男の着こなし.com

目つきが悪い男性を治す方法!手っ取り早いのはメガネ

女性は目つきのプロ

日頃からメイクをしている女性にとって、一番重要なメイクのポイントは目の周辺です。目を魅力的にする為にメイクをしていると言っても過言ではありません。

ここを極めれば顔の印象を大きく変えられます。

WS000001 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=y04UgEujRuY

目の周りを縁取って大きく見えるようにしたり、目じりを下げたり、まつ毛で大きく見せたりと、女性は涙ぐましい努力をしています。

一方で男性はメイクをしないので簡単に目の印象を変えることは出来ません。

だからこそ表情や髪型が大切だと前回の記事で紹介したのですが、男性でも外部から目つきの悪さを直す方法が存在します。

そうです、メガネです。いわゆる伊逹メガネという選択肢があります。

【スポンサーリンク】

伊達メガネの芸能人

芸能人の中にはメガネを上手に使ってキャラクター設定をしているケースがあります。メガネのレンズが入っていないことを公表している方も多いです。

容姿にこれといった特徴がない場合、髪型やメガネでアクセントにするわけです。

これが芸人さんの場合だと、極端な色や形のフレームのメガネということになるのですが、一般男性でも伊達メガネで目の印象を変えることは難しくありません。

もちろん視力が悪くてメガネをかけている男性も同じです。寄り目の方や目が小さい方もメガネの形によって印象を大きく変えることが出来ます。

芸人の宮川大輔さんは特徴的な黒縁メガネをかけていますが、メガネを取るとまるで別人になります。

WS000000 引用元:http://laughy.jp/1406804106845118744

キャイーンの天野くんも小さい目を、上手くメガネで印象を変えています。

WS000004 引用元:http://ameblo.jp/amablo2010/

三四郎の小宮さんは目つきが悪いからメガネをかけろ、とアドバイスをされてかけているそうです。

WS000003引用元:http://topicks.jp/17097

誰でもサングラスをかければ怖い印象になるように、メガネはフレームの形や大きさによって顔の印象を変えることが出来ます。

黙っていると怖い印象になってしまう男性は、伊逹メガネという選択肢があることを覚えておいてください。

営業や接客業などで怖い印象を与えてしまうとマイナスになります。仕事中だけでも柔らかい印象になる伊逹メガネをかけるというのは、立派な一つの選択肢だと思います。

似合うメガネの見つけ方

「怖い目つき」の男性が柔らかい印象になる為にメガネを購入する場合のポイントは、自分で選ばないことです。理想は恋人や女性に選んでもらうことです。

それが無理であればメガネ屋さんの女性店員を捕まえてください。「目つきが悪いので柔らかい印象になるメガネが欲しい」と伝えると、親身になって選んでくれます。

自分で自分に似合うメガネを選ぶことは簡単ではありません。それに自分で選ぶと鏡で真正面から見た印象でしか判断できません。

あらゆる方向から判断できる異性に、客観的な判断をしてもらったほうが似合う確率は高くなります。

眼鏡選び引用元:https://www.washin-optical.co.jp/shop/ladies

自分の好きなメガネを選ぶことよりも、異性に選んでもらった方が異性に好みに近づきます。女性を美しくするカリスマ美容師の多くが男性であるように、異性に好かれる髪型やファッションは、異性に選んでもらった方が良いわけです。

もちろんメガネを使用する環境などを伝え、あまりにも職場に相応しくないカジュアルなデザインは避けるべきですが、そもそも女性はバランス感覚に優れているので、突飛なデザインは選んでこないと思います。

童顔の人は「大人っぽくみえるメガネ」などポイントを伝えて選んでもらってください。メガネ屋さんの女性店員を捕まえやすい時間帯を狙っていきましょう。

この女性店員に選んでもらうテクニックは本当に有効です。私も実感したことがあります。

あるメガネ屋さんでは、三本購入するとお得な価格になるということで、二本を自分で選び、もう一本を決めかねていたところ、女性店員さんが声をかけてくれて、彼女に選んでもらいました。

