男の着こなし.com

身長が高くなる靴の中敷きのすすめ!シークレットブーツより自然

はだしの文化

欧米が発祥のスポーツは、裸に近いボクシングやレスリングでも必ず靴を履きます。

日本の文化では靴を履かないシーンがたくさんありますが、欧米の場合は人前で靴を脱ぐことは多くありません。

欧米人

この辺の文化の差に「日本人は足が短い」といった印象があるのだと思います。

「日本人は腸が長いから胴長」

という意見もありますが、実際に足が短いということよりも、足が短く見えてしまっていることが多いです。

【スポンサーリンク】

靴の功績

単純に靴を履けば、それだけで2~3センチは身長が高くなります、下半身だけに上乗せされるので、誰もが足が長く見えるようになります。

女性だとハイヒールの高さによって、さらに上乗せすることができますが、男性の場合は同条件なのであまり違いは出ません。

ですが、1~2センチ身長を上げることは簡単です。

代表的な方法はシークレットブーツでしょうか、普通の靴よりも5~6センチは身長を高くすることが出来ます。

ただし日本では靴を脱ぐ機会が多いので、シークレットブーツを脱いだ時にバレる可能性があります、あまり極端な底上げは避けたほうがいいと思います。

私がおすすめしたいのはシークレットブーツではなく、靴の中敷きを変える方法です。

中敷きだけでも1~2センチであれば、簡単に身長を高くさせることができます。

中敷きを重ねたり、厚手の中敷きを入れてしまうと、指が当たって痛みが出てしまうのですが、専用の中敷きであれば違和感なく収めることができます。

この手の商品にも「5センチup!」というものがありますが、シークレットブーツと同様に極端に印象が変わるのでおすすめはしません、1~2センチの方が自然です。

【スポンサーリンク】

バランスの重要性

シークレットブーツや5センチupの中敷きなどで極端に底上げをしてしまうと、ズボンの裾が短くなってしまいます。

一般的にズボンの裾の長さを決める時は、試着室でズボンを履いて素足の状態で長さを調整します。

そこからシークレットブーツや中敷きで底上げされてしまうと、靴下が丸見えのようなことになる可能性があります。

最近はズボンの裾が短めのノークッションが流行しているので尚更です、ノークッションで5センチも底上げしてしまうと、成長期の子供のズボンのようなバランスになってしまいます。

ズボンの裾 引用元:http://plaza.rakuten.co.jp/himurolex/diary/201211160000/

ズボンの裾の違和感といのは、ファッションに無頓着な方にも伝わるものです。

長すぎてダボついているとだらしない印象になりますが、短すぎても違和感を感じます。

きちんとお店でズボンの裾の長さを調節してもらっていれば、1~2センチ程度であれば問題ありません、靴を脱いだ時でもバレる心配はないので、身長を高くしたい方は中敷きで少しだけ底上げしてみてください。

ちなみにシークレットブーツのような専用品でなくても、靴のタイプによっては高く見えたり低く見えることがあります。

バスケットシューズはショックを吸収させやすいように靴底が厚くなっていることが多いです、中敷きを変えるのではなく、そのような靴を選ぶことでも1~2センチ程度の身長の底上げは可能です。

あえて身長を高くすることもないのですが、身長が低いことが気になる方は底が薄い靴を選ばないこともポイントになると思います。

次はズボンの形の違いによる足の長さの印象の違いを紹介します。

次は:足が短く見えるのはズボンの股下のトップの位置が低いから!
mae iti ni iro san 4 tugihe
4ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA