男の着こなし.com

捨てられない洋服の扱い方!見落としがちな元を取る方法

捨てられない洋服の特徴

セールでお得だったからと、つい購入してしまった洋服というのは中々捨てられません。

ほとんど袖を通したことがない洋服を捨てるのは忍びないですし、「いつか必要な時がくるかもしれない」と思ってしまうものです。

クローゼットの中の洋服の向き

残念ながら、そのいつかはかなりの高確率で訪れないのですが、頭でわかっていても捨てられない洋服を抱えている方も多いと思います。

そこで今回は段階別に捨てられない洋服の扱い方を紹介します。

【スポンサーリンク】

1 転売

最近ではフリマアプリが普及したこともあり、洋服の個人転売が当たり前になってきました。

スマホで時間を確認する男

ある程度の名の知れたブランドの洋服であれば、状態にもよりますが、それなりの価格で手放すことが可能です。

また二束三文ではありますが、リサイクルショップを活用するのも良いかと思います。リサイクルショップの場合、「次いでにこれも捨てようかな」と一気に片付きやすいというメリットもあります。

2 譲る

「譲る」というのは、単純に知人に譲るということです。フリーマーケットを活用しても構いません。

ほとんど着ることもなく洋服を捨てるとなると、罪悪感やもったいないという気持ちが働きますが、誰かの役に立ったと思えれば精神的に楽になります。

3 資源回収

洋服を資源として回収するのは、地域によって様々なのですが、公共の施設で引き受けてくれることがあります。

工場などで油を拭き取る雑巾として、再利用されたりするようです。

工場で作業する女性

普通に燃えるゴミとして洋服を捨てるよりは、何かしらの役に立てる方法です。

多くの自治体で燃えるゴミが有料になっていますので、かさばる洋服を捨てる方法としてはおすすめです。私の地域ではシーツやタオルなども引き取ってもらえます。

詳しくはお住まいの地域のルールに従ってください。

もちろん自宅で雑巾代わりに使っても構いません。使い古したシャツの薄手の綿は、靴磨き用の布として最高です。大掃除などで油汚れを拭き取るのにも使えます。

4 着る

そして私が最もおすすめしたい方法が「着る」ということです。これは言葉の通り、捨てられない洋服を着ることです。

多くの捨てられない洋服というのは、何かしらの理由で着なくなることがほとんどです。太って着られなくなる場合は別ですが、着ようと思えば着られるはずです。

スーツに袖を通す男性

ちょっと背伸びして購入した洋服などは、中々着ていく機会がありませんが、気にせずに自宅の中で着てしまえばいいわけです。

これは「お客様用のオシャレな食器」と似ています。

たまにしか使用しないお客様用の食器を、普段から当り前に使うようなことです。

オシャレなコーヒーカップ

オシャレなデザインのコーヒーカップを日頃から使うことで、毎日のコーヒーの満足感が上がります。

自宅では楽な格好をしている方が多いと思いますが、そこで捨てられない洋服、特にお気に入りだけど着る機会のない洋服を着ることで、生活が少し豊かになります。

これが「着る」という選択肢です。

スーツや晴れ着でも構いません。実際に何度も着ることで、その洋服の特徴や選んだ理由がはっきりとしてきます。

  • 座るとシワが多い
  • 汗ジミが目立つ
  • 伸縮性がない

などの特徴がわかれば、次に購入するときの判断基準になります。次からはセールだからと目をつぶることがなくなります。

お客様用のオシャレな食器も、実際に使ってみることで特徴がわかってくるものです。

  • オシャレだけど持ちにくい
  • 重ねられない
  • デザインが凝っていて洗いにくい

などの特徴がわかることで、次に購入する時の判断材料になるわけです。

洋服も実際に着ることで気づくことがたくさんあります。

冠婚葬祭のような特別な機会だと、洋服の良し悪しを見極めるようなことになりませんが、自宅でリラックスした状態だと、たくさんの気づきがあるものです。

スーツ姿でコーヒーを飲む男性

これが最も洋服の購入代金の元を取る方法だと思います。その洋服から何も学ぶことなく手放してしまうと、同じような洋服をまた購入してしまいます

捨てられない洋服を、あえて自宅の中で着てみてください。動きにくさや汚れやすさなど、様々な気づきが得られるものです。

【スポンサーリンク】

まとめ 洋服の使命

洋服は飾っておく為のものではありません。人が着てこそ洋服の役割を全うしたことになります。

マネキンがきている赤いタキシード

いつか着る機会がくるかもしれないと、洋服を捨てずにクローゼットの肥やしにしてしまうと、洋服の使命は果たされません。

それよりも素早く手放すことで、他の人の役に立つかも知れません。

最も悲しいのは長年クローゼットやタンスの肥やしにされ、色褪せ、虫に食われ、誰にも着られることなく捨てられていく洋服です。

だからこそ、捨てられない洋服は積極的に着てしまえばいいんです。

お客様用の食器を使用すればいいんです。

見得をはるためデザインだったと気づくことで、食器の本質と向き合うことができるようになります。

バカラのグラス

次からは重さや持ちやすさなどを踏まえた上で、お気に入りのデザインを選べるようになるものです。本質を理解すると、必要以上に凝ったデザインや形状を選ぶことはなくなります。

これは洋服でも全く同じです。

有名なブランドだからと、流行のデザインだからと適当に選んでしまうと、本質から遠ざかってしまいます。このような基準で洋服を選んで残念なことになっている方を、しばしば見かけるものです。

購入候補の洋服を着用するシーンを想定し、手入れのしやすさやクローゼットのスペースのことも考慮してください。試着をするのはそれからでも遅くありません。

セール品というのは、この考慮する時間をすっ飛ばす効果があります。

  • 今日限り!!
  • 期間限定!!
  • 数量限定!!

などのコピーに煽られてしまい、冷静な判断を鈍らせてしまいます。

もちろんセール品が悪いということではありません。そもそも洋服の価値が数ヶ月で激変する方がおかしなことです。

派手なセールのチラシ

半額になっても洋服そのものは何も変化していません

あくまでも洋服屋さんの都合で価格が変動しているだけす。季節に合わせた売れ筋商品や、在庫の問題でセールになります。

そのような基準に左右されるのではなく、あくまでも自分の基準で洋服を選んでください。この基準が身についていれば、セール品でも全く問題はありません。

捨てられない洋服が多い方は、お店の都合に左右されていることが多いです。要するに必要のない洋服を買わされている可能性が高いです。

洋服の本質を見極める為にも、捨てられない洋服の袖を通してみてください。リラックスしている自宅という空間だからこそ、多くの気づきが得られると思います。

【関連記事】
クローゼットの簡単な掃除方法

革靴の皺に愛着がもてるようになろう

洋服の着心地をよくする方法


down

コメントする