男の着こなし.com

ワイシャツの簡単なお手入れ方法!自宅で洗濯も可!

ワイシャツのお手入れ方法

ここではワイシャツの簡単なお手入れ方法について紹介していきます。

「ワイシャツは全てクリーニング」という人はそれで問題ありません。全然OKです。読み飛ばしてもらって構いません。

今回は自宅でワイシャツを洗濯する時のちょっとしたコツ、お手入れ方法のポイントを紹介します。

自宅でワイシャツを洗濯

白いワイシャツはどうしても襟に皮脂汚れが目立ちやすいので、洗濯をする前に下処理をするとことで綺麗に落とすことができます。

襟や袖の汚れをケアする専用品もあるのですが、普通の固形石けんを擦りつけてから洗濯するだけでも簡単に落ちてくれます。

固形石けん

と言いますか、私の経験では専用の商品よりも固形石けんを擦りつけのほうが皮脂汚れがよく落ちます。

専用品でもいいのですが、ワイシャツの襟の皮脂汚れが目立つ時は、黒ずみに固形石けんを擦りつけて洗濯してみてください。人の皮脂汚れを効率よく落とす石鹸は相性が抜群です。

そしてここで気づいてほしいのが、白いワイシャツ以外のカラーシャツの存在です

カラーシャツを着た男性が殴られる

カジュアルなカラーシャツやネルシャツも、白いワイシャツと同じように襟や袖に皮脂汚れは付いています。白くないから目立たないだけです

耳裏や首周りから加齢臭が出るとも言われているので、この皮脂汚れのシャツへの蓄積は避けたいところです。

なのでワイシャツ以外のシャツも時々石鹸を擦り付けてお手入れしてください。パジャマも盲点なりやすいですね。

参考パジャマを着る派の男性がモテる?

このようなちょっとした事で清潔感(汚れだけでなく匂いも)が変わってくるので、意識してほしいと思います。

またカラーシャツだと塩素系の漂白剤で色落ちの原因になることがあるのですが、これも固形石けんだとリスクを避けることが出来ます。

お風呂上がりに着替えても体臭が気になる人は、衣服の皮脂汚れが蓄積している可能性が高いので、白いワイシャツ以外のお手入れも忘れないでください。

人前で着用する衣服以外が匂いの原因になっているケースも珍しくありません。パジャマや枕カバーなども含めて清潔感を意識してほしいと思います。

胸ポケットの中のホコリ

シャツのお手入れで見逃しがちなのが、胸ポケットの中のホコリです。

ワイシャツの胸ポケット

洗濯機の中で回されることで、少しずつポケットの中にホコリ(繊維)が蓄積されていきます。ポケットが洗濯ネットのような役割を果たしてしまうからです。

これはワイシャツのポケットに限った事ではないのですが、白いワイシャツほど目立つので気をつける必要があります。

ピンとこない人は今着ている洋服のポケットをひっくり返してみてください。想像以上にホコリが溜まっているはずです。

洗濯の度に行わなくても良いので、時々はシャツのポケットの中のホコリを取り除くようにしてください。ちょっとした粘着力のあるシールやテープを張り付けると綺麗に取れます。

しばしば長年のホコリがごっそりとワイシャツのポケットに貯まっている人を見かけます。白いワイシャツが汗で湿ると透けて丸見えになってしまうので気をつけてください。

ポケットに貯まったホコリは乾燥すると目立たなくはなりますが、やはり気持ちのいいものではありません。雑菌の温床にもなるので意識してほしいと思います。

頑固な皮脂汚れ対策

頑固な皮脂汚れやイヤな臭いが付いてしまっているワイシャツは、「お湯で洗濯」をするのがおすすめです。

お風呂の残り湯洗濯でも構いません。少しつけ置き洗いをするとさらに効果的です。

これは食器の油汚れで考えると分かりやすいのですが、油分は冷たい水道水だと中々落ちてくれません。一方でお湯を使うと、あっけないくらい簡単に落ちてくれます。

シャツに染み付いた人間の皮脂汚れも同じです。水温は驚くほど洗浄力に影響するので、水温の低い冬場ほど意識してください。

ただし、熱湯だとワイシャツの生地が傷んでしまうので、タグに表示されている温度はしっかりと守ってください。

基本的にはお風呂の残り湯の温度ぐらいで十分なのですが、高級なシャツの場合は必ずチェックしてから洗濯してください。

残り湯洗濯の場合は入浴剤に気を付けてください。入浴剤の中には「残り湯洗濯OK」と表示されているものもあるのですが、実際に使ってみるとワイシャツに匂いがうつることがあります。

洗濯に使用するのであれば、その日の入浴剤は我慢したほうが良いかと思います。

また残り湯そのものの汚れ具合にも注意してください。お風呂の追い炊き機能を使って数日間使用したお湯は雑菌で一杯です。これも匂いがワイシャツにうつる可能性があるので、あまり古いお湯での洗濯はおすすめしません。

