男の着こなし.com

簡単なズボンのお手入れ方法、専用ハンガーが理想!

ズボンのお手入れ方法

ここではズボンのお手入れ方法について紹介します。

一般的なズボンのお手入れというと、洗濯をすることですね。

ジーパンだと色落ちを気にして洗濯を控える人もいると思います。逆にあえて色落ちをさせるために新品を洗いまくるという人もいます。

参考デニムの色落ちを抑える洗濯方法

ジーパンやチノパンだと多少の皺や擦れがあっても構わないと思いますが、ジャケパンスタイルと相性の良い折り目のついたウールや綿のズボンだと、日々のお手入れ次第で差が大きく出てしまいます。

日々のズボンのお手入れで重要なことは、ジャケットと同様に着用後にブラシをかけてあげることです。

洋服ブラシ

ズボンについたホコリをさっと落として(たまにはポケットの中も)、お尻でつぶされた生地の繊維を整えてください。それからきちんとしたハンガーに吊るします。

生地の繊維に沿ってブラシをかけることで、ホコリを掻き出しながら生地を整えることが出来ます。

たくさん汗をかいたり、汚れが目立つ場合は洗濯をしてください。ズボンの素材によっても違うので必ずタグを確認して洗濯してください。基本的には洗濯ネットに入れて他の衣類と擦れないようにすると寿命を延ばすことにつながります。

もちろん洗濯後はアイロンをかけてください。折り目のあるズボンはしっかりと押さえて仕上げましょう。

もちろんスーツのようにクリーニングに出してもOKです。

またズボンの素材にもよるのですが、ウールだとハンガーにかける(吊るす)だけで、ある程度の皺を戻すことが出来ます。メンテナンスしやすい生地があることも覚えておいてください。

ズボン専用のハンガー

スーツのハンガーのようにジャケットとズボンを一緒に吊るす事が出来るハンガーではなく、ズボン専用のハンガーを利用すると皺の復元力が高まります。

このようなズボン専用のハンガーだと、ズボンを折り曲げることなく裾から吊るすことが出来るので、ズボン自らの重みで皺が伸びてくれます

スーツに付属されているハンガーだと、ズボンを折り曲げてしまうので重さが半減してしまいます。

ハンガーにかけたズボン

上着と兼用のハンガーでも、このようなタイプだとジャケットとセットでも折り曲げずに吊るすことが出来ます。

ズボンをクリップで留めるハンガー

ただしクローゼットの下のスペースを侵食するので、確認してから購入するようにしてください。

ズボン専用のハンガーは便利なのですが、ジャケットとは別にクローゼットの幅を取ることになります。どのハンガーがベストなのかは環境によって違うので、しっかりと見極めて選んでみてください。

ズボンは上着よりも皺が残りやすいので、このようなメンテナンスを怠るとすぐに傷んでしまいます。

かといって毎日アイロンをかけるのも大変です。だからこそハンガーだけで皺を軽減させることが出来るズボン専用ハンガーは重宝します。スペースに余裕があれば検討してみてください。

ジーパンやチノパンのようなカジュアルなズボンでも、長期間同じ形で畳んでいるとクセや色落ちにムラが出来てしまうので、気をつけてほしいと思います。

アイロンの蒸気

別のところでも詳しく紹介しているのですが、ズボンをハンガーに吊るした状態でアイロンの蒸気を当てるとより皺が伸びてくれます。

そして軽い匂い(焼肉やタバコなど)であればアイロンの蒸気だけでも落ちてくれます。もちろんジャケットにも通用するテクニックです。お手軽なお手入れ方法なのでこれも覚えておいてください。

アイロンの中には蒸気を出すことに特化しているアイロンもあります。しかも普通のアイロンとしても使えるタイプもあるので、検討する価値はあると思います。

古いアイロンを使用している人やアイロンを所有していない人は、蒸気がたくさん出るアイロンを手に入れてください。

ちなみに蒸気に当てた洋服は、すぐにクローゼットに入れずにしばらく乾燥させる必要があります。

クローゼットの中に湿気がこもるとカビの原因にもなります。着用後の洋服は人間の汗を吸って湿気を含んでいるので、しばらく乾燥させてからクローゼットにしまう習慣をつけてください。これも意外と大事なポイントです。

ズボンのお手入れというと洗濯ぐらいしか意識した事がない人も多いと思いますが、ハンガーのタイプによって随分と楽になるので、意識してみてください。

ちなまにホテルなどに宿泊してズボンの皺が気になった時は、お風呂のお湯を張った上にズボン吊るすと、ほどよく蒸気を吸って皺や匂いを抑える事ができますよ。

さらにベッドの布団とマットに隙間があれば、間にはさんでおく事でプレスする事が出来ます(ズレたら悲惨ですが)。

昔の人はこのような事を当たり前のように取り入れていました。ちょっとした工夫でズボンの状態は大きく変わるので、自宅に帰ってきたら速やかに着替えてお手入れしてあげてください。

自宅の中のように座る事が多い箇所ほど、ズボンにとっては厳しい環境なので、さっさと傷んでも構わない二軍の洋服(ルームウェアなど)に着替えましょう。これもズボンを良い状態に保つ上で大事な事です。

まとめ

ズボンの初級編は以上になります。ズボンの形の違い、簡単なお手入れ方法について理解して頂けたでしょうか。

ズボンは皺がつきやすいだけに、お手入れの差がはっきりと出るので意識してほしいと思います。まずは所有しているズボンと向き合い、自分の体型と相性の良いシルエットや裾の長さやメンテナンスのしやすさなどを学んでみてください。

ズボンの生地によっても随分と皺の出やすさが違うものなので、新しいズボンを購入する前に覚えておく必要があります。

ズボンの購入方法のポイントについては、ファッション基礎講座の中級編で解説していくので参考にしてみてください。

参考ズボン購入時のチェックポイント

ただ全身バランスよく洋服を着こなす為には、ズボンの購入前にジャケットを手に入れる必要があるので、このファッション基礎講座の順番通りに学んでいただくことをおすすめします。

次はジャケパンスタイルに合わせやすい「シャツ」の簡単なお手入れ方法について紹介します。新しいシャツを着ていればいいんだろといった認識のままだと、知らないうちに様々な粗をさらけ出してしまう事になるので、こちらも手持ちのシャツと向き合いながらしっかりと学んでいってほしいと思います。

次は:Ⅱ-3 シャツの着こなしはシルエットの違いを理解する必要があります
mae iti ni san iro tugi iro
3ページ中、3ページ目を表示

【関連記事】
クローゼットの掃除を見落とすな!

スーツが似合わない男性の特徴

クローゼットの収納は八割キープが鉄則

down

コメントする