男の着こなし.com

靴の素材と食文化の関係|副産物である革を活かした先人

靴の素材

革靴の素材といえば牛革が一般的ですが、現在の靴では合成皮革や化学繊維、ゴム素材など多岐にわたっています。

様々な技術革新が靴の素材にまで影響を与えているのは興味深いです。

安価に提供するための技術やエコという観点で再生素材が使われることもあります。

消耗品である靴の素材には、それぞれの時代や文化にあったものが使われています。

そこで今回は靴の素材と食文化の関係について紹介します。

【スポンサーリンク】

食文化の副産物だった靴の素材

昔の日本人は草履を履いていました、主食がお米だったわけです、稲作文化の副産物のわらを履物の素材として上手に利用していました。

草履

他に日本人が利用していた靴として下駄などがあります、おそらく高温多湿な気候風土に合わせて考えられたのではないでしょうか。

欧米の革靴も同じように食文化が関係しています。

肉食文化である欧米を中心に革靴は発展してきました、本来捨てられるはずの動物の皮を腐敗しないように加工(皮から革へ)して、靴などに利用していました。

また革の質にも面白い傾向があります。

食文化として成牛の硬い肉を好んで食べていたイギリスは、大人の牛の頑丈で分厚い革が副産物として発展して、質実剛健で堅牢なイギリス靴になりました。

一方で柔らかい牛肉を好んで食べていたイタリアでは、生後半年ぐらいの牛の柔らかい牛革が副産物として残り、柔らかい履き心地でセクシーなシルエットのイタリア靴として発展していきました。

ステーキ

食文化の違いによる副産物が、両国を代表する革製品や靴の特徴になったそうです。

質実剛健、頑丈なイギリスの革靴、柔らかくきめ細かいセクシーなイタリアの革靴。

これらのような歴史、食文化を無視して革の質を考えることもなく、形だけを真似て他の国のメーカーがイタリアのような靴を作っても、セクシーな靴には簡単にはなりません。

同じようにイギリスのような頑丈そうな形の靴を作っても、革の質が違えばすぐにへたって形が崩れてしまうので、やはり簡単には真似ができません。

変わり種の素材

革靴の他にも食文化の副産物でつくられた靴が世界各国にあります。

エスキモーはアザラシの革でつくられた服や靴を履いていました。

北海道の先住民族のアイヌの人たちもアザラシの皮を利用していたり、さらには鮭の皮でつくられた靴も存在していました。

鮭の皮の靴 引用元:http://takedanet.com/archives/1013799751.html

このように食べ物の副産物を上手に利用してきた先人の知恵は、本当に素晴らしいと思います、命を無駄にしていません。

一方で戦後の日本、高度経済成長の日本では、大量の石油を消費するようになり、石油の精製過程の副産物として、大量のプラスチックなどが作られるようになりました、それもまた一つの文化として成長していきました。

レジ袋を作るために大量の石油を使うのであれば、エコバックもエコだとは思うのですが、実状は副産物でつくられるので、直接石油の消費を減らすということにはならないと聞いたことがあります。

エコバック

もちろんゴミを減らすことにも繋がりますし、燃費効率のいい車も増えていますから、石油そのものの消費が減れば副産物も減ることになるので、レジ袋削減は必要なことだとは思います。

先人の知恵、人間の知恵は本当に凄いなと思います。

たまに行き過ぎて、もの珍しさや希少性だけに目がいって食すこともない珍しい動物の密漁、乱獲になってしまうこともあるのが残念なところではありますが。

文化から職業

様々な国の文化が入り混じっている現代では、職業と靴の関係をつなげるのも粋だと思います。

日本の酪農家の多くは長靴を履いて作業しています、機能性を考えられた素晴らしい靴なんだと思います。

一方で農作業から離れた時の普段履きに、長年乳牛として育てられた牛の分厚く頑丈な革で作られた革靴を履いていれば、最高にカッコいいなと思います。

頑丈な革靴

一方で同じ酪農家でも黒毛和牛の産地であれば、乳牛に比べて若い内に卸されることになるので、イタリアのような柔らかい革が副産物として残るのかも知れません。

牛革を加工するには、それなりの設備と環境が整わないと難しいので、どこにでも作れるわけではありませんが、それぞれの土地や食文化と繋がった副産物でつくられる物は、とても素敵だと思います。

物を選ぶ基準が、高級だから、有名だから、目立つから、希少性があるから、という人には理解してもらえない価値観かも知れません。

一方で値段が安いから、お得だから、だけで物を選ぶ人も眼力が養われません、使い捨て文化になってしまいます。

結局のところ自分で判断するしかありません。

何が言いたいのかわからなくなってきたのですが(苦笑)、革靴の素材一つとっても、その背景を考えると選ぶ基準が増えて楽しいと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ

以前にバリエーションが豊富な靴べらを名刺代わりに使えるということを紹介したのですが、

参考携帯用靴べらの魅力

靴にまで想いを込められると、より素敵だと思います。

靴べらほど自由度は高くないですが、職場の環境に合わせる理由を見つけると粋だと思います。

現代はモノに不自由しない時代ですから、安価のモノでも機能的には十分なことが多いです。

だからこそ、あえて選ぶ理由を明確にすると楽しみが増えます。

特定のブランドに惚れて全てを揃えるのもこだわりですし(似合うかどうかは別)、自分の身体のサイズに合うブランドを選ぶのも素敵です。

「洋服なんかどうでもいい」という感じでユニクロを選ぶ人と、身体のサイズに合うのがユニクロだったから選ぶという人では、まるで魅力が違ってきます。

これは靴も同じです。

靴の量販店で適当に選んだ一万円の靴と、様々な靴を試着して吟味して選んだ一万円の靴は別物です、全く同じ靴でも意味合いが違います。

しっかりと靴と向き合って選んだ方は扱いが違います、靴べらを使わずに押し込むこともありません、踵を踏むこともありません、つま先をトントンすることもありません、靴紐を緩めたまま履くこともありません。

当然、革靴の手入れも変わってきます。

全く同じ一万円の靴でも意識の違いで魅力は全く変わってきます。

洋服や靴に限った話ではないですが、そのモノがもつ文化や歴史に思いをはせると、様々な気づきがあるものです。

そのモノを知り、好きになれば大切に扱うことになります、手入れの行き届きたモノというのは輝きだすものです。

踵を踏まれ、つま先が傷つき、皺が深く刻まれ、油が抜けて、擦り切れてしまっている革靴は、どんなに高級でも魅力などありません。

靴の素材と食文化の関係を知ると靴への愛着が増すものです、これはあらゆるモノにも言えることではないでしょうか。

あなたの好きなモノには、どんな歴史が詰まっているのでしょうか、それを認識することで益々好きになると思いますよ。

【関連記事】
あなたにとって最高の時計を選ぶ方法

肉を食べないことのメリットとデメリット

靴底の素材の違いで幸福度が変化?


コメント

  • まさか鮭の皮の靴があるとは驚きました!
    アイヌの人は鮭の皮を食べなかったんですね、もったいないw

    by 鮭好き €2015年7月29日 12:07

  • 私が北海道のアイヌ博物館で見たのは鮭の皮ではなく鹿の皮の靴でした、アイヌは野生の動物の皮や骨を生活の道具にしていました、革靴にも様々な文化があるのですね、興味深い内容でした、またきます!

    by カムイ €2016年4月6日 21:21

down

コメントする