男の着こなし.com

合成皮革の革靴を避けてローテーションさせよう

ローテーションで革靴が長持ち?

革靴に限った話ではありませんが、靴は毎日同じものを履かずに、ローテーションさせると長持ちすると言われています。

その理由は革靴が吸い込んだ汗を完全に乾燥させるためです。

人は毎日コップ一杯分の汗を足から出すと言われています。

コップ一杯の水

その水分を吸い込んだ革靴を十分に乾燥させるのには、一晩ぐらいでは足りないのだそうです。

同じ革靴を毎日続けて履いてしまうと、どんどん汗の水分が革靴に蓄積されていき、そのうち汗を吸い込めなくなり、直ぐに蒸れて悪臭を発生させてしまいます。

そうなると革は柔らかくなってもろくなります、さらにはカビの温床にもなります。

毎日革靴をローテーションさせて、しっかりと革を乾燥させていれば、臭いの原因になる雑菌の繁殖も抑えられ、型崩れも防げることになるので、結果的に靴が長持ちします。

【スポンサーリンク】

合成皮革はNG・・・

ただし、合成皮革の革靴の場合は事情が違います。

そもそも合成皮革は一般的な革と違って、汗を吸い込むということが出来ません。

たとえ新品の革靴でも合成皮革だと、履いて数時間で悪臭が発生してしまうことがあります。

合成皮革にも色々ありまして、通気性や消臭効果などを考えられているものもあるので、そのようなタイプであれば大丈夫かも知れませんが、安物の合成皮革の靴だけは避けてください。

靴下の素材や足用の石鹸を使用しても難しいです、目安としては靴の量販店で売られている3000円以下の合成皮革の革靴でしょうか。

合成皮革は雨の日に水を吸い込まなくて便利ではあるのですが、天然の革でも靴底がゴムであれば、ちょっとした雨であれば問題ありません。

きちんと靴墨をつけて革靴を磨いていれば、多少の雨なら弾いてしまいます、さらに防水スプレーをしておけば安心です。

機能的な合成皮革の革靴であれば別ですが、あえて合成皮革の革靴を選ぶ理由はありません。

高機能な合成皮革の革靴は価格もそれなりにしますので、それであれば同価格帯の革靴でもいいのではないでしょうか。

ローテーションの頻度

革靴のローテーションの理想は一週間分の革靴を揃えることですが、せめて中二日を開けられるようにしてください、最低でも三足は用意するということです。

実はスニーカーでも同様です、スニーカーは通気性が高いのですが、流石に毎日同じ靴を履いていると臭いが染みこんでしまいます。

革靴は中二日、スニーカーは中一日開けると、靴の寿命が劇的に伸びて臭い対策になります。

参考スニーカーのメンテナンス

靴をたくさん持つことは大変ですが、結果的にコストパフォーマンスが高くなるので、少しずつ揃えてみてください。

【スポンサーリンク】

まとめ

革靴の臭いの原因は様々あります。

革靴の素材や構造によっても通気性は大きく違います、ブーツが臭いやすいのがその典型です。

きちんとブーツキーパーを入れて乾燥させてあげれば、臭いの発生を抑えることが出来ますが、折れ曲がって蓋をしてしまうと、ブールの中は蒸れっぱなしになるので悪臭が発生します。

汗の質も細かく言えば食生活や生活環境にも左右されます、健康的な生活を心がけることは体臭や足の臭いにまで好影響を与えると思います。

手っ取り早い臭い対策として消臭スプレーに頼ることが悪いわけではありませんが、それだけでは解決にはなりえません、一時的にごまかす程度です。

やはり掃除やメンテナンスがポイントになります。

臭くなったからと寿命を迎えてもいない革靴を買い替えるのは悲しいことです。

きちんとメンテナンスやローテーションを心がければ、綺麗な状態で長く愛用することが出来ます。

安物の靴を毎年買い替えるより、5万円の靴を5年履き続けることが出来れば、5万円の風格や満足感を5年間感じることが出来ます。

革靴に興味のない多くの方は、寿命を全うする前に買い替えてしまいます。

靴べらを使わずに足を押し込んだり、踵を踏みつけたり、つま先をトントンしたり、脱ぐときに手を使わずに靴同士を擦りあわせたり、靴紐をゆるく結んでいたりします。

靴底がすり減って寿命を迎えたのではなく、乱雑に扱った結果、ボロボロになってしまいます。

そのような方の革靴は臭いも酷いものです。

また同じ程度の匂いでも綺麗に磨かれた革靴と、皺や擦れだらけの革靴では臭い感じる側の印象も違ってきます。

清潔感のある青年の体臭はフェロモンになりえますが、不潔な男性の体臭は悪臭になってしまいます、全く同じ臭いだとしても印象は違います。

靴の臭いを抑える工夫は大切ですが、そのほかの身だしなみを整えることも大切です。

革靴に限った話ではありませんが、モノを適当に乱雑に扱う方に気品が宿ることはありません。

靴の臭い対策だけではなく、革靴を丁寧に履く習慣を身に付けて欲しいと思います。

前へ:靴に臭いを残さない工夫を!自分の足側の注意点!
mae iti ni san iro tugi iro
3ページ中、3ページ目を表示

【関連記事】
靴の足音で幸福度がUP!?

革靴の購入時のポイントはTPO

革靴の簡単なお手入れ方法!


down

コメントする