男の着こなし.com

初めての腕時計の購入は電池式のクォーツがおすすめ!

機械式時計と電池式時計

機械式時計とは、昔ながらの構造で作られています、わかりやすく言うとゼンマイ仕掛けということです。

ゼンマイ 引用元:http://homepage2.nifty.com/wwwhhh/clock16.htm

時計職人さんが手間暇かけて、小さな部品を削って磨いて組み立てています。

機械式時計の中には高級な金属や宝石を組み込まれて価格が跳ねあがることがあるのですが、基本的には職人さんの技術の結集、手間暇が価格の大半だと考えていいと思います。

一方で電池式の時計はクォーツとも呼ばれ、難しい話はここでは省きますが、電気を用いた量産に向いた簡単な構造となっています。

クォーツ時計の中身 引用元:http://www.oowada-repair.jp/

クォーツは機械式時計に比べて作業工程が少ないので、当然価格に差が出ます。

結論を言いますと、初めて腕時計を購入する方は電池式のクォーツ時計をおすすめします。

理由はズバリ、腕時計の維持費です。

【スポンサーリンク】

腕時計の維持費?

機械式時計は電池がいらないので、ゼンマイさえ巻けば半永久的に動くと言われているのですが、どうしても油が切れてしまうとスムーズに動かなくなり、抵抗が増えて時間がズレやすくなります。

性能を維持するには定期的にメンテナンスをする必要があります、部品を清掃して油を足してあげなければなりません。

ゼンマイ仕掛けのかけ時計

そのメンテナンス作業が簡単ではありません、ちょっと手先が器用なお父さんが出来るようなことではありません。

腕時計は精密な機械なので僅かなホコリが混入しても影響が出てしまいます、プロの職人さんによって分解整備をする必要があるわけです。

 

機械式時計にはメンテナンスの費用が必要ということです。

 

国産の機械式腕時計でも一万円以上は覚悟しなければなりません、輸入品の高級腕時計だと四万、五万と跳ね上がります。

このメンテナンスを怠ると動かなくなるだけではなく、中途半端な油切れにより部品が摩耗して傷ついてしまいます。こうなると修理は簡単には出来なくなり、部品交換で益々お金が必要になってしまいます。

腕時計のメンテナンス 引用元:http://jakartashimbun.com/free/detail/14558.html

メンテナンスの期間も色々言われいるのですが、三年から四年に一度は分解整備(オーバーホール)が必要と言われています。

一方の電池式のクォーツはオーバーホールの必要がありません、と言ったら語弊があるのですが、オーバーホールをするのなら買い替えるという方が大半だと思います。

実はクォーツも機械式ほど部品点数は多くはないのですが、時計の針を動かすための部品が稼働しています。

それらが数年経つと油が切れてきて抵抗が増してきます、針を動かすのにより電力が必要になるので電池の減りが早くなってきます。

腕時計を購入して最初の電池交換ぐらいまではいいのですが、電池交換も数回目になると、だんだんとサイクルが早まってくるのは、そのような事情が関係しているわけです。

そうなると大抵の人はクォーツをオーバーホールをするのではなく、買い替えるということです、その方が安いので当然の判断だとは思います。

もちろんお気に入りの大切な腕時計であれば、クォーツでもオーバーホールをして長く愛用していくことも出来ます。

初めての腕時計に購入に機械式時計が不向きな理由がおわかりいただけたでしょうか、腕時計の購入代金だけの問題ではなく維持費にも影響があるということです。

お金持ちは別ですよ、どうぞご自由に選んでください。

【スポンサーリンク】

スーパーカーと乗用車

例えるなら、機械式時計は高級スーパーカー、クォーツは最近の乗用車、それぐらい維持管理に違いがあります。

運転免許を取ったばかりの人にスーパーカーはすすめられません、超お金持ちのボンボンなら別ですが・・・。

スポーツカー

私の従妹が社会人(営業)になって間もない頃、オメガの腕時計をしていて驚いたのですが、なんと動いていませんでした(苦笑)。

理由を聞くと会社の先輩にもらったそうで「人前ではそれなりの時計をしていないとなめられるぞ」と教わって身につけているのだそうです。

このような考え方もあるのかと驚きましたが、動かない時計とバレた途端、営業マンとしての胡散臭さが倍増しそうで恐いですけどね・・・。

ちょっと話がそれましたが、ファッション初心者さんや初めての腕時計の購入を考えている方は、シンプルなデザインの針のクォーツをおすすめする理由でした。

次はその理由について詳しく説明させていただきます。

次は:お葬式に身に付けていけるという基準が大切
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA