男の着こなし.com

シャツは脱水しない方が皺にならない!?リスクもあります

シャツの皺の原因

ワイシャツに限らず洋服につく皺の原因は大きく分けて二つあります。

オシャレなワイシャツ

それは洋服を着用している時につく皺と、洗濯時につく皺です。

洗濯機によってつく皺を軽減させるには、いくつかのテクニックがあります。

よく言われている方法として、あまり脱水をしないというものがるのですが、これにはリスクが伴います。

シャツの素材や干す環境を無視してしまうと、せっかくのシャツを台無しにしてしまいます。

そこで今回は洗濯機の脱水によるシャツの皺を減らす方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

シャツの素材

まずはシャツの生地の素材をチェックする必要があります。

様々なワイシャツの素材

洗濯機で脱水をしないで干すと皺が少なくなるのは、ポリエステルが混毛されているシャツです。

形態安定や形状記憶などが表示されている場合は、脱水をしないで干すことで皺になりにくいと言われています。

シャツの生地が含んでいる水分の重さで、自然と生地が伸ばされます。

このタイプのシャツは洗濯機で脱水をしなくても、上手くいけばアイロンが必要ないぐらい綺麗に仕上がります。

逆に言えば通常のシャツで脱水もせずに干しても、皺をなくすことはできません、多少は少なくなりますが、それよりもリスクが発生してしまいます。

脱水をしないリスク

シャツを脱水をしないリスクというのは、皺ではなく生乾きの匂いが発生する可能性がある、ということです。

湿度の高い梅雨時や気温の低い冬場は、どうしてもシャツの乾燥に時間がかかってしまいます。

特に落とし切れなかった皮脂汚れがシャツに残っていると、悪臭の原因になってしまうわけです。

古ぼけた色のシャツ

全く脱水をしない状態のシャツには、そのようなリスクが伴います、皺を軽減させる為に臭いがついてしまっては元も子もありません。

形状記憶のシャツは乾燥しやすい素材なので大丈夫なのですが、通常の綿100%のようなシャツはリスクが高いので避けてください。

そこでおすすめなのが、洗濯機の脱水前の一手間です。

脱水時間

洗濯機の脱水によるシャツの皺の原因は、他の洋服と絡まった状態で脱水されるからです、洗濯そのものよりも脱水時に皺がつきます。

このシャツの絡まりを脱水前にほどいてあげるだけで、大幅に皺を軽減させることができます。

ドラム式洗濯機は構造上絡まりが少ないのですが、縦型の洗濯機の場合は絡まったまま脱水されてしまいます。

古い縦型洗濯機

洗濯機の脱水が始まって水が抜けたら、一度洗濯機を止めてシャツの絡まりをほどいてください、これだけで皺の数が全然違ってきます。

形態安定のシャツの場合は、そこから一分ぐらい軽く脱水をしてから取り出せば、ぽたぽた垂れない程度になります、この状態であれば形態安定の効果が期待出来ます。

通常のシャツはしっかりと脱水してください、あらかじめ絡まりをほどいておくことで大きな皺を減らすことが出来ます。

【スポンサーリンク】

まとめ

カラッと晴れた日であれば、形状記憶のシャツを全く脱水しないで干しても問題はありません。

冬場でも暖房を使用して室内の空気が乾燥していれば大丈夫です、ぽたぽたと水が垂れても大丈夫な環境(お風呂場の物干し竿など)があるのであればおすすめです。

一方で梅雨時などの乾きにくい時期はリスクがあります、乾くのに時間がかかると臭いの玄以にになるので、脱水前に一度絡まりをほどいてから軽く水分を飛ばすことで、生乾きのリスクを減らしながらもシャツの皺を減らしてください。

また皺加工のシャツや麻の洋服も、脱水をしすぎないほうが風合いが保ちやすいと言われています、脱水による大きな皺が出来ないように、絡まりをほどいてあげましょう。

おまけ

最後におまけで洗濯の脱水時の皺対策ではなく、洋服の着用時に出来る皺対策も紹介します。

着用時の皺を減らすのに重要なのは洋服のサイズ合わせです。

どんなに丁寧にアイロンをかけてもブカブカの洋服では直ぐに皺になってしまいます。

きちんとサイズが合っているシャツというのは、それだけで皺が目立たないものです、オーダーメードのシャツはビックリするぐらい皺が少ないものです。

無駄な生地が少なくなれば皺が少なくなり、まとわりつく生地が減って動きやすくなり、さらに軽くなるので疲れも軽減してくれます。

アイロンがけや洗濯方法などのメンテナンスも大切ですが、きちんと購入時のサイズ合わせをすることも意識してください、多くの方が大きすぎる洋服を選んでいます。

SMLしか設定がない洋服ではサイズを合わせるのは難しいですが、ワイシャツは様々なメーカーが細かいサイズ設定をしてくれています。

ワイシャツを販売しているメーカーの多くは、白以外にも様々なカラーや柄を用意しているものです。

様々な柄のワイシャツ

自分の身体のサイズに合うワイシャツのメーカーがあれば、そのメーカーの同じサイズのカジュアルなシャツを選ぶことで、普段着の質を一つも二つも上げることができます。

シャツのサイズが合っていれば、日ごろのメンテナンスも簡単にすることができます。

有名ブランドの洋服もいいのですが、あなたの身体のサイズに合うブランドを探してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
シャツのオーダーメードが手頃だった

科学的に洗濯物が早く乾く配置

洋服の匂いが気になる時にすること


down

コメントする