男の着こなし.com

無難で普通なあなたに似合う洋服選びのポイント!

無難で普通な洋服の凄さ

無難で普通な洋服」というと、あまり良い表現には聞こえないかもしれませんね。

ですが、無難で普通な洋服の着こなしマスターすることがとても大切です。

市販の洋服のサイズというのは、SMLのようにざっくりとした基準です。

目安となる身長が165~175センチと表示されているても、体型も体重も人それぞれ違うので、必ずしも似合うとは限りません。

自分の体型に合う洋服のサイズを知らずに流行を取り入れても、どことなく残念な印象に写ってしまうものです。

一方でたまたま市販の洋服のサイズと相性の良い人もいます。このような人はこれといって意識しなくても抜群に洋服が似合うことがあります。

このような人がいるのでややこしいのですが、逆に考えるとしっかりとサイズの合った洋服さえ身につけることが出来れば、多くの人がカッコ良くなる可能性があるということです。

これが無難な洋服の凄さです。

モデル体型ではない小柄な男性でも、Sサイズがピタリと合うとカッコよく洋服を着こなすことが出来てしまいます。

どこにでも売られている無難な洋服が悪いわけではないということです。これをしっかりと理解しておいてください。

ファッション雑誌で紹介されている派手な洋服や有名ブランドの洋服だから、カッコ良くなるのではなく、フィットする洋服を着ることこそが、カッコよくなるポイントです。

最高にあなたに似合う洋服とは?

まずはあなたに最高に似合う洋服の説明をします。

極論は全身の洋服をオーダーメイドで揃えることです。プロの仕立て屋さんがあなたの身体のサイズにピタリと仕上げてくれます。

採寸 引用元:http://www.aoki-style.com/info/personalorder/step2.html

シャツ、ジャケット、ズボン、靴、腕時計までオーダーメイドが可能です。

金に糸目は付けないぜ!という方はオーダーメードが一番手っ取り早く、そして間違いがありません(よほど奇抜な生地やデザインを選ばなければですが)。

そんなお金持ちな人は稀だと思いますし、当サイトをわざわざ見ていないとおもうので、市販の洋服の中から選ぶ方法を紹介します。

試着の重要性

無難で普通なあなたに似合う洋服は、全国のどこにでもあるお店で手に入れることができます。

有名な高級ブランドが悪いわけではありませんが、特定のブランドだと都心の近くにでも住んでいないと厳しいです。実際に洋服を試着をして選ぶことがポイントになるので、多くの方が足を運べる店舗で洋服を選ぶ必要があります。

ファッション初心者は通販で試着なしで洋服を買うこともオススメ出来ません。サイズを合わせる基準を持ち合わせていない人は、そもそも似合っているのか判断をすることが出来ないからです。

どうしても通販に頼る場合は着用しているモデルさんの背格好をよくチェックし、購入者のレビューもしっかりと目を通してください。また返品や交換に対応しているお店かどうかも重要です。

特に欧米のブランドの洋服だと、普段選んでいるサイズでも大きいということが珍しくありません。

大きい靴

私が長年着用しているコートのサイズはXSなのですが、私の身長は178センチあり、ユニクロなどで洋服を購入する際にはMかLが多いです。

これらのように試着をしないで選ぶと失敗する可能性があります。MサイズのTシャツといってもメーカーによって肩幅や袖や裾の長さが違うので、実際に店舗で試着して決めなければなりません。

自分なりに似合うサイズの基準を理解していれば、その数値から比較できるようになるので、通販でも大きな失敗は少なくなるのですが、それでも実際に手元に届くとイメージと違うということが珍しくないので、ファッション初心者こそ、リアル店舗で試着をする必要があります。

では、その無難で普通なあなたに似合う洋服はどこで買えばいいのでしょうか。

次は:全国どこにでもある紳士服店とユニクロのジャケットの違い
mae iro iti iro ni tugihe
2ページ中、ページ目を表示

down

コメントする