男性を心地よいと認識します。

柔道部や剣道部に所属していた女性は、洗濯を怠って酸っぱい匂いを発している衣服に対して、一般の女性ほどマイナスの印象を抱くことはありません。

同じ匂いでも受け取る側の過去の経験(記憶)によって認識は変わります。

これは体臭に限った話ではありません、例えば神社仏閣には丈夫な杉や檜が使われていることが多く、そこに長い年月をかけて線香の煙やカビが付着して、特定の匂いを発するようになります。

神社の鳥居

神社やお寺が凄いところだと教わって育つと、その匂いに対する印象が記憶に残り、その後に初めて訪れた神社仏閣に対しても、凄いところだという認識を持つようになります。

真新しい神社からパワーを感じないのは、見た目の新しさだけではなく、匂いの違いも大きいと言われています、よくパワースポットに足を踏み入れた途端に雰囲気が変わるというのも嗅覚が大きく左右していると言われています。

同じような建材や石を使用して建てられると、同じような匂いを発するコケやカビが生えます、遠くから視覚で認識しているときは何も感じなくても、鳥居をくぐった瞬間に空気が変わったと感じるのは、匂いによる影響だと言われています。

これは神社仏閣のような建物だけではなく自然のスポットでも同様です、多くの方が森林ですがすがしい気持ちになるのは、空気が澄んでいることだけではなく、森林の匂いがそう認識させています。

森林の匂いが良いと感じるのは、そのような記憶があるからです、自分自身で心から気持ちが良いと感じた場合と、神社仏閣のように文化や教育によって心地よい匂いだと認識されたものがあります。

小さな子供をお寺に連れていっても何も感じません、子供は平気で罰当たりなことをしますが、影響力を持つ大人(親)と一緒にお参りに行き続けると、その内に凄いところだと認識するようになります。

小さなころから仏壇を拝む習慣のある家庭では、線香の匂いは良いものと認識されていますが、そうではない環境で育つとイヤな匂いと認識します、私はこちら側なので線香の匂いはむせてしまいます。

匂いによる認識は人それぞれです、国や文化や教育によって、ある程度の認識の共通点は見られますが、好みの人の匂いは教育されません、その人の過去の経験(出会ってきた人の匂い)によって好き嫌いが決定づけられます。

そして匂いは一瞬で過去のそれら記憶を呼び戻します。

あなたの匂いが、相手の過去の嫌いな人と同じような匂いだった場合、苦手な人と認識されてしまいます、それも無意識に一瞬で認識されてしまいます。

だからこそ女性にモテたい男性は匂いのケアをする必要があります、体臭は個性があるので完全なる一致にはなりませんが、匂いをごまかす製品や匂いケアを怠ることによる悪臭は一致する可能性があります。

出会ったばかりの女性に一瞬で嫌われない為に、余計な匂いを排除しておく必要があります。

女性が嫌いな男性の匂い

先ほど過去の記憶によっては、汗や加齢臭やタバコの匂いを好きな女性がいると紹介しましたが、これらはあくまでも少数派の意見です。

世の中の女性の多くは、元野球部の女子マネージャーではありませんし、ファザコンでもありません、女性が喫煙者の場合は男性の喫煙を気にしないということはありますが、積極的に喫煙者が好きという女性は少数派です。

女性が好きな男性の匂いを特定することはできませんが、多くの女性が嫌いな男性の匂いは、ある程度特定することができます

それが汗や加齢臭やタバコの匂いということです。

汗臭い男性

これらの匂いを発していても稀に気にならない女性がいますが、その女性自身が同じような匂いを発しているか、より強い匂いを発している可能性が高いです、喫煙者同士であれば気にならないようなことです。

多くの女性に嫌われない為にも、多くの女性が苦手な匂いを徹底的に避ける必要があります、好みの匂いは人それぞれですが、多くの女性が苦手な匂いを発していると、過去の苦手だった男性の記憶と一緒に呼び起こされて、出会った瞬間に選択肢から外されてしまいます。

これも逆から考えるとわかりやすいと思います、大嫌いになって別れた女性がタバコを吸っていた場合、その後に出会う女性がタバコを吸っているとマイナス評価になると思います。

その女性が大好きで付き合っていた頃は気にならなかった匂いでも、その後の経験で匂いに対する認識は変わります。

正しい匂いケアとは

男性が女性にモテるための正しい匂いケアというのは、香水などの特定の匂いを身につけることではなく、嫌われる可能性の高い匂いを排除するということです。

「女性が好きな男性の匂い」に正解がないので、不正解を徹底的に避けるということがポイントになります。

汗や加齢臭やタバコの他にも、ポマードの匂い、二日酔いのお酒の匂い、口臭、靴の匂い、衣服の匂いなど、強い匂いを発してしまうポイントはたくさんあります。

どれも匂いをごまかす方法があるのですが、それらに頼ってしまうと根本的な解決にはなりません、一時的にフリスクで口臭を抑えるのは構いませんが、だからといって歯磨きを怠っていると、虫歯やら歯周病で口臭は悪化していきます。

衣服に染みついた匂いも香りの強い柔軟剤でごまかすことができますが、その柔軟剤の香りで迷惑をかけることもあります、数年前に香りの強い柔軟剤のダウニーが流行していた頃は酷いものでした、電車で隣り合わせるとむせてしまうほどの強烈な匂いの方がいたほどです。

ダウニーの匂いが好きと認識している方にとってはいいのでしょうが、そうだと認識していない方にとって強い匂いは悪臭そのものです。

正しい匂いケアとは、なるべく匂いを発するモノを減らすことにあります、何かしらの香りでごまかすのではなく消臭を意識してください。

トイレ掃除をしないで芳香剤だけでごまかせるものではありません、複雑な匂いになるだけです。

落書きだらけの汚いトイレ

体臭ケアをするにしても、「○○の香り」を選ぶのではなく、無効タイプを選んでください、「○○の香り」に対して悪い印象と認識している女性がいるかも知れません。

ポマードやトニックの匂いは「おじさん臭い」と認識されやすいです、整髪料にも無効タイプがあるので、なるべく匂いが強くないタイプを選ぶ習慣を身につけてください。

無難、無臭、普通の凄さ

「女性が好きな男性の匂いのアンケート」などでは、体臭がランクインしているものですが、それはあくまでも「好きな男性の体臭」ということです、ここを間違えないでください。

加齢臭に惹かれる女性がいるように、「女性を惹きつける香水」の香りに惹きつけるられる女性がいないとは限りませんが、確率は物凄く低いので期待しないでください。

様々な香水

全ての女性が好感を持つ特定の匂いはありません、そこを目指すよりも多くの女性が嫌悪感を持つ匂いを避けることを目指してください。

それが男性の正しい匂いケアになります、なるべく余計な匂いを出さないように清潔を心がけてください。

男性の髪型やファッションでも清潔感が求めれらる理由も同様です、女性が好みの男性の髪型やファッションは千差万別ですが、女性が嫌いな男性の髪型やファッションに共通するのが不潔ということです。

当サイトでは奇抜な目立つファッションではなく、きちんとサイズの合わせた清潔感のあるファッションをすすめていますが、これは不特定多数の女性に嫌われない無難なファッションということでもあります。

物凄くイケメンだったり金持ちだったりすると、たくさんの女性が寄ってくるので、中には少数派の目立つファッションや個性的な匂いが好きな女性がいるかも知れません。

ですが、多くの男性がそうではないと思うので、多くの女性に嫌われない無難な髪型やファッションや匂いをおすすめします。

無難というと悪いイメージを持つ方も多いのですが、多くの一般男性が無難にすら到達していないので、無難を目指すことは立派な個性になります。

様々な選択肢の中から、圧倒的に好みの選択肢があれば選ぶことは難しくないですが、これといった好みがない同列レベルの選択肢が並んでいると、人は消去法で選択します。

同じような年収、同じような背格好、同じような容姿の男性が並んでいる場合、これといった好みがいない場合は、僅かに秀でた個性よりもマイナスの方に目がいきます、スキや粗を探すようになります。

この時に無難は非常に効果を発揮します、汚いスニーカー、姿勢の悪さ、食べ方の汚さ、匂いなどで消去されることになります、無難は実は強いのです、こだわりの少ない女性から選ばれる可能性が高くなります。

これは車で考えるとわかりやすいと思います、様々な個性的な車が販売されていますが、売れ筋の車は無難そのものです、多くの方が本当に好きな要素よりも消去法によって選んでいます、よほどのこだわりがない限り消去法で選ぶということです。

