男の着こなし.com

白いワイシャツはサイズが豊富だが、一般の既製シャツは難しい

シャツの購入時の注意点

ここからはシャツの中級編ということで、購入時のポイントについて説明させていただきます。

シャツのお手入れ方法や基礎知識については初級編で説明しているので、まだの方は先にそちらからどうぞ。

参考基礎講座、シャツ初級編

紳士服店のワイシャツのサイズが豊富なのはご存知だと思います、多くの男性がスーツやジャケットと同様にワイシャツも紳士服店で購入されているのではないでしょうか。

シャツ売り場 引用元:http://news.mynavi.jp/news/2010/12/07/068/

紳士服店であれば一般的なカジュアルなお店のシャツのSMLのようなサイズ展開ではなく、首周り、裄丈など豊富なサイズのワイシャツが用意されていますので、より自分の身体にあったサイズのシャツを選ぶことができます。

【スポンサーリンク】

サイズ合わせの重要性

最近ではワイシャツの胴回りもレギュラー、スリムと分かれていることがあり、ジャケットのように細かく自分の身体のサイズに合わせることが出来るようになりました。

スーツやジャケットを購入したお店で身体のサイズを計ってもらっていれば、そのデータを参考にワイシャツを選んでください、データがない方は店員さんにお願いしてサイズを測ってもらってください。

ただしスーツに合わせる白無地のワイシャツであれば紳士服店で購入してもいいのですが、ジャケパンスタイルに白シャツだけでは少し味気ないと思います。

白いワイシャツ

紳士服店でもストライプ柄やカラーシャツもあるので、もしお気に入りのシャツが見つかればゲットしてください。

ただカジュアルなデザインのシャツは、紳士服店ではバリエーションが少ないのが現実です。

白いワイシャツといっても様々なタイプがあり、生地やボタンによってはカジュアルな印象にもなるのですが、どうしてもビジネスよりな印象になってしまいます。

【スポンサーリンク】

カジュアルシャツのサイズ

こちらはあるお店の既製シャツのサイズ表です。

WS000000

このサイズにピッタリの体型の持ち主であれば、大抵の洋服を上手に着こなすことが出来ます、洋服に無頓着でも何となく似合ってしまうという人は、既成サイズに運よく合う人です。

ですが、そんな人は稀です。

誰しもが体型に特徴があります、首が太かったり細かったり、腕が長かったり短かったり、お腹が出ていたり肩幅があったりします。

だからこそ、既成サイズのSMLしかサイズ展開のない洋服を着こなすのが難しいわけです、全てが平均的な体型の方などそうはいません。

ちなみに私の首周りのサイズは37センチ、裄丈は87センチです(無駄にリーチが長い)。

上の既成シャツのサイズ表ですと、首周りはSサイズ(38センチ)が近く、裄丈はXL(88センチ)が近いです、さらに言うと胴回りはMサイズ、肩幅はLサイズが近いです。

なので私の場合は既成シャツの購入が難しいといいますか、サイズがピッタリと合う可能性は限りなく低いです、というかサイズがあったことがありません。

それでも紳士服店で売られているワイシャツであれば、ある程度は寄せていくことが出来ますが、一般的なカジュアルなシャツほどのバリエーションは期待出来ません。

どんなに大好きなブランドのシャツだろうと、サイズが合わなければ似合いようがありません、無難だと選んだユニクロでも同様です。

また洋服のサイズというのは各ブランドでも違いがあります、特に外国のブランドだとわざわざ日本人の平均的な体型に合わせたサイズ展開などしてくれません。

ブランドの名前だけにつられて選んでしまうと、似合う可能性は非常に低いと考えてください。

参考低価格のオーダーのシャツを試してみた

ブランド名よりも自分の身体のサイズにあったブランドを見つけることが重要です。

紳士服店でもユニクロでもどこでも構いませんが、有名ブランドのロゴでしか価値を判断出来ない人にならないように気を付けてほしいと思います。

基本的にはサイズ展開の多い紳士服店でシャツを購入することがおすすめですが、よりカジュアルなシャツが欲しい場合はお店を選ぶ必要があります。

次はおすすめのカジュアルなシャツの購入場所を紹介します。

次は:ワイシャツの購入はネット通販が万能!サイズが豊富な店多し
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示


down

コメントする