男の着こなし.com

男の顔のたるみは実年齢より老けて見えさせます

大人の雰囲気と老けは別物

一般的に年相応や落ち着いた雰囲気という言葉は褒め言葉になりますが、実年齢よりも上に見られるのは単純に「老け」に当たります。

その「老け」の代表格は白髪や薄毛だったりするのですが、それ以外にも老けを感じさせるポイントがあります、それは顔の皮膚のたるみです。

顔を抑える男性

渋さの光るベテラン俳優さんは、白髪はあっても顔の皮膚はたるんでいないことが多いです、おそらく役者さんの表情豊かな演技には、顔の筋肉、表情筋を上手に動かす必要があるからではないでしょうか。

役者さんは仕事柄、表情豊かに顔の筋肉を意識して動かすので、自然と表情筋のトレーニングになっているのだと思います。

あるストイックな役者さんは、実年齢より上の配役を演じるにあたって、あえて顔を老けさせるために、撮影前から日常会話を徹底的に減らして表情を硬くするとおっしゃっていました。

それぐらい顔の皮膚のたるみは見た目年齢を左右します。

【スポンサーリンク】

たるみは覇気を感じない

顔の皮膚がたるんでくると、やる気がないように見えてしまいます、そして顔の筋肉、表情筋が硬くなっていると、日常で会釈をしたときなどの印象も硬く、引きつったような笑顔になってしまいます。

引きつった笑顔

ぶっきらぼうと言われやすい人は、顔の筋肉が固まっている可能性があります。

いつも笑顔をキープしていろということではなく、普段は真顔でも笑顔の時は全力でとびっきりの笑顔を出来たほうが、周りからも信頼され、女性からも好感をもたれることになります。

ムスっとした顔で「すいません」と言うのと、パッと明るい表情で「どうもありがとう」と言うのでは印象は全然違います。

ぶっきらぼうな渋い男性がタイプの女性もいますが、そういう女性は自分にだけは笑顔を見せてくれることに魅力を感じるので、やはりその時にとびっきりの笑顔があるほうがいいわけです。

強面の男性がモテるのも同じ理由です、私にだけとびっきりの笑顔を見せてくれるという落差に女性は魅力を感じます。

なので終始ぶっきらぼうな表情がいいのではありませんん、それを渋さと勘違いしないでください、たまにそういう男性を見かけます。

それは男らしさとも違います、不愛想と渋さを混同しないでください。

表情の幅、落差があるほど魅力的にうつります、これは女性に限らず周りに安心感を与えることにもなります。

次は具体的な表情筋トレーニングについて紹介します。

次は:中年男性こそ表情筋トレーニングを!手っ取り早く効果が出ます
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示


down

コメントする