男の着こなし.com

洋服が似合うスタイルへ、ダイエットと体型維持について

ジャストフィットのメリット

ここまではファッション基礎講座の初級編、ファッションアイテムへの理解とお手入れ方法、そして中級編の購入時のチェックポイントについて紹介してきました。

この先は上級編になるのですが、その前に頭に入れておいてほしいことがあります。

それは洋服の似合う体型についてです。

ここまで一般的な体型の男性へ向けての着こなしテクニックを紹介してきたのですが、やはり理想はスマートな体型の方が洋服が似合いやすく魅力的です、これは当たり前ですよね。

ランニング中の男性

洋服を大切に扱って愛着を持つようになると、洋服選びも楽しくなり慎重に吟味して購入するようになります、洋服に無頓着だった頃のように試着もしないで適当にサイズを選ぶこともなくなります。

これは洋服だけに限らず、帽子でも靴でも全体のバランスを意識出来るようになります。

そのバランス感覚が身についてくると、次は自分の体型のバランスにも意識がいくようになるものです。

【スポンサーリンク】

体型維持効果

きちんと身体のサイズに合わせて選んだ洋服をカッコよく着こなすためには、そこから太るわけにはいきません。

きちんと洋服のサイズを合わせる理由はカッコよく着こなすためですが、もう一つのメリットが「太ったらすぐにわかる」ということがあります。

太ったお腹

洋服のサイズを気にしないでダボッとした洋服を選んでしまうと、余裕があるだけに太っても気がつきません。

たかが購入時の洋服のサイズ合わせですが、健康にすら影響を与えることがあります。

ファッション好きになると、体型を気にするようになるので健康になる、ということでもあります。

また年輩の方の場合は認知症予防にもつながるそうです。

参考認知症予防にオシャレが効果的

【スポンサーリンク】

上級編の前にダイエット

この先の上級編やその他のアイテムの購入の前に、体型や体重を意識してもらいたいと思います

もし普段よりも太っている状態であれば、洋服の購入を先延ばしにしてもいいと思います。

まずは自分の平均的な体重までダイエットをしてから、きちんとサイズを合わせた洋服を選んでほしいと思います。

やる気があるのであれば、そこからさらに絞るのもいいと思います、もちろん痩せている人は別です、むしろ体重を適正値に上げてから試着をしてもいいぐらいです。

極端なダイエットをする必要はありませんが、多少はスタイルを整えてから洋服のサイズを合わせた方が多くの気づきやメリットがあります。

ダイエットをする男性

お気に入りのカッコいいピッタリサイズの洋服を手に入れると、少しでも太れば着られなくなってしまうので、自然と節制が出来るようになります。

太っている人は本心では太っていても構わないと思っているから太っています、本心から痩せなければいけない明確な理由があれば、自然と体型を維持させようと脳が判断します。

これが健康診断の数値が危険ゾーンだと、多くの人のダイエットは成功します。

健康に直結する現実を受け入れることになります、ダイエットしないと死に近づくので脳が積極的に行動させてくれます。

メタボ検診

洋服のサイズ合わせもこれに近いといいますか、大好きな洋服が着られなくなるというのは、洋服好きにはかなり辛いことです。

普段から洋服が似合わない体型にならないように、自然と「から揚げ弁当」が「鮭弁当」になるものです、「ラーメン」が「そば」になるものです。

洋服好きであれば美味しいものを食べたいという欲求よりも、大好きな洋服が似合わなくなるほうがイヤなので、無理なく自然とダイエットが出来て体型維持することになるわけです。

その為にはダイエットの先に洋服のことを好きにならなけばなりません、だからこそ初級編、中級編を先に紹介させていただきました、是非マスターして洋服に愛着をもてるようになってください。

洋服好きになれば自然と洋服が似合うスタイルに近づきます、無理なダイエットをする必要もありません、体型維持が当たり前になります。

次はおすすめのダイエット方法について紹介します。

次は:日常動作にストレッチを!ラジオ体操も真剣にやれば効果的
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示


down

コメントする