男の着こなし.com

スーツ不要論?制服としてのスーツのメリット、デメリット!

スーツは不要?

今回は最近の若者のスーツに対する意識について紹介します。

マイナビニュースによるアンケート調査(男女300人)によると、「仕事にスーツは必要?」という問いに対し、

スーツの肯定派が 28.7%、否定はが64.3%、その他が7.0%と発表されていました。

六割以上の人がスーツに否定的だったようです。

スーツ姿の男性

正直、これはチャンスですよ。

それだけ多くの人達がスーツの魅力、メリットに気づいていないと言うことですから。

きちんとスーツと向き合うだけで、周りのダサい男性を出し抜くことが出来るということです、スーツをきちんと着こなすことより、カジュアルな洋服を着こなす方が難しいことを知らないわけです。

そこで今回はスーツの魅力、メリット、デメリットについて紹介します。

【スポンサーリンク】

スーツの魅力

学生時代の制服で考えるとわかりやすいのですが、取りあえず制服さえ着ていれば、それなりに見えますよね。

これ実は凄く重要なことです、私服の高校に通っていた方と話すと「毎日何を着ていけばいいのかわからなくて大変だった」と言います。

私服は一見自由なようですが、毎日同じ洋服を着るわけにもいかず、さらにファッションセンスも問われます。鞄や靴まで考えるとなると、予算的にも厳しい学生には、かなりハードルが高いわけです。

ダサイファッションの学生

ファッションに興味がない人ほど、決められた制服による底上げ効果で助けられているわけです。

サラリーマンのスーツにも同じような効果があります、取りあえずスーツさえ着ておけばそれなりにはなるわけです。

考えてみてください、カジュアルな格好の営業マン、かなり難しいと思いませんか?

私服の銀行マン、相当ハードルが高いと思いませんか?

カジュアルな格好で、お客さんから信用してもらえる清潔感を出すことは出来ますか?

出来ないことはないですが、相当レベルの高いファッションセンスが要求されることになります。

おしゃれな外人

スーツや制服の魅力はファッションに興味がないレベルの人を一定のレベルまで引き上げてくれることです

スーツのメリット

他にもスーツにはメリットがたくさんあります。

それはだらしない体型を隠してくれるということです。

このサイトのあちこちでも書いていますが、スーツ姿というのは、いわゆる中年のおじさん体型を上手に隠してくれるように出来ています。

WS000001(ジャケットをだらしなく着ると隠せませんが)

適度に張りのある生地で堂々とした胸のふくらみを演出し、お腹のふくらみをおさえ、目の錯覚を利用してスマートにも見せてくれています。

さらに一般的な紳士服の量販店で売られているスーツは、耐久性や耐摩耗性も考えられています。

長時間着用しても皺になりにくい素材が使われており、毛玉も出来にくくメンテナンスが容易な生地が使われています、洋服のメンテナンスの知識がなくても清潔感を保ちやすいように考えられています。

一方でカジュアルな衣料は、そこまで考えられていません、皺や毛玉も出来やすく、清潔感や誠実さを表現するのは難易度が高くなります。

そしてスーツはカジュアルな洋服のようにサイズがSMLのような大雑把なものではなく、体型別に細かくサイズ展開されています。

モデルのような引き締まった体型であれば、カジュアルな洋服のMサイズがピタリと合うかも知れませんが、不特定多数の方に合うとは限りません、むしろ似合う人の方が少数派です。

細かくサイズがわかれているスーツやワイシャツというのは、不特定多数の人が似合う可能性が高いということです。

当サイトではジャケパンスタイルをすすめているのですが、これはスーツのように細かくサイズを合わせられるからです、様々な体型の方に似合う可能性が高いからです。

本当にスーツはよく出来ています。

ファッションに興味がないダサい人ほど、実はスーツの恩恵を授かっています、全く気づいていないですけど。

もしスーツが不要になると、ファッションセンスの良い人と悪い人の差がますます広がることになります。

家ではダサいお父さんも、スーツ姿はカッコいいということは珍しくありません、というか中年のおじさんの多くはそうだと思います。

スーツ不要と考えている若い世代は、よほど私服のファッションに自信があるのか、スーツの魅力に気づいていないのかに分かれると思います。

スーツのデメリット

アンケートでスーツが不要と答えていた方の意見を紹介すると、

  • 疲れる
  • 窮屈
  • 伸縮性が悪い
  • 肩がこる
  • 暑苦しい
  • 通気性が悪い

などがありました。

これらの意見が間違っているとは言いません、確かにそのようなケースがあると思います。

スーツはサイズ合わせを適当に済ませてしまうと、窮屈で疲れやすく肩もこります。

洋服に無頓着な人ほど試着を適当に済ませてしまうので尚更です、大きすぎるスーツは身体にまとわりつく生地が多く抵抗が増えます。

Tシャツを着たまま泳ぐと抵抗が増えますが、ピタリとした水着を着れば抵抗がありません。

試着を適当に済ませて大きすぎるサイズを選んでしまうと、僅かな動きや風や重力の影響を受けやすくなります、実際に生地が増えた分、重さも増すことになります。

適当にスーツを選んでしまうと、デメリットが引き立つことになります。

肩をおさえる男性

ですが、きちんとサイズ合わせをすることで着心地はかなり改善されます、ピチピチなサイズが良いわけではありませんが、スマートなスーツは見た目が良いだけではなく、着心地にも影響を与えます。

