男の着こなし.com

睡眠時の口呼吸を治すテープは危険!?試してみた

口呼吸改善

以前、別の記事で口呼吸の改善の重要性について紹介したことがあるのですが、

参考口呼吸を簡単に改善させるコツ

おかげさまで私は日中の口呼吸を改善することが出来たのですが、睡眠時の口呼吸は治っていませんでした。

どうしてもベッドで横になると無意識に口呼吸になってしまい、毎朝のどが乾燥して痛む生活を何十年も続けていました。

睡眠時の口呼吸は難しいとあきらめていたのですが、テレビで睡眠時の口呼吸のリスクについて知ることになり、本格的に改善しようと調べてみると、睡眠時の口呼吸を治すためのテープが良いとの情報を発見し、実際に購入して試してみました。

【スポンサーリンク】

口呼吸を改善するテープ

口を閉じておく為だけのテープなら、セロハンテープやガムテープで代用できそうなものですが、やはり無意識の睡眠時のことを考えると危険性がないとは言えないので、専用のテープを購入しました。

テープの素材はマスキングテープに近い感じで、粘着力が強すぎないので安心感がありました。強引に口を開こうと思えば開ける感じです。

またテープを剥がすときにも、痛みが出るようなことは全くありませんでした。この辺は流石専用のテープといったところでしょうか。

ただいきなり睡眠時に試すのが怖かったので、日中にテープを張って生活をしてみると、まったく問題なく生活が出来ました。

横になってテレビを見ても苦しくなることはなく、飲み物を飲もうとしたときに気がついたほどです。

そしておそるおそるテープを張ったままの睡眠を実行してみることにしました。

結果は・・・

結果・・・初日は失敗でした。

朝、目が覚めるとテープがどこかに消えてしまっていました。

改めて注意書きをよく読むと、口の周りを清潔にする必要があるとのこと。次の日はテープを張る前にウェットシートで綺麗にしてから張りました。

 

 

すると・・・

 

 

成功しました!

 

 

目が覚めてもテープが剥がれておらず、のどの痛みも全くありませんでした。これは本当に嬉しかったです。

さらに朝の口臭も抑えられていました。当然と言えば当然なのかもしれませんが。

私は鼻炎持ちというわけではないのですが、毎朝鼻水が出るのが日課でした。おそらく睡眠時に口呼吸になることで鼻がつまり、目が覚めて鼻呼吸に戻る際に、鼻つまりを解消する為に鼻水が出ていたのだと思います。

それもほとんどなくなりました。これも長年のことだったので本当に嬉しかったです。ティッシュの使用量があきらかに減りましたから(笑)。

結果的に大成功だったと感じています。

【スポンサーリンク】

まとめ リスクの分散

口呼吸は健康のためだけではなく、見た目の印象も悪くなってしまいます。ぼーと口を開けている姿というのは、やはりみっともないものです。

日中であれば意識して治すこともできますが、睡眠時は無意識なので簡単ではありません。

だからこぞ、専用の商品に頼って正解だったと感じています。

私が購入したテープはこちらです。

 

販売ページを確認してもらうとわかりますが、口呼吸防止というよりも、いびき防止グッズという扱いになるようです。

この商品のほかにも似たようなテープがたくさん売られていますし、さらには顎を固定するサポーターや鼻の中に入れるグッズも売られていました。

【amazon】口呼吸グッズ

それだけ多くの方が悩んでいるのだと思います。

鼻炎持ちの方のような場合は、睡眠時に口を閉じるテープに危険性がないとは言えませんが、少なくとも日中の口呼吸を意識してコントロール出来るようになれば、睡眠時でも問題ないのだと思います。

他のグッズを試していないので何とも言えませんが、私が購入したテープは粘着力が弱く、本当に呼吸が苦しくなれば、少し力を入れると口を開くことができるものです。

またテープが剥がれない程度に、口の横の隙間から空気を吸うこともできるので、危険性は少ないと感じています。

不安な方は日中に試してみてください。鼻呼吸で過ごす時間が長くなればなるほど、鼻の通りもよくなり、自然な呼吸ができるようになると思います。

誰もが赤ちゃんの頃は鼻呼吸をしているのだそうです。そのほうが自然なのだと思います。

私と同じように睡眠時の口呼吸に悩まされている方の参考になればうれしいです。

【関連記事】
簡単に口呼吸を改善させる方法

男性ならではの口臭の原因

顔のたるみを解消するトレーニング


down

コメントする




CAPTCHA