男の着こなし.com

ワイシャツのサイズが合わない人へ、お手軽なオーダーメード

ワイシャツのオーダーメード?

今回はお手軽な価格で作ることができるオーダーメードのシャツを紹介します。

「ファッション基礎講座」でも少し触れたのですが、私の体型は無駄に腕が長く既成シャツのサイズが全く合いません。

様々なサイズを用意しているネット通販であれば、ある程度は身体のサイズに近づけることが出来るのですが、それでも理想よりはシャツの袖が短くなってしまいます。

そこで私の身体に合うワイシャツを探すのではなく、ワイシャツの方を身体に合わせてみようかとオーダーメードについて調べていたところ、格安で良質なオーダーメードもシャツを作成できるショップが見つかりました。

オーダーメードは凄く値段が高いイメージだったのですが、思っていたよりもずっとお手頃価格で、しかもバリエーションが豊富で驚きました。

ワイシャツは既成のシャツでもサイズが豊富ですが、カジュアルなシャツはSMLのようなサイズしかないので、私の体型には凄くありがたい選択肢になりました。

私と同じように既成シャツのサイズが合わない方に自信を持っておすすめします。

しかも私が今まで購入していたシャツ(鎌○シャツ5000円+税)と、それほど価格が変わりませんでした。

もちろんオーダーメードなので、様々な条件を細かく指定することで価格は変動するのですが、シンプルな生地のオーダーメードのシャツだと7000円ぐらいで完成します。

高級デパートなどのオーダーメードシャツの価格は、1万円オーバーのイメージだったので、正直拍子抜けでした。

しかも初回は2000円分のクーポンがついているので割引になります。

こんな価格でオーダーメードのワイシャツが作れるのであれば、さっさと試しておけば今では思うほどです。

サイズをピタリと合わせられるのはもちろん、自分の好みの生地や柄、襟や袖の形、ボタン、さらに裏地まで選ぶことが出来るので、今ではスーツ用のワイシャツだけではなく、普段着のカジュアルなシャツも全てオーダーメードにしています。

また定期的にメールマガジンで割引クーポンが送られてきます、そのタイミングで購入をすれば毎回割引した価格でつくることが出来ます。

オーダーメードシャツのクーポン券

オーダーメードのシャツは、高級ブランドの2万円のシャツよりも身体にフィットします、これは間違いありません。

既成シャツのサイズがピタリと合うモデル体型の方であれば問題ありませんが、そうではない方には、一度オーダーメードのシャツを検討してみてください。

オーダーの前に

ただし、シャツをオーダーメードするには下準備が必要です、サイトに登録する前にあなたの身体のサイズを測る道具を揃える必要があります。

多くの男性は裁縫でもしないかぎり「メジャー」を持っていないと思います、メジャーは100円ショップにもあるので、これから紹介するサイトに登録する前に必ず用意してください。

メジャー 

身体の細かいサイズの測り方は、詳しく動画で解説されているので問題ないのですが、自分の好きな生地や柄や形を選んだ後に、ワイシャツのサイズを入力する必要があるのですが、そこでメジャーがないと止まってしまいます。

メジャーが用意出来た人から、この先を読み進めてください、本当に重要なことです。

色々試しながらシャツのデザインを決めた後にサイズがわからないと、かなりモチベーションが下がります、慌ててメジャーを買いに走ることになります。

一度しっかりとサイズを測ることができれば、サイトにデータが残るので次回からはシャツのデザインだけで注文をすることができます。

簡単登録方法

 【Original Stitch】

まずは上の「オリジナルステッチ」というサイトにアクセスしていただき、メールアドレスを入力して会員登録します(FacebookやGoogle+も可)。

メールが届くのでパスワードを設定すれば完了です(この時に2000円のクーポンもゲットできます)。

会員登録はこれだけです。

ただし、初回の2000円クーポンには期限があったはずなので、ここから間が空いてしまうと使えなくなってしまいます、だからこそメジャーを用意してからサイトに登録をしてください。

シャツのデザイン

ここからは、オーダーメードのシャツの作成手順を紹介します。

まずはシャツの生地選びからです(種類はまだまだあります、また定期的に追加されます)。

色々なシャツの生地

それぞれの生地をクリックすればアップで表示することができます、質感もわかるようになっています、またオールシーズン向きや冬向きなどの情報もあるので、安心して生地を選ぶことができます。

記事のドアップ

デザインは後から変更も出来るので、とりあえず無難な生地を選んで次へ進んでください。

細かく選べるだけに一つ一つに時間をかけてしまうと疲れてしまいます、初めは全体的なデザインを完成させて、あとから微調整をしたほうがわかりやすいと思います。

次はシャツの袖の長さを選びます、ここは半袖と長袖なので簡単です、せっかくのオーダーメードなので袖丈をピタリと合わせることができる長袖がおすすめです。

次は襟の形を選びます。

シャツの襟の形

ボタンダウンだけでも三種類あります、もちろん他に普通の形のレギュラーやワイドもあります、セミワイドが無難だとは思いますが、わからない方は自分が欲しい他のメーカーのシャツのデザインを参考にすると良いと思います。

次は襟と袖にコントラストを持たせるかどうかの選択ができます、クレリックシャツのようにしたい場合は襟と袖の生地を選ぶことができます、これも初めは飛ばしてもらって構いません。

次は袖の形を選びます。

シャツの袖の形の種類

カフスボタンを使用しないのであれば、特に気にすることはないと思います、それぞれカジュアル向きやフォーマル向きなどが表示されています。

そして次はボタン選びです。

シャツのボタンの種類

もちろん普通の白いボタンもあります、カジュアルなデザインのシャツであれば様々なボタンを組み合わせることが出来ます、これも無難なボタンを選び、最後にバランスを見て選んでください。

