男の着こなし.com

お手軽な靴磨き!最初は100円ショップを活用しよう

お手軽な靴磨き

普段革靴を履いていない人でも、冠婚葬祭用に黒い革靴を一足は持っていると思います。いきなり新しい革靴の購入をする必要はありません。まずはその手持ちの革靴を磨いてみましょう。

靴磨きの流れを理解できるようになると、自然と革靴の特徴も頭に入ってくるようになります。革靴の購入時にも役に立つことなので、まずは手持ちの革靴から初めてください。

まずはお手軽な靴磨きの方法を紹介します。簡単なのは100円ショップのアイテムを利用することです。

100円ショップが便利

お手軽な靴磨きとして最もおすすめなのが、ウェットシートを利用することです。

靴クリーナー

靴屋さんや100円ショップにも売られています。このシートで革靴の汚れを優しく落とす事ができ、さらにツヤも出してくれます。

イメージとしては人間の肌に使う洗顔シートのようなことです。汚れ落としの洗顔と乾燥予防の化粧水が合わさった便利なシートのようなことです。

もしくは車のワックスシートのようなことです。これ一枚で汚れ落としもワックス効果もあります。

どちらも本格的な洗顔やワックスがけほどの効果があるわけではありませんが、いきなり初心者が本格的な道具を揃えるのは大変ですし、面倒に感じてしまうとやらなくなってしまうので、まずは靴磨きもお手軽なシートがおすすめです。

他にお手軽な靴磨きのアイテムとしてスポンジタイプもあります。これも簡単で良いかも知れません。

ただ、どちらも革靴に大きな砂や泥汚れなどある場合は気をつけてください。それらを引きずってしまうと大きなキズになってしまいます。

これらの使い方のポイントはケチらず使うことです。泥がついたシートはどんどん交換してください。一枚でもう片方の靴を磨くようなことはしないでください。

お手軽な靴磨きはこれだけでOKです。

こんなことを言うと靴磨き好きの人に怒られてしまうのですが、何もしないよりは全然マシです。私もよくウェットシートのお世話になっています。

私は本格的な手順の靴磨きも行いますが、流石に毎日行えるわけではありません。一方でウェットシートであれば、出かける前にサッと拭けるので便利です。鞄の中にも忍ばせています。

靴のお手入れの盲点!

そして靴磨き初心者が忘れがちなのが、靴の内側の掃除です。

湿らせた雑巾や普通のウェットシートなどで靴の内側を拭いてみてください。中敷きを外してから、つま先の奥まで手を入れて拭いてください。

特に革靴の内側のつま先付近にはホコリがたまっているものです。靴下の繊維などが少しずつ蓄積されていくので、初めて拭くと驚くかも知れません。

靴の中敷き

ちなみにこれを私のある靴の中敷きです。この撮影のために、あえて一ヶ月も手入れをしませんでした。

先端に結構なホコリが付いています。この靴の中敷きがメッシュタイプなので、ホコリが付着しやすいということもあるのですが、普通の中敷きでも少なからず同じような状態になっています。

この靴の中のホコリが汗や湿気を含むとイヤな靴の匂いやカビの原因にもなってしまうので、靴磨きの時には靴の内側も忘れずに掃除してください。

そして最後に使用済みの靴磨きシートやウェットシートで、靴底の汚れも拭き取ってしまいましょう。たまにガムのような物が付いているものです。

お手軽な靴磨きは以上です。もちろん本格的な靴磨きの手順もありますが、これだけでもそれなりに綺麗になってくれます。

まずはこの簡単な方法を習慣にしてください。革靴が綺麗になると気持ちいいものです。この気持ちよさを理解せずに、本格的な靴磨きセットを購入しても宝の持ち腐れになってしまうので、まずは今回紹介したお手軽な方法から初めてみてください。

この方法は本格的な靴磨きと併用する事もできるので、覚えて置いて損はないテクニックです。

次は革靴の保管方法について紹介します。革靴は保管時の扱いによって型崩れしてしまうので、意外と大事なポイントです。

次は:革靴の保管方法、とりあえず新聞紙シューキーパーで形をキープ
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示

down

コメントする