男の着こなし.com

おぎやはぎのファッションセンスに脱帽!おしゃれの見本

おぎやはぎのセンス

あるテレビ番組でお笑い芸人の「おぎやはぎ」さんが漫才を披露していました。

お笑い芸人の中でも「おぎやはぎ」さんのファッションがオシャレなのは有名です、様々なところでファッションが絶賛されているのですが、私が今回驚いたのはスーツ姿の「おぎやはぎ」さんでした。

元々も「おぎやはぎ」のお二人のファッションは清潔感があり、いわゆる若者がよくやる着崩したファッションではありません、カジュアルな格好でも品のある着こなしをしています。

その番組では、あらゆる漫才コンテストなどのチャンピオンばかりを集めた豪華な構成で、売れっ子芸人達がたくさん出演していました。

一部コントもあったのですが、ほとんどのコンビが漫才だったということもあり、多くの方がスーツを着用してネタを披露していました、その中でも「おぎやはぎ」さんのスーツの着こなしがダントツでオシャレでした。

完璧なオーダーメードのスーツでした。

他の芸人さんもオーダーメードのスーツを着用している方がいましたが、まるでレベルが違いました。

一般的にスーツやジャケットの袖口からシャツの袖が1.5センチぐらい出ているのが良いとされているのですが、「おぎやはぎ」さんのスーツだけは漫才の掛け合いがある中でもシャツの袖がキープされていました。

おぎやはぎの漫才 引用元:http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-69839.html

そんなに激しい動きをする漫才ではないのですが、それなりに身振り手振りはするわけです、それでもずっとキープしていて驚きました、スーツもシャツも物凄くいい仕立てなんだと思います。

だからと言って、これ見よがしな下品な光沢があるスーツではありません、とてもスマートです。

写真の右側の矢作さんはスリーピースのスーツでジャケットのボタンを全て外していました、もちろんベストの一番下のボタンも外しています。

他の出演者の中にもスリーピースのスーツの方がいましたが、きちんとベストの下のボタンをはずしていたのは矢作さんだけです、この辺も流石でした。

ベストのボタンの留め方引用元:http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-69839.html

一方で左側の小木さんのスーツはオーソドックスな二つボタンです、ただしシャツの襟がラウンドカラーという丸みを帯びた形のものでした。

しかも襟の開きがワイドカラーなので、よく見たら気がつくようなことです、これも絶妙なバランスだと感じました。

丸みを帯びたシャツの襟がワイドカラーなので、ある程度ジャケットにラペルの中に隠れています、これが鋭角的な角度の襟だとラウンドカラーの丸みが目立ちすぎてしまいます。

小木のラウンドカラーシャツ引用元:http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-69839.html

このような目立ち過ぎないオシャレのバランスがお二人とも見事でした、他の芸人は晴れ舞台ということもあり、意味もなく目立ちすぎるスーツを選んでいる方がいました。

しかも、さらに驚いたことに、二人とも腕時計をしていません。

「おぎやはぎ」さんは某有名番組の企画で高級腕時計を購入しており、自慢したくなるような有名ブランドの超高級腕時計を持っているのにも関わらず、あえて漫才では身につけていません。

おそらく漫才に真剣に向き合っているからだと思います、目立つ高級腕時計があると視線が持っていかれることがあります、無意味に目立たせても漫才の邪魔になるだけです。

本当に見事なスーツの着こなしでした、ファッションの足し算、引き算が調和されていました。

メガネのフレームもカジュアル格好の時と違い、落ち着いた雰囲気のモノを選んでいます。

私のような変態は見事なファッションセンスに目が奪われてしまい、「おぎやはぎ」さんのネタがあまり入ってきませんでしたが、多くの一般の方にとっては漫才のネタを邪魔しない最高のスーツ姿だったと思います。

【スポンサーリンク】

衣装としてスーツ

「ゲッツ」というギャクで有名なダンディ坂野さんの黄色いスーツのように、トレードマークになる衣装としてスーツを利用する方法もあります。

cowcowの多田さんの伊勢丹の紙袋柄のスーツなどもそうです、このようなスーツの利用方法も芸人さんならではで素敵だと思います。

COWCOWのスーツ引用元:http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-69839.html

