男の着こなし.com

女性が嫌がる夏の男性ファッションの一位は透け乳首!

男性の透け乳首

私はワイシャツの下に肌着を着ても構わないというスタンスなのですが、ファッションにこだわる男性の中には、ワイシャツの下には何も着てはいけないという意見の方も多いです。

洋服が発展したヨーロッパでは、そもそもワイシャツが下着だから、紳士は人前でジャケットを脱ぐことはない、なんて最もなことを言うわけです。

紳士 肌着

それはそうかも知れませんが、ここは高温多湿の日本ですし、だからこそクールビズなんてものがあるわけで、日本ならではの事情としてはワイシャツの下に肌着を着用したほうが、快適に過ごせると思っています。

欧米の料理も日本人向けの味付けになっているように、適材適所で変化してもいいのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

夏場に嫌われる男性のファッション

夏場に嫌われる男性のファッションは?という女性向けのアンケートの結果が衝撃的でした。

  1. シャツの上に透けている乳首
  2. 薄毛の汗
  3. ワキの汗、ワキの染み
  4. 背中の汗
  5. ワイシャツの下に肌着を着ていない

これのどこが夏のファッションなんだとツッコミを入れたくなりますが、全て夏場の汗が原因になっています、女性にとって男性の汗というのは、心底イヤな存在なのでしょう。

この結果を見てもらえばわかると思うのですが、2位の薄毛の汗以外はワイシャツの下に肌着を着ていれば解決する問題でもあるわけです。

肌着の男性

通気性のいい肌着をワイシャツの下に着ていれば、汗でべたつくことも少ないですし、背中の汗も目立たないわけです、わき汗も肌着でブロック出来ます。

男性の「透けた乳首」を見てセクシーだと思う女性はいません、ワイシャツの素材にもよりますが、肌着なしだと女性にセクハラと思われる可能性もあるのです。

ワイシャツの下の肌着は邪道だ!という意見の方もいますが、本場欧米の意見よりも、現実的な日本の周りの女性の意見を尊重した方が良い(モテる)と思います。

そう考えるとワイシャツの下の肌着が重要なアイテムに見えてきます。

【スポンサーリンク】

ワイシャツが透ける理由

昔の日本のサラリーマンの多くはワイシャツの下に肌着を着ていました、しかしここ10年ぐらいでサラリーマンのファッションはどんどん変化していきました。

やたらとヨーロッパの本場のファッションを押すような風潮があり、ワイシャツの下に肌着を着るのはダメ!という流れになりました。

確かにヨーロッパのファッションはカッコいいとは思いますが、やはり日本とは気候が違いますし、温暖な地中海とはいえ、緯度は北海道ぐらいですから湿度も低いわけです。

また日本に多く普及しているワイシャツは、形状記憶や皺になりにくいことを良しとする傾向があるので、ポリエステルなどの混合物が多いです。

WS000000

ポリエステルは人口的な繊維で凹凸があるわけではないので、通気性も少なく汗が出るとベターっと肌に張り付きやすい素材です、ワイシャツが肌に張り付くと当然透けやすくなります。

ポリエステルのような化学繊維のワイシャツは日本独自に発展してきているので、そもそも下に肌着を着ていることが前提でもあります。

なのに形だけ本場を取り入れるから透け乳首問題が浮上してしまうということです、本場のワイシャツの多くはポリエステルではありません。

解決方法は二つです。

ワイシャツの素材を見直すか、下に肌着を着用するかです。

ポリエステルが混じっているのワイシャツの場合は、問答無用で肌着を着用してください、汗を吸い取ってくれるので透け問題だけではなく、体臭対策にもなります。

ワイシャツの素材を変えるのであれば、綿100%の透けなさそうな生地や柄を選ぶことです。

綿100%でも織り方で生地の質感というものは違いがあるものですが、ポリエステルが混じっていなければ、それほど透けるものではありません。

冠婚葬祭などのフォーマルな席では、シンプルな織り方の生地が望ましいですが、それ以外でシチュエーションであればどのような織り方の生地でも構わないのではないでしょうか。

WS000000

個人的にはオックスフォードの質感が好きで愛用しています。

ただしオックスフォードは厚みがあるだけに透けや通気性は問題ないのですが、新品の状態では肌触りがあまりよくありません。

ある時デートで遅れそうになったので、しばらく小走りになったのですが、乳首が擦れて痛みが発生してしまいました(苦笑)。

その後の展開で結ばれるチャンスがあったのですが、乳首の痛みが気になってその日は帰りました。

マラソンランナーが擦れ対策にニップレスやワセリンを塗ることがあるそうですが、日常の小走りでもシャツの生地が硬いと同じようなことになると学びました。

そのような経験から基本的にどのワイシャツでも下に肌着を着用するようになりました。

次はおすすめの肌着について紹介します。

次は:ワイシャツの下に肌着は着るならベージュのVネックが一番!
mae iro iti iro ni tugihe
2ページ中、1ページ目を表示


down

コメントする