男の着こなし.com

男の着こなし.com/運営者のプロフィール

ここでは「男の着こなし.com」を運営している私のプロフィールを紹介します。

  • ハンドルネーム 並平 竹(ナミダイラ タケ)
  • 1976年5月4日生まれ
  • 身長177センチ
  • 体重63~65キロ
  • BMI20.5前後
  • 尊敬する人物、段田一郎(俺のダンディズムの主人公)

「男の着こなし.com」は、女性にモテたい男性を応援したい気持ちが強くなって立ち上げました。

 

私は身だしなみを整えるようになってから人生が好転しました。

 

学生時代に女の子からモテた経験はなく、バレンタインは母親からしか貰ったことがありませんでした。

社会人になり同僚からチョコを貰いましたが、当然義理チョコだけの冴えない男でした。

 

ある時、上司のファッションが「ちょいワルおやじ」のブームに影響されたのか、急に色気づいてきました。

正直私は「いい年してバカみたいだな・・・」と思っていたのですが、女子社員からの意見は概ね好評で驚きました、そして不倫の噂までされるようになりました、それぐらいの変化があったわけです。

それから私も身だしなみに気を使うようになりました。

ファッション雑誌を読んで勉強しました。

ある時は高額な洋服や腕時計を購入し、ダイエットの失敗を繰り返してカッコよくなろうと努力していました。

しかし雑誌を真似てコーディネートしても全く似合いませんでした、自分で見ても情けないぐらい似合っていませんでした。当然女性にモテるようなことにもなりません。

元が悪すぎるのかと悩んでいたのですが、たまたま紳士服のAOKIでスーツを新調すると周りの評価がガラリと変わりました。

「オシャレになったね」

「シュッとしたんじゃない」

などのお褒めの言葉を頂きました。そんなこと人生で初めてだったので本当に驚いたことを覚えています。

しかもそのスーツは雑誌で紹介されているようなものではなく、二着で半額のようなセール品でした。

「値段は関係ないんだ・・・」

という事実に気づかされ、本当に洋服が似合うということについて、しっかりと向き合うようになりました。

するとスーツのシルエットの変化に気づくことができました。それまではスーツの違いなど色ぐらいしか意識していなかったのですが、古臭いシルエットのダボダボのスーツを着ていたわけです。

そのことに気づいてからは、スーツだけではなく私服でもシルエットを意識するようになりました。ファッション雑誌で紹介されている有名ブランドの洋服よりも、自分の体型に合うことのほうが大切だと気づきました。

おかげさまで現在はスーツだけでなく、私服でも女性受けが良くなり、最近では後輩にファッションのアドバイスを求められるようにまでなりました(これも凄く嬉しかったです)。

昔は「人は見た目じゃない!」と心から思っていたのですが、今は「人は見た目も重要だ!」と考えています。もちろん内面も大切ですけど。

自分の身だしなみを整えるようになると、他人の装いに目がいくようになります。そして、その人の装いから内面が見えてきます。

有名ブランドのロゴにあやかっている人、あえてロゴを主張しない装いの人、ユニクロをカッコよく着こなしている人、服装で周りを圧倒している人、自分を卑下している人、など様々な個性に気づけるようになりました。

さらに表情や髪型、姿勢や話し方なども含めて、様々な要素でその人となりを表していると感じるようになりました。

私の中で見た目の重要性がどんどん上がっていきました。

そして身だしなみや装いというのは、その人がなりたいであろう人物を演出していることに気づきました。

例えば役者が配役に合わせて強面になろうと表情を引き締めたり、身体を大きく見せたり、弱々しく見せたりしますが、それを一般の方も無意識にやっています。自分なりに理想のイメージに近づけようと無意識に演じています。

ただこの加減が上手くいっていない男性が多いように感じます。自分なりの基準で行っているので、女性目線から離れてしまっている男性が珍しくありません。

まさにファッションに目覚めた頃の私もそうだったのですが、男よがりなファッションや個性的なファッションというのは、女性が求めている男性像ではないものです。

このズレを様々な角度から紹介していこうと思います。

高級ブランドの洋服やアイテムが悪いわけではありませんが、ズレたままだと活かすことが出来ません。

どんなに有名なロレックスでも、金ぴかだと似合うファッションやシーン(TPO)は限られてしまいます。

高級生地ほどメンテナンスも大変なので、扱い方がわかっていないと、むしろ残念な印象になってしまうものです。

一点豪華主義のようなファッションになってしまうと、キャバクラの女性ぐらいにしかモテません。

10万円の革靴を一足購入するより、3万円の革靴を三足購入してローテーションさせながら履いた方が、結果的に綺麗な状態を長くキープ出来るものです。

このような事を、様々な観点から伝えていければと思っています。

 

当サイトを訪れてくれた男性が、一人でも多く女性にモテるようになることを願っています。

一般的なファッション雑誌で紹介されているようなテクニックと違うかも知れませんが、良ければ参考にしてみてください。

down

コメントする