男の着こなし.com

所有しているズボンの形の違いを理解しよう

ズボンの種類

あなたが所有しているズボンを思い浮かべてください、ジーパンは大抵の男性が所有していると思います。

ズボンの種類を大きく分けますと、折り目がついているモノと、そうではないモノがあります。

スーツのズボンには折り目がついています。

スーツのズボン

折り目がついていないズボンはジーパンやチノパンといったところでしょうか。

ジーパン

基本的に折り目がないズボンはカジュアルです、それが悪いという意味ではありませんが、違いがあることを理解しておいてください。

【スポンサーリンク】

ズボンのタック(プリーツ)

他にズボンの形の主な特徴として、タック(折り目)の数があります

折り目が上まであるのがワンタック、横にもう一つ折り目を入れているのがツータック、そして折り目が腰までないのがノータックとなります。

【ツータック】
ツータックのズボン【ワンタック】
ワンタックのズボン
【ノータック】
ノータックのズボン 引用元:http://www.aoki-style.com/

タックが少ないほどスマートな印象になります、逆にツータックはお腹周りがゆったりとしています、どれが正解というよりも、あなたの体型やジャケットとのバランスが重要になってきます。

これがジーパンのようなカジュアルなズボンだとタックがないので、お腹が出ている場合は大きなサイズのジーパンを選ぶことになります。

タックを増やすだけならお腹周りだけに余裕を持たせることが出来るのですが、タックのないカジュアルなズボンだと太ももやふくらはぎまで大きなサイズになってしまいます。

お腹がでている人がカジュアルなズボンを選ぶとブカブカになってしまうということです。

若者文化ではジーパンをブカブカに履くファッションもありますが、ジーパンを綺麗にスマートに履きこなすには、それなりに引き締まったお腹が必要ということです。

多くの男性のジーパン姿が似合っていない理由がこれです、お腹を収める為に全体的にブカブカになってしまいます。

ブカブカのジーパン

これがワンタックやツータックが入るズボンであれば、お腹周りだけに余裕を持たせることができるので、太ももやふくらはぎのシルエットが太くならずに済みます。

これがタックのズボンのメリットです、実はスーツは凄くおじさん体型に優しい構造になっています。

私がこのサイトでジャケパンスタイルをおすすめしている理由でもあります、カジュアルな格好はある程度整えられた体型でないと着こなすことが出来ません。

あえて着崩す方法もありますが、それは清潔感のある若者だけに許されたファッションなので、中年男性にはおすすめ出来ません。

スーツは体型の崩れた方に合わせて洋服のサイズを寄せていくことが出来ます、この技術をカジュアルな格好に応用するために、ジャケパンスタイルをおすすめしています。

【スポンサーリンク】

ズボンの裾

次はズボンの裾のデザインについて紹介します、主にシングルとダブルがあります。

ズボンの裾の処理 引用元:http://item.rakuten.co.jp/m-sakazen/mending/?scid=af_pc_link_img&sc2id=323660122

これも正解というものがあるわけではなく、このように種類があることを覚えておいてください、礼服などフォーマルなズボンはシングルが多いです。

もっと細かく分ければズボンのポケットの形の違いなどあるのですが、とりあえずはタックの数によるシルエットの違いを理解してください。

体型が崩れているおじさんほど、カジュアルなズボンは難しいと覚えておいてください。

私服姿がダサいおじさんでもスーツ姿はカッコいいことは珍しくありません、それだけスーツは体型を補正してくれています、その補正効果を私服にも当てはめることでおしゃれになることが出来ます。

次は:簡単なズボンのお手入れ方法、専用ハンガーが理想!
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする