男の着こなし.com

薄毛だからといって坊主にするのは要注意!デメリットもあります

薄毛に坊主は潔い!?

世の中には薄毛が気になってきたからと、髪型を坊主にしている男性がいると思います。

当サイトでも薄毛の方は「短い髪型と相性が良い」とすすめているのですが、これが坊主だと少し事情が違ってきます。

坊主頭の人

坊主といっても様々な髪の長さがありますが、スキンヘッドやバリカンでいう「3ミリ」ぐらいの短い坊主頭のケースについて、私なりに感じたことがあります。

いわゆる長めのオシャレな坊主頭とは別と考えてください。実際に私も薄毛を気にして丸坊主にしていた時期があるのですが、様々な弊害がありました。

【スポンサーリンク】

坊主のデメリット

実は坊主にすると頭の汗がすごく垂れきます。運動をしたあとでもないのに汗が流れてきます。

NBAの選手がヘアバンドをするのはファッションだけではないのだと思いました。

さらに坊主だとシャンプーやリンスの香りが髪に残らないので、汗や頭皮の皮脂の匂いが気になるようになります。

これも坊主にしてみて初めて気がつかされました。髪の毛は思っていた以上に汗や匂いを抑えてくれていました。

実際に頭皮が清潔なのは坊主だとは思います。顔を洗うときに頭までいっしょに洗えますし、頭皮が蒸れることもありません。またおしぼりなどで坊主頭を拭き取ることも簡単です。

ただし、実際に清潔なのと清潔そうに見られる要素は別ということです。

たらたらと流れ落ちる汗は、他人からは不潔に見えてしまいます。そして匂いまで目立ってしまいます。

さらにスキンヘッドのように剃り上げてしまうと頭の形があらわになるので、どうしてもデコボコだと印象が悪くなります。私自身も坊主頭にして驚いたのですが、幼少の頃のキズ痕が残っており、とても目立ってしまいました。

強面にする方法

薄毛を隠すために坊主にすることには、もう一つ大きなデメリットがあります。

それは怖い人に見られるということです。

もちろん中には愛嬌のあるやさしい坊主頭の方もいます。お坊さんを思い浮かべていただければ、わかりやすいと思います。

20150327-00000016-natalieo-000-0-view 引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000016-natalieo-ent

ただ知り合いのお坊さんから話を聞くと、彼らですらプライベートで着物を脱ぐと押し出しが強くなってしまうので、相手を威圧してしまわぬよう帽子をかぶる方が多いのだそうです。

見るからに優しそうな表情の方であれば坊主頭でもいいのですが、無表情で黙っていると機嫌が悪そうに見える方が、薄毛を気にして坊主頭にすると怖さが強調されてしまいます。

強面の坊主

お坊さんは宗派によって坊主頭とは限りませんが、戒律がゆるいという意味だけではなく、そのような威圧感を与えないで親しみを持たせやすいという考えもあるそうです。

逆に言えば、

坊主頭がバッチリと似合ってしまうということは強面になるということでもあります。薄毛で坊主頭にしようと考えている方は、ここを忘れないでください。

多くの一般男性には、坊主頭が似合ってしまうことはデメリットになってしまいます。

怖い印象にならない素敵な坊主頭というは、常に愛嬌のある表情を崩さないお坊さんや子供ぐらいなのかも知れません。

元子役の内山くんは、かなり愛嬌のある坊主頭だとは思うのですが、あるテレビ番組で怒った表情を見せたことがあったのですが、ものすごく凄みを感じたことを憶えています。

うちやま 引用元:http://www.at-s.com/sbstv/program/sokoshiri/2012/10/20121008_1.html

これほど愛嬌のある笑顔の持ち主の内山くんですら、気を抜くと怖い印象になってしまうということです。これが坊主頭のデメリットです。

薄毛だからと安易に坊主頭にしてしまうと、人によっては威圧感を与えることになるので気をつけてください。職場環境や表情、そして自分のキャラクターとの相性をよく意識してほしいと思います。

私の坊主時代

ちなみに私が坊主頭にした時は、周りの評価は散々でした。

正確には坊主頭から少し伸ばして短髪に戻した後に、周囲から色々なことを言われました。

「そっちの髪型のほうが全然いいよ」

「坊主の時は近寄りがたかった」

など、散々言われてしまいました。

実際に坊主頭の時に否定してくる人は全くいません。気軽に話しかけにくいオーラを発していたのかもしれません。

薄毛だからと坊主にするのは潔いとは思いますが(私もそう思っていました)、坊主頭はメリットばかりではないことを理解してほしいと思います。

薄毛に似合う髪型とは?

薄毛の方におすすめの短い髪型に正解があるわけではないのですが、基本的に短めの髪型と相性が良いと言われています。

 

薄毛を隠すために髪を伸ばす方も多いのですが、これはかなり難しいです。鏡で正面から見たときは何とか大丈夫でも、少し角度が変われば隠しきれるものではありません。

また薄毛の方は髪にハリやコシが失われているので、髪が長くなるほど倒れてしまいます。すると地肌が目立ってしまうわけです。

だからこそ薄毛の細い髪型でも倒れない短めの髪型のほうが、薄毛との相性が良いわけです。

私はなじみの床屋さんに薄毛が目立ちにくい髪型について教わりましたが、都心部だと薄毛専用のヘアサロンがあるそうなので、そのような専門の方に相談するのも良いかと思います。

【スポンサーリンク】

追記 体験してきました

仕事の関係で都心部に行くことになり、せっかくなので薄毛専門ヘアサロン(スヴェンソン)に行ってきました。

正直な感想を言いますと・・・

 

 

!!!

 

 

感動しました!

それまでの私の髪型も、なじみの床屋さんに相談して薄毛が目立ちにくい短めの髪型にしていたのですが、やはり薄毛専門のヘアサロンは別格でした。

髪型そのものが大きく変わったわけではないのですが、私の髪質やクセを細かく説明してくれ、薄毛を目立たせないセットの仕方まで詳しく教えてくれました。

何とつむじの向きによって髪の毛が倒れる方向が決まるそうで、そこに逆らうように持ち上げてセットをすると、いつもよりも明らかにボリュームが出ました。

言葉にすると簡単なようですが、実際に目の前でやってもらうと「うわー」っと声をあげてしまうほど感動してしまいました。

終始「なるほど~」「あ、全然違いますね」「そうなんですか!」と感動しっぱなしでした。ドライヤーの使い方や角度まで教えてくれ、自分でも驚くほど鏡に映った自分の目がキラキラしていました(笑)。

その薄毛が目立ちにくいセットした髪型を、長時間キープするのに相性のいい整髪料についても詳しく教えてくれ、毛束になるような整髪料は向いていないなど、すごく勉強になりました。

私は薄毛に関してかなり多くの書籍を読み、髪型やファッションについてもそれなりの知識があると思っていましたが、やはり薄毛専門のプロは別格でした。

自分のつむじの向きなど意識したことがありませんでしたし、実際に目の前で細かなセットの違いを見せてくれたので、凄くイメージがしやすくなりました。

正解のイメージができると、自分でも再現しやすくなります。

今まではわかっているつもりだったのだと実感させられました。

薄毛のプロによるカットやセットは、知識や言葉だけでは伝わらない(理解しきれていない)情報が満載でした。

同じ食材や調味料を使った料理でも、プロと素人では全然違うような感じとでもいいましょうか。

プロの料理人は食材の状態に合わせて微調整ができますが、素人はレシピ通りにしかつくれません。そもそも正解がわからないので調整ができません。

知識(レシピ)だけなら簡単にスマホで手に入る時代ですが、全ての人が料理上手になるわけではありません。

そんな素人でも料理教室に参加すると、正解が一気にイメージしやすくなると思います。

実際に目の前で調理の工程を見て、味見させてもらい、味の正解を体験することで、自宅で再現しやすくなるわけです。

薄毛専門のヘアサロンもそんな感じでした。自分の薄毛に似合う髪型の正解例を教わりました。

曖昧な表現で申し訳ないのですが、文章だけで伝わらない情報が満載だったので感動したのだと思います。

「肉じゃが」をつくるのに男爵芋とメークインでは、硬さも食感も煮る時間も全く違うと思います。プロはその違いに合わせて色々調節できますが、素人はレシピ通りにしか出来ないような感じです。

細かく言えば「塩小さじ1」だって曖昧な表現です。塩のメーカーによってしょっぱさや風味は違うでしょうし、天然の塩ほど余計な旨味(苦味)があるものです。

プロのように正解を知っていると、どんな調味料でもそれに合わせて微調整できますが、正解がわからないと難しいようなことです。

薄毛専門ヘアサロンの方はプロの料理人のように、あらゆる薄毛の方と向き合ってきた経験やデーターがあるのだと思います。薄毛を目立たせない正解を誰よりも理解しているのではないでしょうか。

薄毛に悩んで坊主頭にするのが必ずしも悪いわけではありませんが、その前に他の選択肢があることを覚えておいてください。

プロの料理人が食材に合わせて調理法や味付けを変えるように、あなたの薄毛の状態に合わせて微調整できる要素があるかも知れません。

一般的な床屋さんよりは若干高いので、誰にでもおすすめ出来るわけではありませんが、体験を得るという意味では凄く勉強になると思います。

ここ数年感じたことがないほどの感動がありました。薄毛に関する勉強や知識も大切ですが、やはり言葉には出来ない体験も大切なんだと、改めて感じる出来事になりました。

私が行った薄毛専門のヘアサロンは、ある程度大きな街にしかないのが難点ですが、この為だけにわざわざ行く価値は十分にあると思います。薄毛で髪型に悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。


down

コメントする




CAPTCHA