男の着こなし.com

スニーカーの靴紐が長すぎる場合のおすすめの結び方

スニーカーの靴紐が長い

革靴以上に靴紐が長過ぎてが題になりやすいのがスニーカーです。

革靴に比べてスニーカーは靴紐が長く通すべき穴の数が多いので、足のサイズが小さい方は、僅かな差が積み重なって靴紐が長くなってしまいます。

あえて最終手段から紹介しますと、靴紐を切ってしまう方法があります。ですが靴紐を切りっぱなしだ先端からほどけてくるので、何かしらで固定しなければなりません。

靴紐の先端を強く結んでしまえばいいのですが、それだと見た目が悪くなってしまい、蝶々結びがしにくくなってしまいます。

なので靴紐をカットする場合は、先端の硬いポイントを再生してあげる必要があります。

これは靴紐の先端の硬いポイントを後からつくれる商品です、ドライヤーの熱でパイプを縮めてガッチリと固定します。

お気に入りの靴紐の先端が崩れてしまった場合は、このような商品の力を借りるのもありだと思います、多少割れただけであれば接着剤などでも代用出来ると思います。

この商品はそうそう使うものではないので、運動部などの備品に一つあるといいと思いますが、自分用であれば靴紐を交換した方が安く済むのでおすすめはしません。

【スポンサーリンク】

靴紐の通し方

他にも靴紐の通し方によって、長さを調整することができます。

靴紐の結び方や通し方には様々な種類があり、それによって靴紐の長さも変わってきます。

スニーカーの紐の通し方の違い

上の右足の方の靴紐の通し方はパラレルと呼ばれます、主に革靴で使用される通し方です。

靴紐の通し方はフィット性や見た目の印象に違いがあるのですが、このように靴紐の長さにも影響を与えます。

詳しく知りたい方は、このような専門書を参考にしてください。

このような変わったことをしなくても、普段の結び方に工夫を加えることでも靴紐を短くする方法もあります。

ダブルアイレットの応用

靴紐の結び方の一つに「ダブルアイレット」という方法があります。

「ダブルアイレット」は足首辺りをギュッと固定出来るので、スポーツ選手でも採用している方が多いそうです、今回はこれを少しアレンジします。

まずはこちらをご覧ください、靴紐が長くて余っている状態です。

靴紐が長いスニーカー

まずは靴紐をほどき、最後の穴を二つ使って輪っかを作ります。

ダブルアイレットの結び方

そして、その靴紐の輪っかに反対の靴紐を通します。

ここでギュッと引っ張って靴紐を結べば通常の「ダブルアイレット」になります、これでも通常の靴紐の結び方とは長さが違うので、一度結んで確認してください。

これで靴紐の長さが余っている場合は、蝶々結びをする前にもう一度反対側の輪っかに通します。

ダブルアイレットの応用

こうすることで靴紐を通す穴を一つ増やしたようなことになります、その分の靴紐が短くなってくれます。

これでもまだ靴紐が長ければ、さらに反対側に通してください、あとは普通に靴紐を結べばOKです。

長い靴紐が短くなった

「ダブルアイレット」の応用は靴紐を緩める時に多少手間はかかるのですが、フィット感という意味では申し分ありません。

スニーカーを作っているメーカーによっては、この「ダブルアイレット」がしやすいように上の二つの穴を通常の穴と分けていることがあります。

このようなタイプのスニーカーで上の二つの穴を使わないと、靴紐が長いと感じることが多いようです。

もちろん普通の靴の穴でもダブルアイレットは可能なので、靴紐が長すぎる場合はダブルアイレットの応用を検討してみてください。

靴紐を緩める動作が煩わしい方は、反対側から対処する方法もあります。

靴紐を短くする方法

画像のように靴紐の先端に余裕を持たせて調整します。

流石にこのままだと緩んできてしまうので、先端の靴紐を結んで内側に入れて固定します。

靴紐を短くする裏技

こちらの方法は見栄えはよくありませんが、通常の結び方で靴紐そのものを短くすることができます。

【スポンサーリンク】

まとめ 靴紐の重要性

靴紐が長すぎる場合の対処法は、

  • 靴紐を短く切る
  • 靴紐の交換
  • 靴紐の通し方の工夫
  • 結び方の工夫

などが考えられます。

どの方法が正解ということもないのですが、スニーカーはダブルアイレットにすることでガッチリと固定されるので、激しく動くスポーツの場合は相性が良いと思います、革靴の場合は別の方法を紹介しているので、そちらを参考にしてください。

一方でスニーカーを普段履きとして利用するのであれば、靴紐を交換して表情を変えるのも楽しいと思います。

このような変わり種の靴紐もあります、また靴紐の通し方にも様々な方法がありますので、それらの通し方に合った長さに変えるのもありだと思います。

逆に見た目にこだわらない方であれば、最後に紹介した靴紐のつま先側を結んでしまう方法が簡単でおすすめです。

一番やってはいけないことは、適当に靴紐を緩めてスリッパのように雑に履くことです、このような履き方では正しく歩くことが出来ません。

参考男性の歩き方についての考察

間違った歩き方は見た目の印象が悪いだけではなく、健康にも悪影響を及ぼします、しっかりと靴紐を結んで歩いてほしいと思います。

また踵を踏んづけたり、つま先をトントンとして押し込んだり、手を使わずに靴同士を擦りあわせて脱いでいると、靴の寿命は一気に短くなってしまいます。

スポーツのようにハードな環境で酷使される靴でなければ、靴の寿命は本来長いものです、靴底がすり減る前に「靴紐が切れる」のが本来の順番です。

きちんと靴紐を結ばずに適当に脱ぎ履きをしていると、本来の靴の寿命の前に傷んでしまいます。

参考靴紐が切れることは素晴らしいこと

本当に靴が好きな方は、靴の寿命を縮めてしまうような雑な履き方はしないはずです。

そもそも適当に靴紐を緩めて履いている方は、靴紐が長いことに疑問を持つこともないと思います。

長すぎる靴紐に困って何とかしようと調べた結果、当サイトにたどり着いてくれたあなたは、靴を大切に考えている方だと思います、本当に素晴らしいと思います。

あなたの大切な靴としっかりと向き合って、ベストな靴紐の長さに調整してください。

あなたに大切に愛された靴は、きっとあなたの魅力を引き出してくれると思います。

【関連記事】
革靴の靴紐のダンディーな結び方

スニーカーを長持ちさせる方法!

足が疲れやすい人は握力不足かも!?


コメント

  • 長年の謎だった靴の穴のプラスチックの意味がわかりました、ありがとうございました

    by うぉーきんぐマン €2015年6月5日 18:36

  • もう少し分かりやすい色の靴でお願いしますwww

    by バニラ €2016年3月6日 16:31

  • 靴紐のつま先側を結ぶのは盲点ですね、さっそく取り入れてみたらいい感じでした、見た目もそれほどヘンな感じじゃないです

    by 押忍ゴリラ €2016年3月23日 15:00

  • ダブルアイレットを往復は普段履きには向いていませんね
    ほどくのに時間がかかり過ぎます
    先端に余裕を持たせるのは見た目が悪いですし、
    どちらも試してみましたが、やはり靴紐を交換するのがベストですね

    by たなか €2016年7月19日 18:54

down

コメントする