男の着こなし.com

革靴の臭い対策!まずは掃除をきちんとしよう

革靴の臭い対策

普通に生活をしていると、靴を脱ぐ機会というのは結構あるものです、中にはスリッパに履き替えることもあります。

玄関

そんな時に足の臭いが気になる方も多いと思います。

そこで今回は簡単な革靴の臭い対策を紹介します。

実は革靴の臭い対策はスニーカーよりも簡単です、日ごろのケアを怠らなければ長く綺麗に履き続けることが出来るのが革靴でもあります。

【スポンサーリンク】

革靴の掃除

まずは革靴の掃除をする、これが最も効果があります。

革靴の手入れと言えば靴磨きを思い浮かべると思うのですが、革靴の臭い対策は靴の内側の掃除がポイントになります、ピカピカに磨かれた革靴でも臭いと台無しなので気を付けましょう。

ファッション基礎講座の革靴の初級編でも少し触れたのですが、革靴の中敷きをはずして、内側をウエットティッシュなどでふき取るだけで内側の掃除はOKです。

靴の内側の先端にはホコリが溜まっているものです、きっちりと奥まで拭いてホコリや繊維を取り除いてください。

革靴の中敷きについたホコリ

ホコリが汗を吸うと雑菌が繁殖して臭いの原因になります、外側の靴磨きだけではなく、定期的に革靴の内側の掃除も意識してください。

スニーカーだと拭き取りぬき素材がおおいのですが、革靴だと簡単に拭き取ることが出来ますよ。

そして中敷きも掃除してください、素材にもよるのですが丸ごと水洗いしてしまいましょう。

中敷きも擦り減っている場合は、消耗品と割り切って交換することをおすすめします。

靴の中敷きの展示

中敷きは100円ショップにもたくさんの種類が売られています、臭い防止のためにも定期的に交換してください。

これだけ革靴の臭いの原因となるカビやホコリは取り除けます。

一般的によく言われているのは、靴用の消臭スプレーを使用することですが、

臭いの元となっている汚れを取り除いてからのほうが、やはり効果は高くなります。

トイレも掃除をしないで芳香剤だけでOKではありません、消臭スプレーに頼る前に掃除をすることがポイントになります。

確かに消臭スプレーは便利ですが、これだけに頼っていると汚れは蓄積していくので、定期的な掃除を心がけてください。

【スポンサーリンク】

革靴を洗う

かなりの荒業として革靴を丸ごと洗ってしまうことも出来るのですが、これはある程度しっかと造られた革靴でないと、ヨレヨレになってしまいます(経験有り)。

革靴を洗う 引用元:http://ikesei.exblog.jp/

堅牢な造りのグッドイヤー・ウェルト製法の革靴であれば、大抵は丸ごと水洗いも可能です。

革専用の洗剤で洗ったあとに、しっかと水分を拭き取り、新聞紙やタオルを詰めて内側の水分を吸い取り、それを何度か繰り返し、それから形が崩れないように上質なシューキーパーを入れて、風邪通りのあるところで陰干します。

ただし、これはちょっと難易度が高いです。

バネ式の安いシューキーパーでは力が入り過ぎて革が伸びてしまうかも知れません、それに革は乾燥するときに縮むので、シューキーパーなしでもヨレや皺の原因になってしまいます。

このようにわざわざ水洗いをしなくても、内側の掃除をするだけで臭いを取り除くことが出来るので安心してください。

また手垢が染みこみやすい靴紐も臭いを発生させることがあります、こちらも水洗いや定期的な交換をおすすめします。

よく10円玉を革靴の中に入れて消臭する方法がありますが、これは消臭スプレーと同じであくまでも臭いの原因を取り除くわけではありません。

10円玉で靴の消臭

あくまでも掃除を行ってからのおまけぐらいに考えておいてください、それに小銭は案外汚れているものです、なるべくなら新しい10円玉を選んでください。

ちなみに衣替えなどで長期保存の時に十円玉を革靴の中に入れっぱなしにすると、革靴の湿気を吸って青白くサビてしまうことがあります。

サビると余計な臭いの原因になってしまうので、長期保存の時はおすすめしません。

やはり一番の臭い対策は、徹底的に革靴の内側を掃除をすることです、革に染みこんでいる汗や皮脂汚れ、そしてホコリを綺麗に拭き取ってください。

次は足側の臭い対策を紹介します。

次は:靴に臭いを残さない工夫を!自分の足側の注意点!
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示


down

コメントする