男の着こなし.com

アイロンのおすすめはスチーム機能を重視、失敗しない選び方

アイロンの重要性

自分でアイロンをかけたことがない男性は結構いるのではないでしょうか。

全てのアイロンを奥様やクリーニング屋に頼るのもいいのですが、アイロンをかけられる男性というのは、実は女性からポイントが高いのだそうです。

アイロンがけは結構な重労働であり、多くの女性にとってはストレスのかかるイヤな家事です。

そこで旦那さんがカッコよくアイロンを担当すればポイントup間違いなしです、男性の趣味としてもおすすめできます。

笑顔の女性

料理が出来る男性がモテるように、アイロンをかけられる男性もポイントが高いので独身男性にもおすすめです。

女性は男性よりもずっとファッションに敏感です、皺々のシャツではマイナスな印象を与えてしまいます、男性もアイロンがけを習慣にしてほしいと思います。

そこで今回はアイロンを選ぶときのポイントを紹介します、おすすめはスチームの強さです。

【スポンサーリンク】

アイロンは壊れない

既にアイロンをお持ちの方も多いでしょうが、そのアイロンはいつ頃購入したものでしょうか。

アイロンの構造は割とシンプルであり滅多なことでは壊れません、10年以上前のスチームアイロンの出始めは詰まりやすいなどの欠点がありましたが、現代でもスチームが出なくても使えてしまいます。

扇風機と同じで首振り機能はダメになっても、何十年も使えてしまうのがアイロンの特徴です。

古い扇風機

ここ数年に購入されたのであれば問題ないのですが、十年以上も使っているという方は、できれば買い替えを検討してもらいたいのです。

その理由はスチームの強さが全く違うからです。

おそらく十年ぐらい前のスチームアイロンではスチームが出る穴が4つとか、そんなものではないでしょうか。

私が使用しているアイロンを購入した5年前は、上級なモデルほど穴の数が多く、よりスチームが強力になっていました。

ですが、最近のアイロンは安いモデルでも、たくさんスチームの穴があります。

安いアイロン

さらにはスチーム機能に特化したアイロンも多く、形も進化してきています。ちなみにこの変わった形のアイロンは少し特殊なようで、左利きの人には向いていないようです。

参考衣類スチーマーの口コミ情報

アイロンも10年前と比べてかなり進化しています。

最近のは使い勝手が従来のものよりも格段にアップしているので、出来れば買い替えを検討してみてください。

お手軽な価格帯のグレードでも、10年前の最上位モデルより機能が優秀だったりします。

アイロンはとても長く使えるだけに、それなりのモデルをおすすめします。

コードレスアイロンの普及

そして現在のアイロンの主流となっているのがコードレスです、半数以上のモデルが採用しています。

コードの制約がないと使い勝手がとてもよくなります。

ただし充電が必要なので、多少の待ち時間が必要になります。

これは慣れといいますか、その待ち時間に合わせて次の衣服をセットすればいいのですが、慣れないと充電が煩わしくも感じると思います。

アイロンをかける衣類の数にもよるのですが、スチームを多用する方であればコード有りのほうがストレスなく使えるのでおすすめです。

クリーニング屋さんは強力なスチームとたくさんの数をこなすので、必ずコード付きのアイロンです。

クリーニング 引用元:http://fb1.oda.ac.jp/blog

あなたの使う環境を考慮して選んでみてください、実際に電気屋さんにいって実物に触れてみてください。

実際に手に持ってみると見た目と重さが一致しないことも多いです、写真で見るよりも大きかったり小さかったり、軽かったり重かったりするものです。

アイロンの重さも重要

国産の家電メーカーが販売している多くのアイロンは、日本人の主婦向けに開発されているので、わりと小ぶりで軽いアイロンが主流です。

一方でティファールなどの外国製のアイロンは、日本のアイロンよりもかなり大きく、そして重い傾向があります。

大きいアイロンと小さいアイロン 引用元:http://deginote.blogspot.jp/2013/10/500-fv9550j0.html

もちろんモデルによっても違うので、同じメーカーの中でも大きさや重さ、スチームの強さなどの違いがあります。

重たいアイロンはプレスされやすいですが、その分移動が大変です、力の弱い主婦には負担になってしまいます。

一方で軽いアイロンは移動は楽ですが、軽く押さえつけながら滑らせないと皺が取れません、これも慣れないとストレスになります。

どちらがいいと言うよりは、今まで使い慣れているアイロンに大きさや重さが近いものを選ぶのがおすすめです、これは単純に慣れの問題なので、多少の差であればそれほど気にすることはないと思います。

それなら買い替える必要がないと思えるかも知れませんが、やはりスチーム機能が進化しています。

スーツのアイロンのかけ方でも紹介したのですが、スチーム機能があると非常に簡単に洋服の皺を取ることが出来るのです。

スチーム専用のアイロンと従来のアイロンを使い分ける方法もありますが、はっきりいってスチーム専用のアイロンの値段と普通のアイロンに値段の差はありません、それなら一つに統一したほうが収納スペースを考えてもおすすめです。

アイロンを購入する時は実際に手に取って確認してください、電気屋さんで売られています。

実物を確認した上でネットで最安値で購入するのであれば間違いないでしょう。

アイロン台のすすめ

最近はアイロン台も進化しています、高さの調節はもちろん、スチーム機能を活かすために抜けが良く設計されています。昔ながらの座って行うタイプに慣れた方は、そちらでもいいのですが、今まであまり経験がないのであれば、立ってアイロンをかけることが出来る台がおすすめです。

私も長年座ってやっていましたが、立ってアイロンをかけた方が断然楽でした、洋服のセットがしやすく、自分自身が細かく動けるので動作が素早くなります。

前はアイロンをかけた後の衣類をハンガーにかけるために、いちいち立ち上がっていたので、凄く手間が省けました。

これも好みだとは思うのですが、アイロン台だけでも作業効率は変わるものです。

【スポンサーリンク】

まとめ

おすすめのアイロンと言っても重さや大きさは人それぞれ違います、確実な正解などありません。

買い替える時に間違いないのは、今まで所有していたアイロンと近い重さや大きさを選ぶことです。

最近のアイロンはどれもそれなりのスチーム機能が付いていますが、それほど買い替えるものではないので、極端に安いものではなくそれなりのモデルをおすすめしておきます。

同じメーカーでもモデルによって価格差があるものです。

【amazon】T-fal アイロン

またアイロン台の進化も忘れないでください、個人的には立って行うタイプがおすすめです、素早く綺麗に仕上げられます。

モノは大切に長く使うことは素晴らしいですが、モノの進化も上手に取り入れて欲しいと思います。

進化したアイロンとアイロン台は、確実に家事を軽減させてくれます、奥様のプレゼントにもおすすめですよ。

【関連記事】
スーツに簡単にアイロンをかけるコツ

梅雨時に洗濯物を積極的に乾かせ

ハンガーのおすすめは使用環境次第


down

コメントする




CAPTCHA