男の着こなし.com

お葬式に身に付けていけるシンプルな針時計を持っておこう

初めての腕時計はシンプル

初めての腕時計の購入に限ってはシンプルなデザインのクォーツの針時計をおすすめしてきました、その理由について詳しく紹介させていただきます。

シンプルな腕時計というのは、どの服装にも違和感なく合うということでもあります、ジャケパンスタイルにはもちろん、スーツやカジュアルな格好にも違和感なくおさまります。

流石にジャージ姿や登山のファッションには似合いませんが、日常生活に無難に収まることが大切です。

様々な腕時計を使い分けるのが理想ではありますが、初めての腕時計の場合は、あらゆる場面に合わせることが出来る基本となる針時計を一本は抑えてください。

 

最も大きな理由は冠婚葬祭(主に弔辞)身につけていけるという基準です。

 

お葬式にギラギラの腕時計やカラフルな時計は似合いません、常識を疑われてしまいます。

シンプルなデザインの針の腕時計は弔辞でも合わせることが出来ます、これが初めての腕時計の基準になります。

ちなみにお葬式で腕時計の時間を気にし過ぎると、親族に良く思われませんので気をつけてください、目立つ腕時計の場合は外していく方がいいでしょう。

そのお葬式に合わせられるシンプルなデザインの一本さえ押さえてしまえば、後は予算次第でお好きなデザインの腕時計をどうぞ、ということになります。

二つの腕時計

あなたの日常生活で輝くシーンに合わせられる腕時計を選ぶといいですね、基準となる一本があれば、多少は思い切ったデザインでもいいのではないでしょうか。

ただし腕時計だけ飛び抜けて高級だとしても、他の装いとのバランスが取れていなければ残念な着こなしになってしまいます。

高級ブランドバックにスウェット姿の女の子とか、車の改造にお金をかけて本人はジャージ姿の若者のようなアンバランス感が出てしまいます。

予算はバランスよく配分してください、腕時計だけ高級にならないように気を付けましょう。

【スポンサーリンク】

基本の腕時計をおさえれば・・・

腕時計を身につけることが当たり前になると、他人の腕時計も気になるようになります、さりげなく粋に高級腕時計を合わせている人や、逆にこれ見よがしに下品に合わせている人などを見極められるようになります。

腕時計を身につける習慣が身につくと、自然と腕時計に対する知識や見識はレベルアップしてきます、この段階になれば機械式腕時計に挑戦するのもいいと思います。

はっきり言って機械式時計は維持管理が大変です、時計好きじゃないと所有する意味がないものだと思います。

基本的に毎日時刻合わせが必要です、一日に数十秒のズレは当たり前です、はっきりいってクォーツのほうが時間はズレません。

腕時計の時刻合わせ 引用元:http://www.clubfc.jp/

時計好きは時刻合わせが楽しみになるのでいいのですが、その段階でない初心者さんが購入してしまうと、不幸になってしまうケースがあるということです。

昔の刑事ドラマでは立てこもり犯の現場に突入する前に、刑事同士が腕時計の時刻合わせをするシーンがありました、機械式時計はズレて当たりまえという前提です。

そして機械式時計の中には驚くような価格のものでも、防水になっていないことがあります、これも初心者さんにとってはマイナスな要素ではないでしょうか。

毎日のゼンマイ巻きが欠かせない時計もあります、これを怠って長期間止めてしまうと、乾燥して油切れになりオーバーホールが必要になります、基本的に毎日動かし続けるのが理想です。

たくさん機械式時計を持っているコレクターは、自動でゼンマイを巻き上げてくれる装置を持っているぐらいです。

これらのように機械式時計には手間がかかります、がなければ維持管理をしていくことが出来ません。

とんでもないお金持ちなら雑にも扱えるのでしょうが、そうではないのなら大切に扱う覚悟が必要です、やはり初めての腕時計は維持管理が簡単なクォーツがおすすめです。

【スポンサーリンク】

高級なクォーツ

まるでクォーツが安物時計の代名詞のような書き方をしてしまいました。

クォーツでも全然いいんですよ、素敵なデザインのクォーツもたくさんあります、カジュアルなデザインのものから高級なものまでたくさんの種類があります。構造がシンプルなクォーツにもメリットがたくさんあります、機械式時計よりも構造がシンプルなので薄く軽くつくることが出来ます。

上のフランクミュラーの腕時計は機械式がほとんどですが、レディースの小ぶりな腕時計にはクォーツもあります。

機械式に比べてクォーツは少ないスペースに収めることが出来るので、時計本体のデザインの自由度が高く、女性用の小型の高級腕時計は特にクォーツが多いです。

クォーツ=安物ということではありません、デザインの自由度が高いという特徴があります。

予算が三万円ぐらいであれば、国産の安い機械式時計を購入することが出来るのですが、それぐらいの価格の時計でもメンテナンス費用はかかってしまいます。

同じ三万円の予算でもクォーツだと、様々な選択肢から選ぶことが出来ます。

クォーツは内部の構造(ムーブメント)が安価な分、外観の処理にお金をかけることが出来ます、ガラスや金属の処理が同価格帯の機械式時計よりも丁寧で輝きがあることが多いです。

もちろんブランドによる違いもあるのですが、クォーツ=安物という発想にはならないでください。

腕時計の購入は予算次第なのでなんとも言えませんが、数万円ならクォーツをおすすめしたいと思います。

まとめ

腕時計の中級編、購入時のチェックポイントについて紹介させていただきました。

まとめると初めての購入はお葬式にいけるシンプルな針の腕時計ということでした。

基本的には予算次第なので何とも言えないのですが、数万円の予算であればクォーツの方が選ぶ楽しみがあると思います。

基本となる一本さえ押さえてしまえば自由です、あなたのファッションに違和感なく収まるカッコイイ腕時計を探してください。

購入前にはデパートやショッピングモールの貴金属店で様々なデザインの腕時計を実際に目で見てみることをお勧めします、自然と目が肥えて違いに気づけるようになります。

ショーウインドーの腕時計

様々な時計の違いに気づくとあなたなりの基準が出来てきます、基準が出来ると予算の範囲内であなたが欲している腕時計に出会えるものです。

たとえホームセンターの腕時計でも値段の割には質感がいいなと思えるものがあります、必ずしも高級ブランドにこだわる必要はありません。

腕時計に旬や流行はあまりないので、ゆっくりと時間をかけて選んでほしいと思います。

次からは中級編のまとめになります、ここまでファッション基礎講座を読んでいただいた方は相当レベルアップしています、改めてファッションに対する考え方の変化に気づいてもらいたいと思います。

次へ:Ⅲ-6 洋服が似合うスタイルへ、ダイエットと体型維持について
mae iti ni san iro tugi iro
3ページ中、3ページ目を表示

【関連記事】
最高の腕時計を本能で選ぶ方法!

超高級腕時計もバランスが重要!

右腕に腕時計をする理由を意識しよう


down

コメントする




CAPTCHA