男の着こなし.com

男性こそ「身だしなみを整える」必要がある本当の理由

身だしなみを整える必要性

「人は外見じゃない、中身だ」という意見がありますが、そのようなことを言う方ほど実は外見に大きく影響を受けています。

外見から受ける影響力を理解していないので中身だと言うわけです、理解していないこそ無意識に外見の印象から大きく影響されてしまいます。

逆に外見を変えることによる違い、影響力を理解している人は、他人の装いから内面を判断することができます。

ここを間違えないでください、料理であれば誰もが見た目の影響力を受けています、メニューの写真や食品サンプルの見た目に大きく影響されます。

ws000000

料理の味が大切なのは当り前ですが、盛り付け方や器によっても満足度は違います、そこを軽視している料理人が一流なわけがありません、「味で勝負だ!」と言って適当に盛り付けている料理人は皆無です。

人は内面は外見にあらわれるということを誰もが本能で理解しています、相手が自分にとって危険な人物なのか、相対する人物なのか、良い関係を築ける人物なのか、過去の記憶(脳内のデーターベース)を元に、まずは見た目の印象から振り分けます。

過去の記憶が少ない子供は、強面の人と相対しても「恐い」とは判断できません、そのような強面の人が恐い言動や態度を取ったりすることで経験が蓄積されていき、その後に出会った人が強面だと、恐い言動や態度をしそうな人と振り分けることになります。

「身だしなみを整える」ということは、相対する方の過去のデーターベースに弾かれない為ということです。

これは必ずしも強面だけが当てはまることではありません。

葬儀屋さんは従業員に「いつも笑顔の素敵な人」を求めていません、むしろ神妙な面持ちの方を求めています。

オシャレな洋服屋さんは従業員に「オシャレの質とタイプ」を求めます、どんなにオシャレな方でもお店の洋服と合わなければ向いていません、お店のカラーに合う方を求めています。

銀行員は誠実そうな方を求めています、不潔だったり、歯並びが悪かったり、声が軽かったり、肌がボコボコだと誠実感が失われてしまいます。

スーツが似合う外人

サンタクロースであれば、白髪交じりの高齢の太った男性を求めています。

化粧品売り場は肌の綺麗な女性を求めています、肌が汚いと説得力がありません。

アナウンサーは美男美女でなければなりません、同じ情報をニュースで伝えても美男美女の方が信ぴょう性が増すからです、これがラジオになると落ち着いた声やおおらかな声の持ち主が好まれます。

「身だしなみを整える」必要性というのは、求められている役割に近づけることにあります。

容姿は簡単に変えることができませんが、身だしなみは簡単に変えることが出来ます、それぞれの役割に合った身だしなみに近づけることが整えるということです。

【スポンサーリンク】

女性は当たり前

この「身だしなみを整える」ことの必要性は、女性は当たり前に理解しています。

女性は小さな頃から容姿による差別を受けてきています、正直な子供ほどあからさまに可愛い子を褒めたたえブスには厳しい態度を取ります、理性で抑制することなく本能レベルで美男美女を優遇しています。

女性は小学校高学年ともなれば、自分の容姿がクラスの中でどれぐらいの順位なのか理解しています、所属するグループも容姿によって区別されていきます。

一方で男性は無頓着なまま成長していきます、一部のイケメンは自覚していくのですが、ブ男は自分がブ男だと自覚のないまま高校生ぐらいに成長してしまいます。

自分がブスだと自覚している女性は美人だけが優遇されることを心から理解しているので、少しでも綺麗になろうと努力を重ねていきます。

洋服合わせ

自分がブスである理由をしっかりと理解し、そこを補うための努力を重ねます。

目を大きくするメイク、二重にするマッサージ、顔のむくみを取るマッサージ、ほお骨を隠す髪型、スタイルを良く見せる下着など、女性は少しでも見た目を向上させようと努力しています。

女性は「身だしなみを整える」ことで得られるメリット、そして「身だしなみを整えない」ことで被るデメリットをよく理解しています。一方で男性はデメリットを全く理解していません。

美人というだけで仕事やアルバイトの面接は受かります、同条件では容姿で左右されることをよく理解しています、好条件でも美人に負けることが珍しくありません。

それが当たり前だと理解しているのが女性です、だからこそ同窓会や成人式で久しぶりに再会すると女性は綺麗になっているわけです、努力を積み重ねて自分の容姿や体型に似合う髪型やメイクやファッションを見つけているからです。

一方で男性の多くは努力を重ねていません、中学生の見た目のまま成人式を迎える男性も珍しくありません。

男性ほど必要な理由

ほとんどの女性が身だしなみを整える努力をしているのに対し、ほとんどの男性が身だしなみを整える努力をしていません。

「清潔感があれば十分」ぐらいに捉えています、これは大きな間違いです。

ブスの女性が「清潔感があれば十分」といった程度の努力では見違えることはありません、必死で自分と向き合って絶妙なバランスを整えて、努力を重ねて普通の女性までもっていきます。

女性は全力で身だしなみを整えています、これは流行のファッションやオシャレということではなく、自分のブスの原因としっかりと向き合って整えているということです、だから綺麗になれるわけです。

男性もブスと同じようにしっかりと自分の容姿や体型と向き合い、しっかりと整えることが出来れば、必ず見た目の印象は良くなります。

エアロバイクをこぐ男性

必ずしもイケメンやオシャレになることだけが「身だしなみを整える」ことではありません。印象が良くなるというのは「自分や職場が求めている印象に近づける」ということでもあります。

大工さんになりたい高校生が面接時に、色白でヒョロヒョロでガリ勉のような眼鏡をかけていれば、良い印象になるわけがありません。

運動部に所属していなくても、面接に向けて身体を鍛えて健康的な日焼けをしてコンタクトレンズに変えて、きりっとした表情を身につける努力をすることも「身だしなみを整える」です。

「清潔感さえあれば十分」は甘えです、全く持って十分ではありません、全力で清潔感のある男性を目指してください。

ボディーガードになりたければ、身体を鍛えることはもちろん、鏡で引き締まった表情を見つけることも大切です、いつでもその緊張した雰囲気を醸し出せるようになる必要があります。

多くの女性は鏡の前で笑顔の練習をしたことがあると言います、少しでも可愛く魅せることが重要だと理解しています、その現実を突きつけているのが男性による美人優遇の差別です。

男性は女性に比べて圧倒的に努力が少ないです、メイクをしろとは言いませんが、髪型や眉毛や洋服の着こなしによって、自分が成りたいイメージに近づけることは可能です。

強面になる必要があるのであれば、眉毛を細くしたり、剃り落としたりするわけです、目だけで相手を圧倒出来ないからスキンヘッドやらパンチパーマやら剃り込みで迫力を増しているわけです。

彼らのような男の世界では、少しでも迫力を増そうと努力しているわけです、これは少しでも綺麗になろうと努力している女性と同じです。

一方で一般男性は努力が足りなさすぎます、だからこそ「伸びしろ」があるとも言えます。

今までろくに努力もせずに順風満帆だった男性はベースが良い可能性があります、容姿や体型を整えることでさらに魅力が上がる可能性があります。

一方でうだつの上がらない男性が努力をすることで、普通の男性ぐらいまであがる可能性があります、チビでデブでハゲでも努力する余地はあります。

ダイエットを頑張って体型を整え、スマートに見える洋服を着こなし、姿勢を正してシークレットブーツでも履けば見た目の印象は大きく変わります、ハゲに似合う髪型にしたり、お金を稼いで増毛したっていいわけです。

もう一度いいます、多くの女性が努力して努力して身だしなみを整えています、必死で整えた結果、普通の女性をキープしてくれています。

これを忘れないでください、どんな男性も努力をすることで向上することが可能です。

「男は清潔感さえあれば十分」

「男は顔じゃない」

は甘えです、女性は「顔やスタイルが最も大事」ということを心から理解しています、そうさせているのが男性による見た目の印象の差別です。

「男は顔じゃない」という男性がキャバクラにいくと顔やスタイルで女性を選ぶものです、しっかりと見た目で判断しています、それが人間です。

ありのままはNG

「世界に一つだけの花」や「ありのままの自分」のような歌の歌詞がありますが、これを鵜呑みにしてはいけません、歌っている人は美男美女です。

ありのままで勝負できる美男美女の意見に耳を傾けないでください、彼らはベースが90点なので、奇抜なファッションや髪型をしても80点以上をキープできます、似合っていなくても基礎点が高いので悪く見えないだけです。

彼らだって無難な王道のファッションに身を包むと、大抵は90点以上をたたき出します、何てことのないスーツ姿が物凄くカッコよかったりします。

オシャレというと流行や奇抜なファッションというイメージがありますが、それは間違いです。料理人の創作料理のようなもので、大抵は余計なことをして素材を台無しにしています。

変わった料理

料理人だって本当は素材の味を活かした王道の料理を出した方が良いとわかっているのですが、プロとして常に新しいことにチャレンジする必要があるわけです、あえて変化をつける必要があるから創作しているわけです。一般の主婦が創作料理をする必要などありません。

これはファッション業界でも全く同じです、王道のファションが最もカッコよくなることを理解していますが、常に新しい流行を生み出さないことには新陳代謝が起きません、平たく言えば新しい洋服が売れません、だから常に新提案をし続ける必要があります。

奇抜な男性ファッション

ファッションモデルだって普段から奇抜な格好をするわけではありません、一般男性がファッションの流行を極端に取り入れる必要などありません、それよりも自分の粗を隠せる着こなしを重視してください、その方が「身だしなみを整える」ことになります。

「身だしなみを整える」とは、「自分の魅力を最大限に引き出す努力をする」ということです、最低限の清潔感さえあれば十分ではありません。

逆に言えば、そのような考えの男性が多いので、少しの努力で周りの男性を置き去りにすることができます、点数が低いので伸びしろがたっぷりと残っています。

90点の人が努力を重ねても数点しか伸びしろがありませんが、50点の人は簡単な努力で20点ぐらい一気に上げることができます。

きちんと自分の容姿や体型と向き合って、自分に似合う髪型や洋服を身につけてください、それだけで一気に点数が伸びます。

似合わない髪型や洋服を清潔に整えても点数は変わりません、もちろん不潔になれば点数が下がりますが、「清潔感さえあれば十分」では加点はありません。

イケメンで苦労したことがない人の意見など無視してください、こちとら必死で努力して70点をキープする必要があるということです。

何とか70点をキープしていれば様々なチャンスが巡ってくるものです、誰だってイケメンや美人がいいに決まっていますが、その次点に食い込めるかも知れません。

さらに笑顔を磨いたり、女心を勉強したり、身体を鍛えたり、何かしらの武器(魅力)を身につけることが出来れば、イケメンと争えるかも知れません。

血管が浮き出た男性の身体

90点の女性と70点の女性がいた場合、会話がそっけない90点よりも、楽しい会話で笑顔の70点の女性に惹かれるものです、その時にスタイルが良い(巨乳)などの武器があればイチコロです。

ただし、これが90点と50点では厳しいということです、なかなか食い込むチャンスが巡ってきません、この点差を埋める為に加点してほしいと思います。

これは仕事でも同様です、リーダーや指導者には頼りがいのある雰囲気があるものです、自信なさげに肩を丸めていては、同じ仕事でも評価は全く違います。

自信なさげに見える髪型や姿勢の悪さが目立つ洋服など、外見によって点数を下げる要素は多いものです。

ある程度の清潔感を意識すれば減点は防ぐことが出来ますが、加点にはなりません。

「身だしなみを整える」ということは加点をするということです、ここを意識してください。

【スポンサーリンク】

まとめ 減点ではなく加点

料理人は綺麗な盛り付けや器も含めて美味しそうに感じさせてくれます、ホステスさんは夜の世界の照明に映えるようなメイクをして着飾っています、みんな努力をして加点をしています。

あらゆる仕事でもそうではないでしょうか、同じ商品でもパッケージデザインや広告を変えることで売り上げが変化します、商品(中身)だけで勝負しているわけではありません。

「中身で勝負だ!」は甘えです、中身だけで勝負できるのは超一流のトップだけです、誰もが認めるイケメンや天才、圧倒的な機能があれば中身だけで勝負出来ますが、多くの男性はそうではないと思います。

ダイソンのコードレス掃除機

「日本で一番安い」とか、「世界で最も機能が高い(ダイソンの掃除機)」など、圧倒的な質がない場合は外見力による加点勝負になります、これはあらゆる商品で行われていることです。

ちなみに超高級羊羹で有名な「とらや」では、全く同じ羊羹でも入れ物によって価格差を設けています、相手への感謝や謝罪の気持ちを伝えるときに、この価格差がモノをいいます。

「中身で勝負だ!」という考えでは羊羹にしか目がいきません、相手が本気で謝罪してきた時に、入れ物の木箱に数千円もの加点をしてきたことに気づいてあげられません、相手の気持ちの度合いを正しくさし計ってあげられません。

と言いつつも桐の木箱に圧倒されるものです、知識がなくとも見た目の影響力は絶大です、一方で「とらや」の木箱の知識があると冷静に判断することができます。

女性は包装紙や袋の装飾にこだわります、見た目の印象による違いを理解しているからです、一方で男性は中身だけで勝負しようとします、これはもったいないことです。

オシャレな包装紙の雑貨

ちなみに裁判では正装をしないと心証を損ねると言います、見た目の印象の良しあしで反省具合を測ります、法の下で平等なはずの裁判官なのに、見た目の印象で情状酌量の余地を判断することは珍しくありません。

それが人間です、清潔感のある格好で頭を丸めて神妙な面持ちをしていると反省していると判断されます、一方で同じ罪でもカジュアルな格好でニヤニヤしていると「反省が足らん!」となるわけです、これは素人も参加する裁判員制度だと尚更です。

見た目が悪そう、恐そう、いやらしそう、というだけで刑罰に差が生まれます、全く同じ罪でも差が生まれます、だから弁護士は正装を求めてきます。

裁判の木槌

元ライブドアのホリエモンこと堀江貴文さんは実刑判決を受けましたが、同じようなケースの裁判で十倍以上の脱税でも実刑判決にならなかった例があります。

これがまさに情状酌量の余地の差です、要するに「生意気だから」で罪が重くなったということです、法の下に平等なはずの裁判官ですら、印象(見た目や態度)によって左右されます、これが人間です。

ことのことについて深く考えるよりも、人は見た目で判断するということを改めて理解してほしいと思います。

見た目で判決が覆るわけではありませんが、少なくとも見た目の印象によって点数は増減します

  • 見た目を整えないと「減点」されます。
  • 清潔感だけでは「イーブン」です。
  • 積極的に身だしなみを整えることは「加点」です。

人は見た目で判断しています、「人は内面だ」と言っている人ほど見た目に影響されています。

素敵な内面がにじみ出ている外見に気づいてあげる為にも、あなたは外見を磨いてください、積極的に身だしなみを整えてください、それは自分自身の魅力を上げることだけではなく、様々な人を見極める能力が身に付くということです。

高級ブランドを身につけることで発奮している人、コンプレックスを必死で隠しながら頑張っている人、陰で筋トレをしている人、スタイルを維持する為に食事に気を使っている人、様々な努力に気づいてあげられます、それは素晴らしいことだと思います。

きちんと料理と向き合ってきた料理人は、他の人の料理に対しても敬意をもっています、凄さや努力に気づいてあげられます、一方で努力を怠った料理人は成長しません、違いすら認識できないのかもしれません。

「身だしなみを整える」ことに全力で向き合ってください、清潔感さえあれば十分では不十分です、今まで向き合ってこなかった男性ほど伸びしろがあるので頑張ってほしいと思います、あなたの本当の魅力はそんなものではないはずです!


down

コメントする