一方で漫才のネタやキャラと関係なく、中途半端なオシャレをしてしまってダサいスーツ姿になる芸人さんも多いです、足し算のし過ぎで悪い意味で目立ってしまう方がいます。

本人たちの考えなのかスタイリストの暴走なのかはわかりませんが、スーツに余計なことをし過ぎると漫才のネタがぶれてしまうことがあります。

特に最近多いのが、ジャケットの胸ポケットの目立つチーフです。

例えば狩野英孝さんやノンスタイルの井上さんのように、キザなキャラを演じるのであれば派手なポケットチーフは武器になります。

WS000000引用元:http://plaza.rakuten.co.jp/elle0728/diary/200805170001/

奇抜なキャラ設定なので奇抜なポケットチーフは演出の一つとしてバランスも取れるのですが、そのようなキャラの設定がない方が、無意味に目立つ色のチーフや挿し方をしていることがあります。

「おぎやはぎ」さんのスーツのポケットチーフのように、控えめな色でさり気なく挿してあればオシャレなのですが、主張するようなチーフや装飾品は無粋になります、これはサラリーマンのスーツ姿でも同様です。

残念ながら私の大好きな漫才コンビの爆笑問題が一時そうでした、無駄にギラギラとカフリンクスやラペルチェーンを付けていた時期があります。

WS000000引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/rapporto1974/62737525.html

おそらく売れっ子芸人になって予算があるからと、バカなスタイリストが暴走したのだと思います。

爆笑問題のお二人に全く似合っていませんでした、時事ネタを切る爆笑問題が嫌味のある金持ち側の見た目になってしまうと、庶民側の意見ではなくなってしまいます。

消費税増税にかみつく漫才のネタで、成金丸出しのファッションアイテムを身につけていては説得力がありません。

流石に最近は少なくなりましたが、一時は本当に残念な着こなしをしていました。

(爆笑問題のことを悪く言ってすいません、あの、一応太田さんの本をほとんど読んでいますし、ネタも大好きでラジオも聴いています、過去にはがきを送ったこともあります、だからこそファッションにそれほど興味がない太田さんが、無駄に着飾されているのがイヤでした)

漫才師のスーツ

漫才で演じる設定のキャラが常識人なのに、奇抜なスーツを着ていると設定がブレてしまいます、金持ちの設定でもないのに、これ見よがしな金ピカの高級腕時計をしていると違和感が出てしまいます。

「おぎやはぎ」さんと同じ番組に出演していた、博多華丸大吉の華丸さんのスーツも漫才の衣装として見事でした。

博多華丸大吉のスーツ(大吉さんはベストがブカブカで気になりました、急に痩せたのかも・・・)
引用元:http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-69839.html

漫才のネタの中に出てくる博多華丸さんのキャラが工務店のおじさんという設定でして、それっぽく見えるように少し型遅れのシルエットのスーツでした。

しかもそのおじさんのキャラに入った瞬間に、すかさずジャケットのボタンを外してだらしなさを演出したのも見事でした。

博多華丸大吉の演技引用元:http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-69839.html

最初に漫才を見た時は分厚い腕時計が目立っていて気になったのですが、その後の工務店の設定のネタで時計を見るシーンが三度もあり、あえて目立たせる意味に納得させられました。

「おぎやはぎ」や「博多華丸大吉」のように漫才に真剣に向き合っている方は、衣装のスーツや腕時計にも手を抜いていません、真剣に漫才が活かされるスーツを選んでいるのだと思います。

ファッションセンスとオシャレの違い

ファッションセンスが良いのとオシャレなのは少し違います、オシャレでもファッションセンスが悪い方は珍しくありません。

オシャレに見せようと張り切り過ぎると、似合わない流行まで取り入れてしまいます。

どんどん足し算のファッションをしてしまうと残念な着こなしになってしまいます、結果的に流行のファションなのにダサく見えてしまいます、これはファッションセンスが悪いということです。

特に女性に「わたし、お洒落でしょ~」という主張の強い着こなしの方がいます。

それを見事に利用して役作りしているのが、同じ番組に出演していた柳原可奈子さんでした。

柳原可奈子のネタ引用元:http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-69839.html

オシャレ自慢の女性の典型ファッションでした、個性的な主張の強いファッションアイテムが多過ぎてごちゃごちゃとしてしまいます、それをねらって演出している柳原可奈子さんは見事でした。

