男の着こなし.com

ワイシャツの下に肌着を着るならベージュのVネックが一番!

透けにくい肌着

ワイシャツの下に肌着を着てもOK!と言っても、やはりなるべくなら透けて目立たない方がいいわけです。

カラフルなシャツは当然NGですし、大きな絵や文字がプリントされているものも好ましくありません。

WS000000

これは肌着というよりはTシャツですね、やはり肌着とは見た目も機能も違うので一緒にはしないでください。

参考Tシャツと肌着の違い!

肌着と言えば王道は白だと思うのですが、実は白よりも透けにくいとされている色があります。

それは、何と「ベージュ」です。

おばさんっぽいラクダ色が最も透けない肌着とされています、女性は昔から下着が透けることに敏感なので、当たり前のようにベージュが普及していました。

近頃は男性用の肌着でもベージュが少しずつ増えてきています、ワイシャツの下に肌着を着るなら覚えておいてください。

【スポンサーリンク】

女性用では常識のベージュ

ババシャツは女性のファッションでは当たり前のアイテムです、薄手で温かく透けないので重宝されています。

またテレビや雑誌の通販など見かける女性用の補整下着の多くはベージュです。

それだけベージュが実用的な色ということです。

実はベージュが肌に近い色といのもあるのですが、白い肌着だとワイシャツを通り過ぎた光が反射して肌との境目がはっきりと見えてしまうことで目立つそうです。

ベージュだと光があまり反射をしないので、肌着と肌の境目が目立ちにくいという特性があります。

WS000000 引用元:http://www.uniqlo.com/jp/news/topics/2014061101/

この写真の左側がベージュの肌着を着用しているのですが、右の白い肌着と透け具合が全然違いますよね。

何かの拍子で肌着を見られたときはベージュだと恥ずかしいのですが、常に透けて見られるよりはいいのではないでしょうか。

Vネックも重要!

肌着はベージュだけではなくて、首周りの形も重要な要素になります。

またベージュの肌着は見られた時のダメージが大きいので、特に重要だと思います。

クールビズでワイシャツのボタンをはだけている時に、ベージュの肌着が見えるのはかなりマイナスです。

やはりVネックやU首など肌着を選ぶ必要があります、そこに透けにくいベージュの組み合わせが、最もおすすめ出来る肌着ということになります。

ほわいじゃぱにーずぴーぽー 引用元:http://pigpigace01.com/archives/1869

ファッションに無頓着と言われているアメリカ人は、あまり気にしないようですが。

もちろん肌着を着ないという選択でも悪くはありません、その場合はワイシャツの素材を気を付けてください、厚手の綿100%が理想です。

【スポンサーリンク】

まとめ

汗をかきやすい夏場は、そもそも薄着になるので透けやすくなってしまいます。

男性の透けた肌に対して嫌悪感を持つ女性が多くいるので、やはり紳士たるもの気をつけるべきではないでしょうか。

また最近の機能的な肌着は、暑いからこそ着ることで体感温度を下げる効果もあります。

そのような夏向けの肌着を選ぶこともポイントになります、出来ればVネックでベージュが望ましいですが。

ちなみにグレーの肌着も透けにくいと言われています。

ここまでベージュの肌着をすすめてきて言うのもなんですが、実は私はライトグレーの肌着を愛用しています。

ベージュは人前で脱ぐには、やはり恥ずかしさが伴います。

女性とそのようなことになった時に、ライトグレーの方が様になるように感じています。

仕事用やデート用に使い分けてもいいとは思うのですが、いざチャンスが巡ってきたときにベージュの肌着が頭をかすめると一歩目が遅れてしまうので、私はライトグレーに統一しました。

見た目も透けも気になる方いは、ライトグレーもおすすめです。

前へ:女性が嫌がる夏の男性ファッションの一位は透け乳首!
mae iti ni iro tugi iro
2ページ中、2ページ目を表示

【関連記事】
Tシャツと肌着は似て非なるモノ!

グンゼの肌着が王道たる所以

シャツのオーダーメードのすすめ


down

コメントする




CAPTCHA