決して私が選ばないタイプのメガネを、次から次へと何本もかけさせられ、いくつかに絞った後、さらにほぼ同じようなデザインのメガネを何度もかけさせられ、「これが一番バランスが良かったです」と言われたメガネを購入しました。

正直、全然お気に入りではなかったのですが、そのメガネをして職場にいくと好評で驚きました。自分で選んだメガネの時は誰一人気づいてくれませんでしたが、女性店員に選んでもらったメガネは、取引先の男性にまで褒められて驚きました。

それからは、そのメガネばかりを使用しています。

それからしばらくしてメンテナンスでそのメガネ屋さんに行き、選んでくれた女性店員さんにお礼を告げると、とても喜んでくれました。

その女性店員さんが言うには、全く似合っていないメガネを選ばれるお客さんが凄く多いのだそうです。だからと言って店員さんが「似合っていませんよ」とは言えないので、お客さんから頼られるのはとても嬉しいのだそうです。

また同じようなメガネのデザインでも、フレームの太さや色やレンズの大きさなど僅かに違うのだそうです。顔の大きさや骨格や目の位置に合わせてベストなメガネを選ぶ為に、似たようなデザインの眼鏡を色々試す必要があるのだそうです。

これを自分で判断するのは難しいと思います。

きっとこれは洋服屋さんや美容師さんも同じだと思います。お客さんの希望が、必ずしもお客さんに似合う洋服や髪型とは限りません。むしろ外れていることも多いと思います。

店員さんに全てお願いしてしまうと高いモノをすすめられると思うかも知れませんが、必ずしもそうとは限りません。そんな噂がたてばお店にとってもマイナスです。

本気で似合う洋服や髪型やメガネを選んでくれると信じることがポイントです。こちらの本気度が伝われば、店員さんも真剣に選んでくれます。どうしtめお不安な方は予算を先に告げておきましょう。

【スポンサーリンク】

まとめ 目つきは周囲

人の眼球そのものに差はほとんどありません。赤ちゃんの眼球も成人の眼球も黒めの大きさは変わらないそうです。顔の小さい赤ちゃんは相対的に目が大きく見えるので可愛く見えるわけです。

「目つきが怖い」「目つきが悪い」と感じる理由も、目そのものの違いではなく、目の周辺の状況によって印象が左右します。

それが表情だったり、髪型だったり、姿勢だったり、身だしなみだったりするわけです。

落ち込んで体育座りの男性

このような落ち込んでいる姿勢の男性に目力があるとは考えられません。目力とは周辺の状況で決まります。

その一つとして、手っ取り早く目の印象を変えられるアイテムがメガネということです。ただし間違えて選ぶと印象が悪化する可能性もあります。

洋服選びも髪型もメガネ選びも自分の基準だけに偏らないようにしてください。そもそも今まで自分の基準で選んでいたから上手くいっていなかったのかも知れません。

上手にその道のプロに頼ると言いと思います。薄毛が気になる私の髪型を理容師さんに相談すると、見事にバランスよく整えてくれました。

参考薄毛は隠すと目立つ!?

自分勝手な思い込みを捨てて、プロのアドバイスを受け入れる勇気をもってください。自分の事は自分が一番わかっていると思いがちですが、自分の姿は鏡で反転した正面姿ぐらししか知らないものです。

そして「目つきの悪さ」もメガネのデザインで大きく変わります。

甘いマスクの俳優がクールな役を演じる時に、細いメタルフレームのメガネをかけたりするものです。一般男性が童顔を補う為にクールなメガネをかけるのはいいですが、適当に選んで「冷たい印象」や「怖い目つき」になっていたら大損です。

「目つきの悪さ」が気になる男性は、メガネ屋さんが暇そうな時間を狙って、女性店員を捕まえて相談してください。

あなたの好みを伝えるのではなく、使用する環境やイメージを伝えることがポイントです。

前へ:目つきが怖いと目つきが鋭いは紙一重!ちょっとした工夫で変化を!
mae iti ni iro tugi iro
2ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA