男の着こなし.com

新品の洋服は洗濯が必要!?ケースバイケースです

新品の洋服は清潔!?

先日、知人男性の洋服選びに付き合うことになり、黒のインナーを購入することになったのですが、その新しく購入した洋服を洗濯してから着るようにとアドバイスをすると、すごく驚かれました。

彼は新品の洋服を洗濯したことが一度もないのだそうです。

干してある白い肌着

全ての新品の洋服に洗濯が必要だとは言いませんが、必ずしも清潔に洋服が管理されているとは限りません。

そこで今回は新品の洋服を洗濯するべき理由と見極め方を紹介します。

【スポンサーリンク】

洗濯するべき理由

新品の洋服を洗濯するべき理由はいくつかあるのですが、一番は単純に清潔である可能性が低いからです。

様々な方が手に取っているかも知れません。店員さんが綺麗に洋服をたたみ直しているのは誰もが見たことがあると思います。

男性であればわかると思いますが、世の中の男性の一部(大半?)はトイレの後に手を洗いません。清潔な手とは言えないでしょう。

さらに洋服の縫製工場で、たくさんの作業員の方の手にも触れています。

洋服をチェックする女性

また新品の洋服が完成してからスムーズに店頭に並ぶとは限りません。倉庫のダンボールの中で何カ月も埋もれていることは珍しくありません。特にセール品はそのような傾向がります。

この間にダニやカビの影響を受けてしまうこともありますし、そのようなことを防止する為に、強力な防虫剤を入れられていることもあります。

 

新品の洋服=清潔、とは限りません。

 

また誰かが試着をしている可能性もあります。私はTシャツでも店員さんに確認をとってから試着をさせてもらいます(直接地肌ではなく肌着の上に試着)。

新品の洋服でも様々な汚れがつく機会があることを意識してほしいと思います。これらをイメージできると新品の洋服の洗濯をする理由が理解できると思います。

洗濯する必要がない洋服

一方で新品の洋服でも洗濯をしない方が良い洋服があります。

それは主にアウターです。試着時に直接肌に触れることが少ない洋服です。

型崩れがしやすい洋服も同様です。ジャケットやコートなどは自宅で洗濯をするべきではありません。

スーツが似合う外人

また高級天然生地も扱いが難しいので、自宅の洗濯は向いていません。カシミヤのセーターをイメージするとわかりやすいと思います。

また最近はTシャツや下着が小分けのパッケージに封入されているケースもあります。そのような梱包方法であれば、誰かの皮脂汚れが付着するリスクは少なくなります。

緊急時や旅行先で新品の洋服を購入して着る場合は、そのような小分けに梱包された洋服がおすすめです。

無頓着のリスク

新品の洋服を洗濯しない方というのは、そもそも試着をしない方が多いようです。

もしサイズが合わなかった時に返品できるように、洗濯をしない方が良いと考えます。

購入前にきちんと試着をして選んでいる方は、このような思考にはなりません。生地の素材によっては洗濯後の縮み具合も想像して、鏡の前で洋服のサイズをしっかりと確認します。

参考ファッションセンスのない男の家には鏡がない?

また試着をすることが当然だと思っているので、他の方の皮脂汚れが付着していることも容易にイメージできます。

WS000004

新品の洋服を洗濯する必要がないと言っている方は、洋服に対して無頓着だと言っているようなものです。

【スポンサーリンク】

まとめ 馴染ませる為の洗濯

新品の洋服を購入するときは、きちんと試着をしてサイズを確認して選んでください。もし通販で購入する場合は返品や交換が可能なところを選んでください。

そして購入後の新品の洋服は、なるべく洗濯をしてほしいと思います。特に直接肌に触れるインナーは洗濯してください。

洗濯をする男性

ちなみにアレルギー体質の方は、綿を育てる時の農薬の成分の影響を受けることがあります。

そのような方向けに、オーガニックコットン(無農薬で育てられた綿)の生地もあります。赤ちゃん向けの洋服にも採用されることがあります。

肌が弱くない方は気にしなくてもいいのかも知れませんが、なるべくなら影響を少なくしたほうが良いと思います。

一度の洗濯で農薬の成分を全て落とせるわけではありませんが、防虫剤や糊の影響を少なくする為にも、直接肌に触れる洋服は着用する前に洗濯をしてほしいと思います。

 

「洋服が身体に馴染む」ということは、身体の可動部(関節)に合わせてシワが刻まれていくことで、その箇所の生地が柔らかくなって着心地がよくなっていきます。

その人の姿勢や動作のクセに合わせて、生地が少しずつ馴染んでいきます。

ジーパンでイメージするとわかりやすいのですが、ジーパンは洗濯をしない方が少なくありません。

新品のジーパンを長年履き続けて、自分の足に合わせてシワが刻まれ、色褪せ、ほころびができて馴染んできた頃に、洗濯をして縮んでしまって台無しになることがあります。

干されているジーパン

伸縮性のなさそうな生地でも、徐々に伸ばされてクセがついていくものです。

洋服が最も縮みやすいのが初めての洗濯時です。このクセの位置がずれてしまう可能性が高くなるということです。

生地の縮みは、洗濯時の水温や脱水や干し方や乾燥のさせ方にも影響を受けるのですが、クセの影響を受けていない新品時であれば、バランスよく縮むことになります。

新品の洋服をあらかじめ縮ませることで、より洋服はあなたの身体に合わせて馴染んでくれるものです。

よく動く箇所の生地の繊維が柔らかくなり、あまり動かない箇所の生地はハリをキープしてくれます。

着心地だけを考えれば全体を揉みほぐせばいいのですが、それだと洋服はヨレヨレになってしまいます。

洋服はきちんとメンテナンスをしてあげることで、見た目も着心地もよくなってくれるものです。

新品の洋服に対して愛情をもって接してあげてください。より長くあなたを魅力的に魅せてくれると思います。

【関連記事】
洋服の毛玉は取ってはいけない!?

クローゼットの掃除を見落とすな!

洗濯物を裏返すことのメリットが凄い


down

コメントする