男の着こなし.com

ブランド物のメンズのベルトは上品なデザインを選ぼう!

上級者はベルトで遊ぶ?

ここまではファッション初心者向けに、男性向けのベルトは「シンプル」「無難」「バランス」を強調してきたのですが、ここでは上級者向けの情報も紹介しておきます。

あえてベルトで個性を出すのであれば、上品なデザインの高級ブランドのベルトを身につけるのがおすすめです。

あくまで他のアイテムをバランスよく着こなしいることが条件です。

ベルトだけが高級でも全く意味がないので、高級ブランドのベルトに挑戦するのは最後の最後と考えてください。

お金に余裕のある方がする遊びのようなことです。

おじさんにNGな高級ベルト

今まで何度も「避けてください」と言っていた高級ブランドのベルトというのは、このような感じのデザインのベルトです。このようなベルトがダメというわけではなく、バランスよく着こなすのが非常に難しいので避けたほうが無難ということです。

ホストのような方のファッションには似合うと思いますが、清潔感のあるジャケパンスタイルには主張が強すぎて不向きなデザインです。

カジュアルなファッションに合うわけでもないので、下品にならずに上手く纏めるのは相当難しいと思います。安物のファッションに合わせてしまうと、偽物にすら見えてしまうかも知れません。

また主張の強いファッションアイテムというのは、ある程度のルックスやスタイルも求められるので、あまりおすすめはできません。

ベルトに限らず、このような目立つデザインのファッションやアイテムは、ちょっと変わった人(○加瀬○郎)や個性的な人が好む傾向があります。

そのようなイメージをブランディングとして利用したいのであれば、あえて選ぶという選択肢もあると思いますが、一般の方がプラスになることは稀だと思います。

あくまでもオシャレの為ではなく、個性の為のモノだと理解しておいてください。

ちなみに少し前の中国でレイバンのサングラスが流行っていたそうです。

中国は偽物天国なので正規のレイバンのサングラスをかけている方が、あえてシールをはがさないで使用している方がいたそうです。

単純にレイバンのサングラスが似合う人であれば、偽物でもカッコよく着こなせるものですが、ブランドロゴでしか価値を判断できない人というのは、このような本末転倒な着こなしをしてしまうものです。

これは新車をアピールする為に、あえてシートのビニールを外さないようなことです。

残念な印象にしかならないので、ブランドロゴに頼るような着こなしは避けてほしいと思います。

シンプルな高級ブランド

それでもあえて高級ブランドのベルトで遊ぶとするのであれば、シンプルで控え目なデザインの高級ブランドのベルトを選ぶことです。

大抵のブランドでは目立つデザインのベルトだけではなく、シンプルなデザインの高級ベルトも用意してくれています。
パッと見は至って普通のシンプルなベルトですが、やはり高級ブランドのお仕事なのでバックルに独特の光沢があります。金属加工の処理が丁寧で素人目にも高級感が伝わってきます。

ただベルトというのは基本的に目につきにくいものです。ジャケットを着ていれば、ほとんど見えません。正直、活躍する場は限られてしまいます。

バランスよくスーツやジャケパンスタイルを着こなしている男性が、飲み屋さんでソファに座ったときに、さり気なくジャケットのボタンを外していると、もしかしたら活躍するかも知れません。

光沢のある高級ブランドのベルトのバックルが、夜の妖しい照明の下で光り輝くわけです。

飲み屋での乾杯

昼間はジャケットに隠れて見えませんが、夜の照明だからこそキラリとさりげなく主張することができます。

しかもこのベルトだと革にも控えめにヴィトンならではの「ダミエ」と呼ばれる柄が刻印されています。

これも近くで見なければ気がつきませんが、目の肥えたホステスさんであれば気がつくかも知れません。

先に紹介した目立つベルトだと真っ先にブランド物だと気がつかれますが、これ見よがしだと下品な印象になってしまいます。

ベルトはあくまで主張しないでください!

こちらからも自慢してはいけません。

さりげなくジャケットを脱いだ時に、ホステスさんが

 

「あれ?もしかしてこのベルト、ヴィトンですか?」

 

と、気づいてくれたら、

 

「よくわかったね、これに気がつく人あまりいないんだよ」

 

なんて言ってあげると、ホステスさんにかなりの好印象を与えられます

喜ぶホステス

気かついたホステスさんも得意な気分になれますし、さり気なく上品にオシャレ度もリッチ度もアピールしたことになります。

ただし、洋服の着こなしが残念だと意味がないので、ベルトだけを高級にしても活躍するとは思わないでください。

シンプルで控えめなデザインの高級ブランドのベルトというのは、お洒落の仕上げのスパイスのようなことです。お金に余裕のある方は試してみるのも良いかと思います。

ベルト編まとめ

ベルトの着こなしテクニックをまとめると、

  • ループの通し忘れ
  • 穴の位置
  • メンテナンス

を気をつけてもらえばOKです。メンテナンスといっても、たまに拭きあげるだけでOKです。

革靴の色とベルトの色を合わせるのは王道のテクニックですが、さらにこだわりたい方は革の種類を合わせることも意識してみてください。同じような黒い革でも素材によってツヤや質感が違うものです。

さらに腕時計の革ベルトの色や種類まで合わせられると完璧です。

ここまでするのは大変だとは思いますが、あなが好きな革の種類や色を日頃から統一しておけば、自然と全体のバランスが良くなるものです。

あるファッション雑誌では腕時計のフレームの金属と、ベルトのバックルの金属まで合わせるテクニックが紹介されていました。ここまで意識出来たら凄いですね。

ここまで様々なベルトに関するテクニックを紹介しましたが、基本的にはほどほどの質のベルトを数本所有していれば問題にはなりません。

高級ブランドのベルトを粋に着こなすのは難易度が高く、しかも活躍する場面が少ないので、無理にお金をかけてまで取り入れる必要はありません。

あくまでもベルトで減点しない(バランスを崩さない)ことを意識してください。中途半端にならないことがポイントです。

次は靴下についての情報を紹介します。こちらもベルトと同様で余計なことをしないことが、バランスよく着こなすポイントになります。

次は:Ⅴ-2  メンズの靴下のコーディネートはシンプルなデザインが無難!
mae iti ni san iro tugi iro
3ページ中、3ページ目を表示

【関連記事】
ベルトが曲がってしまう理由は!?

マッチョはホステスにモテまくる!?

モテる筋肉とモテない筋肉の違い!

コメント

  • 女性から言わせてもらうと、男性のベルトは結構見てますよ。背中まで伸びている長過ぎるベルトは論外ですが、さりげなく高級ブランドだと素敵だなと思います。

    by 匿名 €2018年7月7日 12:20

down

コメントする