男の着こなし.com

シャツの着こなしはシルエットの違いを理解する必要があります

ワイシャツとは?

シャツ編の初級、ここではジャケットに合わせるシャツ、主にワイシャツについて解説していきます。

そもそも何故ワイシャツと呼ばれるかご存知でしょうか、由来はシンプルです。ホワイトシャツからワイシャツになったと言われています。

ワイシャツ

西日本ではカッターシャツと呼ばれることも多いですね。

ジャケパンスタイルに合わせるシャツは白でなくても構いません。とりあえず誰もが白いワイシャツを持っていると思うので、ワイシャツを中心にここでは進めていきます。

【スポンサーリンク】

ワイシャツの裾の形

私がすすめているジャケパンスタイルに限ってい言いますと、ワイシャツの裾はズボンの外に出さない方がいいです。

稀にジャケットを着用しながらもシャツの裾を出す着こなしもありますが、全体を隙なくまとめないとだらしなさだけが際立つので気をつけてください。あえてやっている感じが伝わる必要があります。

ジャケットを着用しないでカジュアルなスタイルで決めるのであれば、シャツをズボンの外に出してもいいのですが、その場合はシャツの裾の形を意識する必要があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 引用元:http://e-mascot.com/net_shop

裾の形が全然違いますよね。下の画像のように船底ような形の裾のシャツは、シャツがパンツもかねていた昔の形の名残です。

この形の裾を外にだしてしまうとだらしなさが出てしまいます。シャツを外に出してもだらしなく感じないスタイルというのは、上の画像の真っ直ぐの裾のシャツの方です。

シャツの裾をズボンに入れる着こなしであれば気にする必要はありませんが、カジュアルなシャツを購入する時は、

裾が真っ直ぐのシャツ

と覚えておいてください。たかが裾の形ですが、傍から見ると印象がまるで違うものです。このシルエットの違いを覚えておいてください。

お洒落な白シャツ

アロハシャツを想像してみるとわかりやすいのですが、多くは裾が真っ直ぐになっていると思います。多少のなだらかさは問題ありませんが、しっかりと船底のように形の裾になっているシャツはスーツ用と割り切ってください。

【スポンサーリンク】

ワイシャツの下に肌着はOK?

一般的にワイシャツの着こなし方として下に肌着は着ないほうがいいと言われています。そもそもワイシャツが肌着だから、という考え方です。

ですが、それはヨーロッパの話です。

高温多湿な日本だとあまりにも環境が違うので、私個人的には肌着を着用してもOKだと思っています。この辺はそれぞれ美意識があると思うので判断はお任せします。

ただし生地の薄いワイシャツだと地肌が透けてしまうので、やはり肌着なしはおすすめしません。女性が苦手な男性のファッションでもシャツの透けは上位にあがります。

参考女性が嫌がる男性ファッション

またワイシャツの下に肌着を着る場合も注意が必要です。ランニングだと透けてバレやすい傾向があります。肌着のシルエットや色によっても違いがあるので意識して選んでほしいと思います。

参考透けない肌着の色の考察

また肌着の首まわりはU首やVネックがおすすめです。Tシャツのような丸首だとワイシャツの第一ボタンを開いていると丸見えになってしまいます。

ワイシャツから見える肌着

なるべくなら肌着は見えない方がいいので、シャツの下に着用する肌着の色とシルエットには気をつけてください。

もちろん肌着なしでもOKです。その場合は少しシャツの素材を意識して奮発してください。

ワイシャツの素材や織り方によっても透け具合は変わります。汗で張り付くことが少ない良質なワイシャツを選んでください。

次はワイシャツのお手入れ方法について紹介します。ワイシャツは清潔感に直結する要素なので意識してほしいと思います。

次は:ワイシャツの簡単なお手入れ方法!自宅で洗濯も可!
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA