男の着こなし.com

梅雨時の洗濯物の部屋干しは乾かない!積極的に乾かす方法

梅雨時の部屋干し

洗濯物の部屋干しの生乾きの原因は、雑菌が繁殖するからです。湿度の高い梅雨時に部屋干しをすると、どうしても生乾きの匂いが発生しやすくなります。

現在では除菌成分が配合されている専用の洗剤も販売されているので、梅雨時はそのような専用品を利用するのも一つの手だとは思います(若干洗浄力が落ちます)。衣類の生乾きのイヤな臭いは、柔軟剤の香りで誤魔化すことはできません。結局は雑菌が発生しているので、他の香りで根本的な解決とはなりません。

しかも、一度発生してしまった洋服の生乾きの匂いを完全に抑えるのは至難の業です。

だからこそ、梅雨時は素早く積極的に洗濯物を乾かすことが重要になってきます。前回の記事では洗濯物の「干し方」を工夫することで、早く乾かす方法を紹介しましたが、今回はより積極的に洗濯物を乾かす方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

干し方プラス乾かし方

洗濯物を「積極的に乾かす方法」というのは、「力技」を使うことです。

扇風機の風を当てると当然早く乾きます。風の強さは「強」でなくても「弱」で十分です。あくまでも洗濯物の周りの空気を常に流すことに意味があります。

机の上の扇風機

さらに扇風機よりも効果的なのが除湿機の風です。除湿機によっては洗濯物に当てる風のコースを選べるものもあります。

もちろんエアコンの風でも効果的です。上手に洗濯物にエアコンの風が当たるような位置に洗濯物を配置してください。そもそもエアコンの風は除湿されているので、洗濯物が乾きやすいという特徴があります。

力技のアイロン

洗濯物を強制的に乾かす方法として有名なのは、やはり「乾燥機」です。

最近の高級な洗濯機には乾燥機能が付属しているものも多いです。乾燥機は洋服の生地が傷みやすいとは言われているのですが、匂いを発生させてしまえば元も子もありません。梅雨時は乾燥機を積極的に使ってください。

また自宅に乾燥機がない場合はコインランドリーという手もあります。最近は進化型のコインランドリーも増えてきました。

特に厚手の洋服や毛布などは、そのようなコインランドリーを積極的に利用して、匂いを発生させないよに気を付けてください。

もし自宅で積極的に乾かすのであれば「アイロン」という手もあります。実はこれもかなり効果的です。

アイロン

もちろんアイロンをかけることが可能な生地の洗濯物に限ります。洋服のタグについているアイロンの温度設定もきちんと守ってください。

アイロンは高熱なので殺菌や消臭効果も期待出来ます。カビやダニは高温に弱いので、匂いが発生した後でも効果が期待できます。

アイロンをする男性の手

ただしアイロンも長時間当てすぎると生地を傷めてしまいます。完全に洗濯物の水分を乾かすというよりは、ある程度で止めておいてください。後は普通に干して自然に乾かすほうが安全です。

また同じような力技としてドライヤーの風も使えます。こちらも当てすぎにならないように気をつけてください。

ドライヤーでセットする美容師

洋服の繊維によっては縮むこともあります。また火傷のリスクもあるので慎重に乾かしてください。温風と冷風を交互に使い分けると安全です。

部屋の換気

梅雨時に限らず、室内に洗濯物を干すと湿度がかなり高くなってしまうので、換気扇をずっと回しておくことも大切です。台所の換気扇だけではなく、お風呂場など家中の換気扇を回しましょう。

換気扇

外が雨でも室内に部屋干しをしている場合は、室内の湿度の方が高くなるので換気は必要です。

部屋の湿度が上がってしまうと洋服の乾きが遅いだけではなく、家の中の様々なものまでカビでしまうことにもなるので、やはり換気には十分に気をつけてください。

換気扇をつけっぱなしにすると、電気代が気になる方もいるかも知れませんが、換気扇は電球を付けておくよりも低い電力(LEDは別)と言われています。モーターが作動するだけなので気にするほどではないと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 干し方と乾かし方

洗濯物を早く乾かすには「干し方の工夫」をすることと、「積極的に乾かす方法」があります。

衣類の雑菌は、5~6時間ぐらいで発生すると言われているので、特に大切な洋服の場合は、その時間内に乾くように意識してください。

最近ではエアコンの普及率が高いですが、扇風機も一台あるといいと思います。

扇風機で涼む男性

扇風機は涼むためのモノですが、洋服を乾かすだけではなく、押し入れやクローゼットの中など、湿気がこもりやすいところに積極的に風を送ることが出来るので、室内のメンテナンスとしても使えるアイテムです。

参考クローゼットの簡単な掃除方法

梅雨時の貴重な晴れの日には、家中の窓を全開にして扇風機で押し入れやクローゼットの中の空気も一新させて、積極的にカビを防止してください。

クローゼットに収納している洋服は、簡単に洗濯できないものもあると思います。だからこそ豆に換気をすることがポイントになります。

また帰宅して洋服を脱いだ後に、直ぐにクローゼットに収納しないことも重要です。脱いだ直後の洋服は自分の湿気を吸っている状態なので、しばらくは風のあたるところに干してから収納してください。

大切な洋服から異臭がしてくると悲しいものです。洗濯方法や干し方、そして乾かし方を意識して、大切な洋服を守ってほしいと思います。

また洗濯が難しい衣類は、積極的に洋服ブラシをかけることもおすすめです。

参考洋服の毛玉を刈り取る前にブラシを!

定期的に洋服ブラシをかけることは、ダニやホコリを取り除くことだけではなく、繊維の向きを整えて洋服の寿命を飛躍的に伸ばしてくれます。

洋服ブラシ

洋服のメンテナンスは、洗濯やクリーニングだけではないということも覚えておいてください。

シーズン毎に、新しい洋服に買い替える方には関係のないことかも知れませんが、洋服の寿命は扱い方によって大きく差がでるものです。

洋服の生地が傷む原因と向き合うことで、洋服の扱い方、脱ぎ方、保管方法、そして日ごろの姿勢(足組みや肘をつくクセ等)を意識するようにもなります。

洋服に限った話ではありませんが、きちんと所有物と向き合うことは人間として成長することに繋がるものです。安易に洋服を買い替えるのは簡単ですが、きちんと向き合うことで醸し出される魅力を引き出してほしいと思います。

前へ:洗濯物の干し方を工夫!裏返すと早く乾き、さらにメリットが!
mae iti ni iro tugi iro
2ページ中、2ページ目を表示

【関連記事】
見落としがちなクローゼットの掃除方法

洋服の着心地を抜群によくする3つの方法

アイロンはスチームの強さと重さで選ぼう


コメント

  • アイロンはダニを死滅させることもできるので、皺を気にする洋服だけではなく寝具などにもおすすめですよ

    by D33 €2016年5月25日 17:24

down

コメントする