メッキの車

また「男のファッションは清潔感さえあればいい」という意見がありますが、それを信じ切っている男性は自分基準の清潔感で満足してしまうので、男性よりも清潔感のある多くの女性から見ると不潔に見えてしまうものです。

「自分基準の清潔感さえあればいい」ではなく、より積極的に無難な清潔感を目指している男性は、多くの女性の選択肢に入れてもらいやすくなります。

【スポンサーリンク】

まとめ 男性の匂いケアの重要性

理想は匂いケアなどせずに素のままの個性を主張して、その個性を好きな女性と出会えることですが、これはよほど女性との出会いが多いイケメンでなければ難しいと思います。

匂いケアを意識していない男性は、仮にその男性の体臭と相性の良い女性に出会えたとしても、口臭やタバコ臭などの悪臭に邪魔されて発展しない可能性が高くなります。

だからこそ匂いの強い要素を排除する必要があります、多くの女性に嫌われない程度の清潔感を身につけないことには、体臭を感じてもらう距離まで詰め寄ることができません。

バーで肩を寄せ合う男女

体臭は個性なので簡単に変えることはできませんが、多くの女性から嫌われる匂いは意識して排除することができます。

全く同じ体臭の人はいないので、あなたの素の体臭だけなら相手の女性の過去の記憶と抱き合わせて嫌われることはありません。

ただしタバコやお酒や汗や皮脂汚れなどの悪臭は、多くの体臭ケアを怠っている男性と共通の匂いになるので、過去の記憶を元に嫌われてしまいます、それはすごくもったいないことです。

脳は匂いを一瞬で判断します。

人生経験の少ない子供は加齢臭のおじさんでも平気です、加齢臭に対して良いも悪いもありません、その後におじさんに対してイヤな印象を持つようになると、加齢臭を持つおじさん全てに対してイヤな印象だと認識するようになります。

匂いに対する認識は文化や教育や遺伝子レベルのことなので、どうしようもありません。

だからこそ多くの女性が苦手だと認識している匂いを避ける必要があります、多くの女性の選択肢に入れてもらえるように努力してください。

女性の出会いが少ない男性ほど大切なことです、せっかく体臭の相性が抜群の女性と出会えても整髪料の匂い一つで避けられるかも知れません。

もう一度言います、脳は一瞬で匂いを判断します、出会った瞬間に苦手な匂いと認識されると発展することは難しくなります。

まずは女性に嫌われない為に無臭を心がけてください、香りの強いデオドラント商品や整髪料を避け、きちんと手入れされた衣服を身につけてください、デートの前には口臭に影響を与える食べ物を避けてください。

美味しそうな餃子

多くの男性が匂いのケアが不十分なので、無難で普通なだけのあなたを引き立ててくれます、横並びの男性が汗臭かったり香水がきつかったりするので、消去法で無臭が選ばれます。

突出した個性(イケメン)がないとモテないと思っている男性が多いのですが、無難な男性は多くの女性の選択肢に入り込めるので、それなりにモテることが可能です。

どんな食材でも美味しくする魔法の調味料などありません、食材の好みは人それぞれですが、なるべく食材の味を活かすために雑味の原因となる調理法や灰汁は排除するべきです。

料理を盛る器に汚れが残っていたり、洗剤の匂いが残っていると台無しです、食材の匂い(体臭)の好みは人それぞれですが、悪臭は万人に嫌われます。

腐りかけの食材を提供することがないように、きちんと自分の匂いケアを怠らないようにしてください。

パクチーの匂いは好みが分かれますが、腐った食材の匂いが好きな人はいません、稀にブルーチーズや加齢臭が好きな人もいますが、少数派に出会えるのは出会いの多いイケメンだけです。

素のあなたの匂いに対して心地よいと感じてくれる女性はきっといます、その女性と出会う為にも余計な匂いは排除しておきましょう。

女性の多くは男性よりも体臭に敏感です、日頃から匂いケアを怠っていません、一方で多くの男性が怠っています、そして間違った匂いケア(ごまかす)をしています。

無難な無臭を目指すだけで、周りの男性と比べて圧倒的に有利になるので頑張ってほしいと思います。

大変長い記事になりました、最後まで読んで頂きありがとうございます。


down

コメントする