最近は伸縮性のある生地や通気性の良い生地も開発されています、デメリットの全てを解決できるわけではありませんが、確実に進歩しているので、きちんとサイズを合わせてほしいと思います。

女性から見たスーツ

そしてスーツ肯定派の意見の中で気になったのが、女性の意見でした。

女性から見てスーツ姿の男性は「カッコいい」「男らしい」「頼もしい」「仕事が出来そう」など、スーツに対して概ね好印象の意見が多いです。

男性はスーツの機能性に対しての意見が多かったのですが、女性からはスーツの見た目に対する意見が多いです。

女性は自分の容姿、鏡と向き合っている時間が男性とは桁外れなので、ファッションセンスが比べものにならないぐらい差があります。

参考ファッションセンスが悪い男の特徴

女性は洋服の見た目のバランス、ファッションセンスを見極めるレベルが、男性とはまるで違います、そのファッションに対して厳しい目を持っている女性に対して、スーツは武器になるということです。

そして世の中の消費者の中心は、間違いなく女性です。

男性は商品の質やコストパフォーマンスを重視しますが、女性は雰囲気やバランス、見た目を重視します。

これは外食で考えるとわかりやすいと思います、大雑把にわけると、お店の雰囲気や料理の見た目、盛り付けを大切にするのは女性です。

一方で男性は店が多少汚くても、安くて旨いをありがたがる傾向があります。

男性はスーツのデメリットに目がいきがちですが、女性は男性のスーツ姿のメリットを感じ取っています。

スーツは女性に嫌われにくいということです。

スーツ姿の二人の男性

ファッションセンスが良い男性であれば、カジュアルな格好でも清潔感や誠実さを演出することが出来ますが、これはファッションの方向性や好みも含まれるので難易度が高いです。

たまに開き直って「俺は動きやすいジャージでいいんだ」という方もいますが、仮に仕事が出来ても女性からは嫌われてしまいます。

誰も真似できないほどの圧倒的な仕事の質があれば、ホリエモンや本田圭佑のように突飛なことをしても周りが合わせてくれますが、一般の方が同じような行動をとっても誰もついてきません。

スーツを着るということは「疲れやすい」というデメリットを差し引ても、あまりあるメリットがあります、一番は女性に嫌われにくいです。

その疲れやすいというデメリットも、きちんとスーツと向かって選ぶことで軽減させることが出来るので、きちんと購入時に試着をして選んでほしいと思います。

私服は自由!?

自由という言葉の響きはいいですが、制限があるからこそ自由には選択肢が生まれます。

スーツ姿という制限の中だからこそ、丁寧なサイズ合わせやネクタイやシャツなどの小物との組み合わせで、センスの良さを嫌味なく演出することが出来ます。

学生服という制限があるからこそ、女子高生は必死に着こなしを考えて可愛らしさを発展させていきました。

たたずむ女子高生

スカートを短くしたり、靴下を変えたり、リボンの結び目をかえたり、あえて大き目のセーターやカーディガンを組み合わせたり、制服という制限があるからこそのファッションです。

ちなみに私の住んでいる近くの高校は、数年前から私服がOKになりました。

初めの頃は私服姿の学生であふれて話題になったのですが、数カ月も経つとほとんどの生徒が制服に戻りました。

どちらでもいいのに制服を選んでいる生徒がほとんどです、男子生徒に限っていえば、ほぼ制服だと思います、自由は難しいのです。

【スポンサーリンク】

まとめ、スーツの凄さ

スーツや学生服のように、制服というシステムは本当によく出来ているのだと思います。

職種にもよりますが、職場の格好を緩やかにしても、おそらくその高校と同じような現象が起こるのではないでしょうか。

会社内でカジュアルな格好で仕事をし、取引先に出向くときだけスーツという使い分けも出来ますが、急なお客様や緊急を要する対応の時にスウェット姿では、やはり信用問題になります。

むしろスーツ姿というのは、デスクワークの時は上着を脱いでネクタイを緩めることも出来るので、環境に合わせて臨機応変に対応が出来ます。

ネクタイを緩める男性

スーツはかなり万能です、最も職場環境に合わせたよく出来た制服です。

スーツのデメリットもありますが、メリットに目を向けるとスーツの素晴らしさも見えてくると思います。

スーツ嫌いな人こそ、一度きちんとスーツと向き合ってほしいと思います、あなたの身体にフィットしたスーツといのは、あなたの魅力を引き出して輝かせてくれるものです。

世の中からスーツ嫌いな男性が増えることは、一方でスーツを着用している男性の株が上がることになります。

ファッションセンスに自信があるのでなければ、私はスーツ姿(ジャケパンスタイル)をおすすめします。

【関連記事】
洋服を馴染ませて着心地をよくする方法

スーツで疲れやすい人の特徴を紹介

目の錯覚を利用した男の着こなし術


down

コメントする