次はシャツの胸ポケットの有無です、欧米の本格的なシャツには胸ポケットが付いていません、これは好みの問題です、日本では胸ポケットがあっても全然構いません。

逆にカジュアルなデザインのシャツで胸ポケットがないのも珍しいので、アクセントになるかも知れませんね。

そして背中のプリーツ加工も選べます。

ワイシャツの背中のプリーツ

プリーツ加工はシャツを立体的に仕上げるための加工なんですが、ジャケットを脱いだ時の後ろ姿のアクセントにもなります、これも好みでOKです。

次はネーム、イニシャル入れの有無です。

シャツのネームのフォント

オーダーメードシャツならではの自分の名前を入れられます、その字体まで指定出来ます、もちろん「なし」も選択出来ます。

ここからは更に変わったことが可能です、シャツの襟や袖の裏地の指定が出来ます、ここは指定しなければデザイン選びは終了です。

シャツの裏地

この画像はあえてわかりやすい裏地で指定してみましたが、襟裏、袖裏、下前立て(ボタンの裏)まで細かく指定することが出来ます。

あえて似たような色や柄の生地にするのも面白いと思います、同じ白でも裏地だけ光沢のある生地にすれば、控えめなアクセントにすることができます。

これでシャツのデザインは完成します、もちろん何度も修正が出来るので、バランスを見て細かい調整をしてみてください。

あなたの好きなブランドのシャツに合わせてつくることも出来ますし、他の方がデザインしたシャツを参考にすることも出来ます。

シャツのデザインが完成すると、次はサイズを合わせます。

シャツのサイズ

このような画面が出てくるので、まずは細かく指定していくことになります。

ここで身長や体重の入力して、フィットタイプ(ゆったり、普通、スマート、スリム)を選ぶと、目安となる平均的な各サイズが表示されます。

シャツのサイズの目安

この数値からさらに微調整をしてサイズを合わせます、このサイズは今後も使えるので妥協せずに一度きちんと計測する必要があります。

ちなみに私が初めてオリジナルステッチに登録した時は、この段階でメジャーがないことに気づき、慌ててホームセンターへ走りました(笑)。

皆さんはそんなことがないように、あらかじめメジャーを用意しておいてください。

サイズの測り方は細かく動画で説明してくれるので安心してください、ほとんどは一人で測ることが出来ます、ただし肩幅の計測だけは少し難しいです。

あらかじめ目安になる長さが表示されているのですが、おそらく所有している既成シャツのサイズと大差がありません。

既成シャツの肩幅で問題ない体型の方であれば、そのままのサイズでいいのですが、肩幅が広い方や狭い方はプラスマイナス1~2センチ程度調整してみてください。

これでオーダーメードのシャツを注文をすることが出来ます。

ただし、初めてのオーダーメードは1枚だけしか注文出来ません、いきなり複数枚のシャツの注文は出来ないシステムになっています。

いくらオーダーメードといえども、サイズを測り間違る可能性がないとは言えません。

返品保障のオーダーメードシャツ

でも安心してください、サイズが合わない場合は30日間の保証期間があります、無駄になることはありません。

ちなみに次回からはまとめて注文することが出来ます。

私の場合は三週間ぐらいで届きました、シャツの加工する工程が多い場合や離島は多少遅くなるようです。

オーダーメードのシャツの納品

追記:全体的な流れがわかる動画が追加されておいたので、紹介しておきます。

まとめ オーダーメードシャツの凄さ

やはりオーダーメードというのは別格です、自分の身体のサイズに合わせて仕立てられるので、どんなに高級ブランドのシャツよりも身体にフィットするのは間違いありません。

そしてシャツの着心地が最高でした。

きちんとサイズを合わせると余分な生地がなくなるので、無駄な重さがありません、そして生地がつっぱることもないので身体の疲れ具合も全然違います。

私はもう既成サイズのシャツを買う気にはなれません。

他の購入者のレビューを読んでも満足度がとても高いようです、私も凄くよくわかります、今後は全てのシャツをオーダーメードにするつもりです。

それぞれの体型にもよるのですが、私のように既成のシャツのサイズが合わない方には、是非オーダーメードのシャツに挑戦してほしいと思います。

またマッチョの方や体の大きな方にも人気のようです、細かく部位別(腕の太さ、胸囲、ウエスト等)に調整できるので、腕の太いマッチョの方にありがちな、全体的に大きすぎるシャツを着る必要がありません。

着丈(長さ)も調節できるので、分厚い筋肉の方にもおすすめです。

一般的に売られている既成シャツのMサイズというのは「170~175センチ」、「60~70キロ」などの幅があります、この間の全ての人が似合うわけではありません。

Mサイズの場合は175センチで70キロの人が似合う可能性が高いということです。

あくまでも可能性が高いだけで似合わないケースもあります、筋肉質な175センチ70キロと、中年太りの175センチ70キロでは体型が全く違います。

既成シャツが似合う人というのは実はそれほど多くありません、何から何まで平均的なサイズの方など、そうはいません。

首が太かったり細かったり、腕が短かったり長かったりと特徴があるものです、既成シャツのサイズがピタリと合うほうが、実は珍しいことです。

私の体型はワイシャツのサイズを100種類用意しているメーカーでも合いませんでした、私の体型は市販シャツのサイズだと、首周りはS、肩幅はL、裄丈(袖)はLLになります、そんなシャツはどこにも売っていません、必ずどこか妥協しなければなりませんでした。

オーダーメードはすごく贅沢なことのように感じますが、高級ブランドのシャツよりもお手頃な価格なので、自信を持っておすすめしたいと思います。

もちろん高級な生地やボタンや裏地を選ぶと高くなります、私の場合はシャツに高級感を求めているのではなく、着心地や似合いやすさを求めていたので大満足でした。

ブランドのロゴマークでしか価値を判断出来ない人には向いていませんが、本当に似合うシャツを手に入れたい方は、オーダーメードのシャツの方が満足すると思います、クーポンを使えば価格も手頃になります。

シャツが身体にピタリとフィットして、余分な生地が少ないと疲れません、そして皺も少なくなります。

特に引き締まったスタイルの方や鍛えている方は、その魅力的な肉体をシャツの上からでも引き出すことができます、海で裸にならなくてもさりげなく盛り上がった筋肉をアピールすることが出来ます。

本物がわかるあなたに【Original Stitch】

自分のために仕立てられたシャツを着る喜びは、本当に最高です。

スーツやジャケットやズボンはサイズが細かく分かれているので、ある程度は体型に合わせて選ぶことができますが、SMLのサイズのシャツは難しいものです。

よほどサイズの相性の良いブランドが見つかればいいのですが、それを探すよりオーダーメードの方がずっと簡単です。

本当に早く試しておけば良かったと後悔しています、あなたはそんな後悔をしないでください。



down

コメントする