男の着こなし.com

メンズのベルトの着こなしポイント!ありがちな失敗例

ベルトの決まり事

ズボンの初級編でも紹介したのですが、「ベルトの着こなし」で注意したいポイントは、ズボンの輪っか(ベルトループ)の通し忘れです。

ベルトのループの通し忘れ

ズボンの種類によって輪っかの数は違います。なのでベルトを通した時は必ず後ろ側を確認してください。意外と多くの男性がこれをやらかしています。

ベルトを通した後は、手で触ってチェックするようにしてください。簡単なことですが大切なことです。

このようなミス一つでダサいファッションになるわけではないのですが、このような小さなミスがいくつか重なると一気にダメなオーラになってしまうものです。

【スポンサーリンク】

ベルトの穴の位置

もう一つベルトで気をつけてもらいたいポイントが穴の位置です。

一般的な革のベルトには穴が「五つ」空いています。

その穴の真ん中の三つ目の穴に合わせると、ベルトをバランスよく着こなすことができます。実際に着用した時に見た目の納まりが良くなります。

ベルトの機能的にはどの穴でもいいのですが、無駄に飛び出したベルトは変に目立ってしまいます。

ベルトの穴の不正解

ベルトの穴の位置も着こなしのバランスの一つです。

逆にギリギリなのも頂けません。いかにも「太った」という印象になるので、穴の位置には気をつけてください。

ベルトの穴の一つ目

と言っても、ズボンのシルエットによって腰の位置が変わることがあります。当然ベルトの長さにも影響を与えるので、両隣の穴は許容範囲と考えても良いかと思います。

それ以上の穴のズレはベルトを買い直すなり、カットするなりして調整してください。

穴のないタイプのベルトを使用している場合も、極端に長い状態で使わない方が良いかと思います。たまにベルトが長すぎてズボンの裏側まで伸びている方を見かけます。

またカジュアルなベルトだと穴が多いタイプもあります。そのようなベルトでも長すぎにならないように意識することで、バランスを取ることが可能です。

ベルトの太さ

そしてベルトの太さにも色々あります。単純に細いほうがスーツやジャケパンスタイルには合います。

細いと言っても女性用の紐のようなベルトではありません。一般的なサイズのものです。

ズボンのループギリギリの太いベルトはカジュアルな雰囲気になります。ジーパンやチノパンであれば似合うと思いますが、上手に使い分けてください。

太いベルト

ジャケット、ズボン、シャツ、靴も含めてカジュアルにコーディネートするのであれば、太いベルトも合うとは思います。

私がおすすめしているジャケパンスタイルには、スーツに合いそうなシンプルな細身のベルトのほうがバランスよく収まります。

ベルトの細さについては、こちらのベルトの販売ページを見るとわかりやすいとお見ます。

イタリア 本革 ベルト 

フォーマルなベルトの幅は30ミリ、カジュアルなベルトは33ミリとなっています。実際に私も購入したのですが、並べてみると僅かに違いがありました。

ベルトのフォーマルとカジュアルの違い

またバックルのデザインもパッと見は似ているのですが、フォーマルの黒のベルトは主張が少ないシンプルなデザインに仕上げられています。

ベルトのバックルのフォーマルとカジュアルの比較

ここまで細かくベルトにこだわる必要はありませんが、フォーマル用の黒の一本だけはシンプルなモノを用意しておいてください。

カジュアルなファッションでは自由ですが、ジャケパンスタイルであれば極端に太すぎない方が無難だということです。

ベルトの色は革靴の色と合わせておけば問題ありません。バックや腕時計のベルトなども統一しておくと理想的です。

ベルトのお手入れ方法

革のベルトのお手入れ方法は難しくありません。時々布で拭いてあげてください。

革製品はたまに油の補給をすることでひび割れしにくくなります。革靴用の油でもいいですし、革製品全般に万能なミンクオイルなど一つあると良いかと思います。

ポイントはとにかく「薄く、薄~く」伸ばして使用することです。油を付け過ぎるとズボンが汚れてしまいます。

そして油を足したあとは綺麗に拭き取ります。そして少し時間を置いてからもまた布で拭きあげてください。少しでも油が残っているとズボンが汚れてしまいます。

他に簡単なお手入れ方法としては、革靴用のお手入れの時に紹介した100円ショップにあるウエットシートを利用することです。大抵の革製品にも代用出来る便利なアイテムなのでおすすめしておきます。

参考お手軽な靴磨き100円ショップのすすめ

またベルトのバックルは乾いた布で拭いてください。油はつけなくても大丈夫です。基本的にはこれだけでお手入れはOKです。

バックルの金属部分を完全に取り外せるのであれば、ピカピカにすることも可能なのでしょうが、大抵のベルトでは無理なので多少のくすみは受け入れてください。

【スポンサーリンク】

ベルトの保管方法

ベルトの保管方法は吊るして置くことが理想と言われています。お店でも大抵は吊るして展示してあると思います。

乱雑にベルトを置いてしまうと、余計な皺が刻まれることになるので、なるべく吊るして保管するように意識してください。

自宅でもベルトを吊るせるように、このような専用品があると便利です。

これはベルトハンガー(ベルトホルダー)と呼ばれるものです。

それほど値段が高いものではないので、好みのデザインのモノを探してみてはいかがでしょうか。よほどなことがない限り壊れるモノではないので、おそらく一生モノになります。

【amazon】ベルトハンガー

【楽天】ベルトハンガー

こういった小物を揃えていくのもファッションの楽しみの一つだと思います。誰かに見せるものではないので、完全な自己満足ではありますが、このようなお気に入りの小物を手に入れると嬉しいものです。

あなたが所有している他のハンガーの素材や、クローゼットとのバランスを考えて、毎日が楽しくなるようなベルトハンガーを選んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに私が現在使っているベルトハンガーは100円ショップのものです。

100円のベルトハンガー

本当はもっと良い物が欲しいのですが、自分のイメージしているベルトハンガーに出会えていないので、とりあえずこれで我慢しています。

ベルトハンガーには洋服ブラシもかけておけるので、クローゼットの中に一つあると便利だと思います。

ただしベルトハンガーはあまりお店で売られていません。通販ではなく現物を確認したい方は「東急ハンズ」がおすすめです。たくさんのベルトハンガーが展示されていました。

次はベルトの上級者向けの着こなし情報を紹介します。お金に余裕のある方は参考にしてみてください。

次は:ブランド物のメンズのベルトは、上品なデザインのベルトを!
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示


コメント

  • ダイソーに三種類販売されていましたよ

    by 匿名 €2016年7月7日 20:55

down

コメントする