ワイシャツの脇汗対策

そしてワイシャツの脇汗の処理も大切なポイントです。特に腋臭の人は要チェックです(私もです)。

腋臭の人は汗ジミでシャツが黄色くなることがあります。これを防止するには肌着を着用するのがおすすめです。

この辺は人それぞれですが、肌着は安くて買い替えやすいというメリットもあるので、上手く取り入れてみてください。

参考透けない肌着の考察

私は肌着の洗濯の前に脇の部分に、液体漂白剤(スプレータイプが便利)で軽く下処理をします。

固形石鹸でも効果があるのですが、腋臭の悪臭の原因となる雑菌を殺菌するという意味では、このような専用品の方が優れています。

スプレーするだけでも効果があるのですが、出来ればスプレーしたあとに軽く手でもみ洗いをするとより効果的です。ただし漂白剤は手が荒れてしまうのでビニールの手袋をしてください。

このような漂白剤はシャツの生地が傷む可能性があるので、あまり頻繁には使用しない方が良いのですが、だからこそ安価で買い替えやすい肌着にガンガン使用することができます。

高価なワイシャツの寿命を延ばす事にもなるので、腋臭の方は肌着を意識してみてください。

また脇汗の予防対策として「脇汗パッド」と呼ばれる商品もあるのですが、

ワキ汗パッド

実際に試してみると効果は抜群なのですが、このパッドを固定するテープの跡がワイシャツに付着してしまったことがあります。それがまた洗濯しても落ちないという事態になったので、あまり安い脇汗パットは避けた方が良いかと思います。

理想は洗濯ネット

最後にもう一つ、シャツのお手入れのコツを紹介します。

ワイシャツに限らず洗濯機で衣類を回すと生地同士が擦れてしまうので、デリケートな生地の衣類は洗濯ネットに入れた方が良いと言われているのですが、これが結構面倒といいますか、洗濯ネットの数も揃える必要があります。

しかも洗濯ネットに入れると洗浄力が弱まってしまいます。そこで面倒くさがりな私は考えました。

ワイシャツを脱ぐ時に第二ボタンぐらいまでしか開かないで、そのままトレーナーのように手をクロスさせて脱ぎ、シャツを裏返しにしたまま洗濯機に入れています

裏返したシャツ

裏返しにしてシャツを洗濯すると、汗や皮脂汚れが付着した衣類の裏側が他の衣類の擦れあうので、襟や袖の汚れも落ちやすくなります。

さらにシャツの表面も擦れることがないので、良い風合いを保つ事につながります。

これは他の衣類にも当てはまる事ですが、皮脂汚れに関していえば裏返してから洗濯をした方が汚れが落ちやすくなり、見た目の色褪せを防ぐ事が出来ます。

デリケートな生地の洋服は、しっかりと洗濯ネットに入れて保護してあげる必要がありますが、頻繁に着用するワイシャツであれば、裏返したまま洗濯をするのが簡単でおすすめです。

そして洗濯機の脱水もポイントになります。

最後の脱水の前に、ワイシャツ同士の袖の絡まりをほどいてから脱水をすると、シャツの皺が少なくなります。

そして脱水後は素早くシャツを取り出して皺を伸ばしながら(両肩を持ちバサバサ振る)、形を整えてハンガーにかけてください。

洗濯物

針金ハンガーのような薄いものではなく、少し厚みのあるハンガーだと乾燥する時間も早くなります。梅雨時に乾燥が遅くなると雑菌が繁殖するので気をつけてください。

参考洗濯物を積極的に乾かす方法

また裏返しにして洗濯をすると、洗濯後に干すときにも裏返してになっています。生地が重なって乾燥しにくい縫い目が表にくることで、乾燥のスピードも早くなります

ワイシャツの簡単なお手入れ方法をまとめると、皮脂汚れが目立つ箇所に固形石鹸を擦りつけ、裏返したまま洗濯をすることです。

腋臭の人は肌着も含めて対策してください。大切なシャツを守る為にも安価な肌着を上手く活用しましょう。

そして脱水後は速やかに干してください。時間を空けてしまうと皺が増えてしまうだけでなく、雑菌も増えてしまいます。

これらを意識してワイシャツの清潔感をキープしてください。シャツの寿命はお手入れ次第で随分と変わるものなので、意識してほしいと思います

次はワイシャツに愛着がもてるひと手間を紹介します。丁寧に洗濯をすることもそうなのですが、洋服に愛着がもてるようになると自然と扱いも丁寧になり、よりあなたの魅力を引き出してくれるようになってくれますよ。

次は:自分だけのワイシャツへ、オーダーメイドではなくオリジナル!
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示

down

コメントする