ファッションセンスがある人というのは、自分に似合う物だけを取り入れるわけです、全ての流行を追うことはありません、そして何かを足した後はバランスを取るように引き算をします。

そこを理解している「おぎやはぎ」さんは何を着てもカッコいいのだと思います、柳原可奈子さんもバランスを理解しているので、ネタとして過剰を演出することができます、おそらくプライベートでは凄くオシャレだと思います。

「おぎやはぎ」さんはカジュアルな格好もジャケパンスタイルも本当におしゃれです、だからこそ他の芸人さんと同じスーツでも、別格な着こなしが出来るのではないでしょうか。

オシャレに見せようとして高級腕時計や高級生地などに頼るのが足し算です、一方で「おぎやはぎ」は押し出しの強い光沢のある生地や装飾品よりも、顔色や体型に似合うものを選んでいます、足し過ぎていません。

この足し算、引き算のバランスがわかれば、カジュアルでもフォーマルでも間違えることはありません。

バランスの重要性

これは料理でも同じだと思います、高級食材ばかりを詰め込めば美味しくなるわけではありません、その食材の味を引き出すために、あえて薄味にすることも大切です。

そのような本質がわかっている料理人であれば、初めての食材を試す場面でも失敗はしません、足し算引き算でバランスを取ることができます

一つ足し算で思い出しました。

数年前に私が住宅の購入を考えていた頃、様々なメーカーのモデルハウスを見て回っていたのですが、この足し算のし過ぎな住宅が多くて驚きました。

モデルハウスは各住宅メーカーが実力をアピールするために、あらゆる装備が豪華に詰め込まれていました。

天井の扇風機(?)やロフト、さらに天井から階段が降りてきて屋根裏に入れたり、物干し竿が天井から降りて来たり、壁から収納スペースが現れたり、とにかくあらゆるアイディアが一杯でした。

階段

そのような装備を多く詰め込んでいるのがモデルハウスです、家の価格が2000万円だとしても、そこにある装備を全部入れると4000万円を超えていました、これも足し算のし過ぎです。

新車を購入する時も似ています、オプション装備をごちゃごちゃ入れすぎてダサくなっている車を見かけることがあります。

中には静かで乗り心地のよい高級車をわざわざ改造して、車高を下げて薄っぺらいタイヤをつけてバランスがめちゃくちゃになっているケースもあります、そこにうるさいマフラーまで付けて元の良さが台無しになっているこもあります。

ファッションに限った話ではありませんが、足し算だけではなく、引き算でバランスを取ることはとても重要です、何でもかんでも詰め込み過ぎると、極端な話ですがゴミ屋敷のようなことになります。

【スポンサーリンク】

まとめ センスとはバランス

「おぎやはぎ」さんのファッションセンスがいいのは、足し算と引き算が絶妙だからだと思います、このバランス感覚があるので奇抜な眼鏡でも上手に取り入れることが出来るのではないでしょうか。

また漫才のネタにもバランス感覚の凄さが表れています、詰め込みすぎないように引き算をしているのが伝わってきます。

一流のお笑い芸人はあらゆるバランス感覚が優れているのではないでしょうか、王道、普通をしっかりと見極められる眼力があるからこそ、そこからずれた「笑える程度の奇抜」なことが出来るだと思います。

ただ目立つだけなら何でもありです、裸にネクタイやブラジャーを付けるとか簡単です。

ある意味、お笑い芸人さんは、誰よりも常識力、バランス感覚が求められているのかも知れません。

「おぎやはぎ」さんのスーツの着こなしから様々なことを学ばさせていただきました。

【関連記事】
バカリズムの衣装のバランス感覚

アズマックスの品のいい着こなし!

ファッションセンスのない男の特徴


コメント

  • おぎやはぎってカジュアルなファッションのセンスが良いって思っていたけどスーツも見る人が見ればいいんだね、というかスーツの良しあしなんてわからなかったよ、おぎやはぎは流石ですね

    by なにか。 €2016年4月6日 21:23

down

コメントする