男の着こなし.com

ジャケットのフィット感を見極める方法!動いた後が大切

ジャケットの試着のポイント

ここではジャケットのフィット感を見極める方法を紹介します。

まずジャケットを試着する時は必ずボタンを留めてください。二つボタンジャケットの場合は上のボタンだけを留めます。

まずは姿勢を正した状態でジャケットの着心地に違和感がないか確かめてください。特に問題がなければ肩周りの収まりをチェックします。上着のフィット感は肩で決まるといっても過言ではないので、肩幅が合っていないジャケットはNGです。

他にも重たく感じたり、引きつりを感じる場合はフィットしていません。

次は見た目のチェックに入ります。ジャケットの丈が長すぎたり短すぎる場合はハズレです。他のシリーズのジャケットやサイズをずらして試してみてください。

ジャケットの丈に問題がなければ、ワイシャツの首周りのフィット感を見極めます。

ワイシャツの襟にジャケットの襟が隙間なくピッタリと触れていれば、まずは合格です。

立ち姿で襟に隙間がある場合はジャケットのサイズが合っていません。前後のサイズや別のシリーズのジャケットを試してください。

スーツ姿の男性

ジャケットの袖丈

首周りがフィットの確認の次は、ジャケットの袖丈の長さをチェックします。

ろくに試着もせずに洋服を選ぶ方は、ゆったりとしたサイズを選んでしまうので袖が長すぎるケースが非常に多いです。

立ち姿でジャケットの袖が手の甲にかかってしまってはいけません、ここを注意するだけでグッと着こなしのレベルが上がります。

袖の長いジャケット

この時もジャケットのボタンを留めていないと、その分少しだけ袖が長く(1センチぐらい)なるので、必ずボタンを留めている状態でチェックしてください。

身長が高くて細い人がスマートなシルエットのスーツを選ばずに、普通のシルエットのスーツを選ぶとブカブカになってしまいます。だからといって小さいサイズを選ぶと袖や丈が短くなります。

逆にお腹の出た方が太った体型向けのジャケットではなく、普通のシルエットのジャケットを選ぶとお腹以外が大き過ぎるサイズになってしまいます。お腹だけで合わせると肩幅や袖丈が大きすぎてブカブカになってしまうので気をつけてください。

デブのスーツ

このような体型の方は、お腹まわりだけを大きめにつくってあるAB体などのサイズのジャケットを選ぶことで、肩幅や袖丈がピッタリでお腹も綺麗に収まるジャケットを手に入れることが出来ます。

サイズ表

これが紳士服店でジャケットを選ぶ理由です。

サイズがSMLしかないカジュアル店の洋服ではこうはいきません。体型別にサイズを細かく用意しているのが紳士服店の強みです。

SMLのハンガー

ユニクロなどでもスマートなシルエットを用意していることがありますが、紳士服店はさらに細かく分けているので、より体型に合わせることが可能です。

さらに紳士服店ではジャケットの袖丈を1センチぐらいであれば、調整してもらうことが出来ます(別料金)。この数センチの違いがとても大切なので、しっかりと合わせてください。

またジャケットのウエストも数センチであれば、お店によっては搾ることが出来ます。

ジャケットは適切な手入れをすると何シーズンも着用することができるので、僅かな価格の差で妥協して選ぶようなことはしないでください。

ジャケットの皺

基本的にオーバーサイズのジャケットを選んでしまうと、全体的に縦の皺が目立つようになります。余分な生地が多いので全体的にヨレた印象になってしまいます。

皺だらけのスーツの背中

逆に小さいサイズのジャケットを選んでしまうとピチピチになります。ピチピチは生地が引っ張られて横の皺が目立ちます。こちらも自分では見えない背中側が目立ちます。

ピチピチのスーツ

ジャケットのサイズ選びが適当だと、文字通りの「しわ寄せ」が出てしまうので気をつけてください。頼りない男性の背中に憧れる女性はいません。男は背中で語るものです。

男らしい背中

サイズの合っていないジャケットやスーツというのは、背中から負のオーラを発してしまいます。

ただし背中の皺は自分では確認が難しいです。試着室の鏡越しにチェックするにしても、振り返りながらではジャケットがねじれて別の皺が出てしまいます。

だからこそ店員さんにチェックしてもらう必要があります。これも紳士服店でなければ難しい要素です。

サイズの確認をする店員 引用元:http://store.y-aoyama.jp/

男を魅力的にするスーツを販売している店員さんの目は確かです。ファッション初心者さんほど店員さんに協力してもらいながら、ジャケットのフィット感を確かめてください。

ちなみに自分で確認する場合は、軽く身体を動かした後の状態でチェックすることが出来ます。前屈みになったり身体をひねってたりして、その時にジャケットとシャツの襟に隙間が出来るのはいいのですが、姿勢を正した時に隙間も戻っていれば、そのジャケットはフィットしているということになります。

あまり激しく動く必要はありませんが、あえて襟に隙間ができるような動作をした後に、戻り具合をチェックしてください。

試着の裏ワザ

最後にちょっとした試着のポイントを紹介します。それはお客さんが少ない時間や曜日を選ぶことです。

お客さんが多いと店員さんを独占することは出来ません。ゆっくりとサイズを計ってもらいながら、様々なジャケットを試着することが出来ます(ただし断りにくくなりますが・・・)。

逆に購入予定のないウィンドウショッピングであれば、混んでいる休日のほうがおすすめです。

参考男性こそウインドウショッピングをしよう

まとめ 試着の数が勝負のきめて!

ジャケットの中級編、購入時のチェックポイント、フィット感を見極める方法を理解して頂けたでしょうか。

基本的には紺色のジャケットをしっかりと試着をして選ぶことです。細かいサイズを妥協せずに選んでください。

試着は慣れるまでは大変かも知れませんが、何度か繰り返していくと自分なりにフィットしている状態の基準が出来上がっていきます。パッと見は同じようなジャケットでも、実際に袖を通してみると全然着心地が違うということは珍しくないので、似たようなジャケットでも片っ端から試着して経験を積み重ねてください。

他にも上手く店員さんに頼って見極めることも有効です。一度自分なりの基準が出来ると次からは簡単になるので頑張ってほしいと思います。

またジャケットは扱い方次第で何年も着用することが出来ます。上手く割引を利用するのはいいのですが、あくまでもフィット感を一番に考えてください。長い目で考えると数千円の節約など意味がありません。

ただ価格が安いジャケットの方がフィットすることも珍しくありません。サイズの合わない高級ジャケットよりもサイズが合っているジャケットの方が、あなたの魅力を確実に引き出してくれます。

価格だけで判断するのではなく、自分の体型にフィットしているジャケットを手にいれましょう。

次はズボンの購入時のチェックポイントを紹介します。今回紹介した方法で手に入れたジャケットが、ズボン選びにとって重要なポイントになります。

次へ:Ⅲ-2 ズボン購入時のチェックポイント!必ずジャケットを着て試着!
mae iti ni san iro tugi iro
3ページ中、3ページ目を表示

down

コメントする