男の着こなし.com

男性も乳首の位置が下がる!?女性の対策を調べるとそこに答えが!

男性も乳首が垂れる・・・

先日、あるテレビ番組でガリガリの体型が売りのお笑い芸人、アンガールズの田中さんが出演していました。

アンガールズ田中 引用元:http://girlschannel.net/topics/402515/

番組の企画でムキムキ芸人の「なかやまきんに君」と、ガリガリのアンガールズの田中さんが上半身裸で並ぶ展開になりまして、その時の二人の乳首の位置の違いに衝撃を受けました。

(そのときの画像がありました⇒きんに君と田中

アンガールズの田中さんの身長は187センチ、「なかやまきんに君」の身長は177センチと、10センチもの差がありながら、ほぼ乳首の位置は同じ高さで衝撃でした。

やはり男性の乳首も油断すると下がってくるのだと思います。

男性でも中年太りで女性のおっぱいのように垂れ下がるのであれば分かりやすいのですが、アンガールズの田中さんのようにガリガリでも乳首の位置があそこまで下がるとは本当に衝撃的でした。

そこで今回は男性の乳首が下がる原因と対策について紹介sいます。

【スポンサーリンク】

王道は大胸筋

乳首の位置を上げる方法について調べてみると、やはり女性向けの情報ばかりなのですが、胸の筋肉(大胸筋)を鍛えることが効果的という情報が多く見受けられました。

女性の合唱

大胸筋が見た目にもわかるぐらい大きく盛り上がるまでトレーニングをするのは大変なのことですが、男性は軽い大胸筋のトレーニングでも筋肉が刺激されて引き締まり、乳首の位置を引き上げる効果はあると思います。

この辺は女性よりもずっと有利なはずです。

そして日常の姿勢も凄く重要なポイントになります、猫背の人はどんどん胸が垂れていく傾向にあるそうです、前かがみでいる時間が長いと、胸の周りの皮膚がたるんでしまいます。

猫背の女性

引用元:http://catback4h.com/beginner.html

女性用のバストアップのグッズには、姿勢を強制させる下着も多くみられました、猫背は見た目の悪さだけではなく、胸の皮膚のたるみを引き起こります、だからこそ男性の乳首の位置も下がるわけです。

さらに猫背で肩の位置が上がって首が沈んでいれば、視覚的効果でも乳首の位置が下がって見えます、正しい姿勢で肩の位置が下がれば、相対的に乳首の見た目の位置も上がることになります。

猫背によって乳首の位置が下がる原因になるだけではなく、視覚的効果もあって下がったように見えるということです。

ただし男性は女性と違っておっぱいの重量は関係ないので、軽い筋トレでも効果が期待できると思います。

参考プッシュアップバーが効果的

軽い大胸筋のトレーニングと姿勢を意識することが、男性の乳首の位置を上げるポイントになります。

胸鎖乳突筋という筋肉

女性の場合は本当に対策が大変そうで、胸の筋肉の他に首の筋肉を鍛える方法も紹介されていました。

「胸鎖乳突筋」という首すじの筋肉を鍛えると、張りのあるバストアップにつながるのだそうです。

WS000001 引用元:http://okiteru.ti-da.net/e2244374.html

胸鎖乳突筋を本格的に太く鍛えるのは凄く大変なトレーニングが必要なのですが、ちょっとした刺激を与えるだけでも、普段あまり意識して使わない筋肉なので引き締まる効果が期待出来ます。

これは表情筋を鍛えるトレーニングでもあるのですが、口を横に開きながら「イーッ」っと大きく開くと、胸鎖乳突筋が縮んで胸が引き上げられる感覚がわかると思います。

この「イーッ」で力の入れ方を色々試してください、鎖骨周辺の筋肉が刺激されて胸が上がるポイントを探くってください、このトレーニングは二重あごをスッキリさせたり、リンパの流れを良くする効果も期待できます。

ただし胸鎖乳突筋は普段あまり意識して使わない筋肉なので、初めて行う方はあまり追い込まないでください、ほどほどに動かして慣らしていきましょう。

この「イーッ」とするトレーニングで、首が太くなるほど鍛えられることはありませんが、筋肉を刺激して引き締める効果はあります、普段使っていない筋肉がほぐれて正しい位置に収まれば、その周りの皮膚も正しい位置に収まることになります。

【スポンサーリンク】

まとめ

男性も筋力が衰えてくると、皮膚が重力に耐えきれなくなりたるんできます、若い時は肌にハリや弾力があるものですが、加齢に伴って衰えてしまいます。

やはり適度に体を鍛えることは、健康の為だけではなく見た目の印象にも大きく影響を与えるものです。

乳首の位置が下がっていると感じる男性は、大胸筋と胸鎖乳突筋を刺激してください、大きく筋肉を発達させなくても刺激を与えるだけで引き締まる効果はあります。

女性のおっぱいを垂れさせない対策は本当に大変そうでした、寝るとき専用のブラジャーなど涙ぐましい努力をしています。

ダンベルを持つ女性

女性から比べれば男性にはおっぱいという邪魔者はいません、筋肉の発達しやすさという意味でも圧倒的に有利です、逆に言えば男性の乳首の位置が下がっているということは相当だらけている証拠かもしれません。

極端なマッチョを目指す必要はありませんが、たるんだ皮膚を支える程度の全身の筋力は、健康の為にも維持していたいものです。

洋服をカッコよく着こなすためにも、姿勢と筋トレを頑張りましょう!

【関連記事】
自宅で効率よく大胸筋を鍛える方法

簡単な表情筋のトレーニング方法!

正しい姿勢がわからない人へ


down

コメントする




CAPTCHA