男の着こなし.com

「白衣の暗示」を理解するとオシャレの方向性も見えてくる

白衣の暗示とは?

たまたま待合室で手に取った催眠術の本の中に、興味深い内容がありました。

それは「白衣の暗示」と呼ばれるもので、いわゆるお医者さんの白衣の暗示効果について解説されていました。

そもそも白衣は病院やお医者さんの清潔感を表すものであり、真っ白な白衣は掃除が行き届いている証でもあるのですが、それ以上に患者側は意味をもたせています。

いわゆる権威的な象徴として「白衣」を認識しています。

その認識が患者側の安心感につながり、実際に治療効果を引き上げる効果があるそうです。

まったく同じ治療をするにしても、しわだらけの白衣のお医者さんより、ビシッとノリの効いた白衣を着たお医者さんの方が良いわけです。

これはプラセボ効果ともいわれるものなのですが、それを積極的に引き出すためにも「白衣の暗示」を大切にするべきだと解説されていました。

【スポンサーリンク】

プラセボ効果とは

プラセボ効果を簡単に説明すると、ある病気の患者に特効薬だと嘘をついて偽薬(砂糖を固めた錠剤など)を飲ませることで、実際に治療効果が出ることです。

これは本人の思い込みにより、免疫力が高まって自己治療を促すことになるわけです。

「どうせプラセボ効果だろ」

と軽視する方も多いのですが、このプラセボ効果を積極的に引き出すことが重要だと、著者である催眠術の先生がお医者さんに指導しているのだそうです。

大学病院で様々な検査をした後に、研修医を引き連れた権威のありそうなお医者さんが、

「これで大丈夫ですよ」

と言うようなことです。患者側の安心感が跳ね上がり(周囲の家族の安心感も含めて)、プラセボ効果をより引き出しやすくなります。

逆にお医者さんが患者さんと親近感を持たせるために私服で診療してしまうと、信頼関係を築けていない初対面の患者さんの安心感が得られにくくなってしまいます。

プラセボ効果は偽薬だけに働くものではありません。レストランでおいしい食事をしている最中に、不潔なコックさんが目に入ってしまうと、その瞬間に料理の味が落ちてしまいます。

正確には料理の味は変わらないのですが、食べている人の認識が変わるので、美味しさが失われてしまいます。

逆に清潔感のある爽やかなイケメンのコックさんに、笑顔で挨拶されて料理の説明などを受けると、美味しさがアップするわけです。

ここまで読んでいただければ、おそらく「白衣の暗示」の効果は、お医者さんやコックさんの服だけではないことに気がつくと思います。

制服の効果

白衣に限らず、あらゆる制服にも同じような効果が期待できます。

職種よって制服の形は違いますが、基本的には仕事に適した服が制服になるので、その制服を身にまとうことで、見る側に「白衣の暗示」のようなプラセボ効果を引き出しやすくなります。

大工さんのねじり鉢巻きや、威勢のいいラーメン屋さんが頭に巻くタオルもそうです。見る側に本物っぽいという認識があると、それらは期待を膨らませてくれる効果があります。

参考大工、とび職の恰好に宿る機能美!

このように見る側にある認識(イメージ)によって、洋服やファッションアイテムが、仕事の内容に大きな影響を与えます。もう一度いいます。大きな影響を与えます。

「見た目は関係ない!中身で勝負だ!」という方もいますが、その自信満々な中身で勝負する前に、見た目でマイナス評価を受けると難しくなるわけです。卵の殻も不自然に着色されると不味そうに見えてしまいます。

どんなに素晴らしい料理をつくることができても、店構えが汚いとお客さんは入ってきません。また潔癖症の方はコンビニのおでんは食べられないそうです。

この辺の線引きは難しいのですが、自分の基準ではなく、相手(客層や仲間や恋人)の基準に合わせることが上手なオシャレということになります。

あなたという素材を活かすためにも、まずはマイナス評価になる要素を排除してください。

マイナス評価も時代や文化によって左右されるので、必ずしも正解があるわけではありませんが、流行おくれだったり、不潔だったり、まるでサイズが合っていなかったりすると、マイナス評価を受けてしまいます。

それらを排除したうえで、環境に合わせた「白衣の暗示」のようにプラス評価になるファッションを取り入れることが、上手なオシャレなのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

まとめ オシャレをする意味

オシャレをする意味というのは人によって違いますが、多くの男性は異性にモテたいからだと思います。

自分の好きな格好をすることが悪いとは言いませんが、個人的な趣向に偏ったオシャレは多くの女性からマイナス評価を受けてしまいます。

ドクロマークなどがわかりやすいと思います。一部の女性には好感をもたれるかもしれませんが、多くの女性にマイナス評価を受けてしまいます。

自宅の部屋着であれば何を着てもかまいませんが、職場や仲間や恋人と会うときは、上手に使い分けてほしいと思います。

逆にプラス評価を受けるオシャレを定義するのも難しいものです。

あえて定義するのであれば、あなたの好みの女性のタイプが好きそうな男性ファッションといったところでしょうか。

あなたの好みの女性がギャル系なら、あなたがオシャレでプラス評価を受けるのはギャル男のようなことです。

ギャル男っぽいファッションアイテムや髪型が、「白衣の暗示」の役割を果たします。

と言っても、ギャル男っぽいファッションで仕事が成り立つのは難しいわけです。ギャル男専門の洋服屋の店員であれば問題ありませんが、多くの仕事ではギャル男の要素がマイナス評価になってしまいます。

制服や髪型のセットであれば、仕事とプライベートで分けられますが、髪の色や日焼けした肌やタトゥーなどは、使い分けができません。

上手なオシャレというのは、この使い分けができるかどうかでもあります。

あなたにとっての白衣を意識して使い分けられるようになってください。職場はもちろん、プライベートでも意識して使い分けられると、あなたの素晴らしい中身を評価してもらえる機会が増えると思います。

おまけ

ちなみに「プラセボ効果」の反対に、「ノセボ効果」というものがあります。

これは本当に効果のある薬でも、患者側が疑心暗鬼だと効果が引き出せないばかりでなく、悪化してしまう効果のことです。

おいしい料理を食べている最中に、大嫌いな奴が作った料理だと知ると、吐き出してしまうようなことです。

よくバラエティー番組などで、何の肉がわからずにおいしく食べていた唐揚げが、蛇の肉だと知った途端に吐き出すようなことです。

一度マイナス評価を受けてしまうと、正しく評価をしてもらうことは難しくなります。

どんなに中身に自信があっても、試してもらうことすらできなくなります。

外見やオシャレを軽く見ている方の中には、このようなことになっているケースがあるので、改めて気を付けてほしいと思います。なるべくマイナス評価になる要素は排除しましょう。

【関連記事】
清潔感だけでは不十分な理由

ファッションセンスがない人の特徴

洋服と向き合うことで自信UP!?


down

コメントする




CAPTCHA