男の着こなし.com

ジャケット購入時のチェックポイント、普通なあなたに似合う選び方

ジャケットの重要性

ここからはファッション基礎講座ジャケットの中級編です。まずは着こなしの中心になるジャケットの購入時のポイントを紹介します。

初級編でジャケットの手入れ方法や着こなし方を紹介しているので、まだの方は先に初級編に目を通しておいてください。

参考ジャケットのお手入れ方法

洋服ブラシ

まずは手持ちのジャケットやスーツのフィット感を改めて確認してください。比べる対象がないとそもそもフィットしているのが判断出来なくなるので、普段あまりスーツを着ないという方は、一度自宅で袖を通して確認してください。

ちなみジャケット購入時のサイズ合わせが、洋服選びの中で最重要ポイントになります!

他のアイテムはジャケットのシルエットを中心に組み立てることになるので、購入時にはしっかりと妥協せずにサイズを合わせる必要があります。

ジャケットの購入場所

私がおすすめするジャケットを購入するべきお店は、全国どこにでもある街の紳士服店です。

以前にスーツを購入したことがあるお店があればそこでOKです。特にそういうお店がなければチラシをチェックして目星を付けてください。

数週間に一度は紳士服店(AOKI、青山、はるやま等)のチラシが入ると思うので、その中から好みのお店を選んでください。

お店ではジャケットを試着することになるので、必ずワイシャツを着ていきましょう。これはかなり重要なポイントです。白いワイシャツでなくても構いませんが、最低でも襟付きのシャツを着てください。

スーツの男

ジャケットのフィット感を確認するためには、シャツの襟まわり、首元、袖などのおさまり具合を確認する必要があるので、カジュアルな恰好で試着をしてしまうと確認出来ません。

ネルシャツのような生地の厚みのあるシャツでも、微妙にフィット感がズレてしまうので、ワイシャツを着てからお店に行きましょう。

ジャストサイズ=ピチピチ?

ジャケットは身体にピッタリのサイズに合わせていきます。

このピッタリを誤解してほしくないのですが、決してピチピチという意味ではありません。

ここ数年スーツのシルエットはスリム化してきました、若者であればスリムなスーツも似合うのですが、中年男性の場合は似合いません。ジャケットの生地が引きつるようなピチピチを選ばないように気をつけてください。

また少し前までは裾が短めのジャケットが人気で、若者らしい軽快感が上手く表現できたのですが、

短いジャケット 引用元:http://fuzzonline.blog80.fc2.com/blog-entry-1415.html

これも中年男性だと軽薄な印象になってしまいます。年齢にもよりますが、ジャケットにピチピチや若々しさを求める必要はありません。

あくまでも自分の体型にフィットするジャケットを選ぶ必要があります。

もちろん体型は人それぞれなので、若者向けのジャケットが中年男性に合うことも十分に考えられます。特定のタイプのジャケットが良い、悪いではなく、あなたの体型に合わせることが大切です。

体型、胴の長さも人それぞれなので、短めのジャケットでも人よってはピッタリの丈ということもあります。

ジャケットの購入時のポイントというのは、チラシやファッション雑誌のモデルが来ているものと同じジャケットということではなく、あくまでも自分の体型に合わせることにフォーカスすることです。

同じ店舗の同じサイズのジャケットだとしても、シリーズによってデザインやサイズが微妙に違うことも珍しくないので、似たようなジャケットを片っ端から試着して選ぶぐらいの覚悟が必要です。

次は具体的なジャケットの選び方について紹介します。

次は:紺色(ネイビー)のジャケットがおすすめ!無難だが万能
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示

down

コメントする